同棲の
30の名言

29
1

依存をしても、
しすぎるな。
同棲は、
2人で暮らしても、
基本は1人。

依存をしても、しすぎるな。同棲は、2人で暮らしても、基本は1人。 | 同棲の30の名言

同棲は、2人で協力しながら歩んでいく生活です。

困ったとき、パートナーの能力に助けられることもあるでしょう。

悩んだとき、パートナーが相談に乗ってくれることもあるでしょう。

落ち込んだとき、パートナーの励ましや優しさに助けられることもあるでしょう。

たしかに同棲は、二人三脚。

2人で協力しながら歩んでいく生活です。

助けたり助けられたり、頼ったり頼られたりするからこそ、2人の絆も愛情も深めていけます。

「パートナーのおかげで生活できている」

頼りになる人なら、いつの間にかパートナーに依存することもあるのではないでしょうか。

しかし、パートナーに依存をしても、しすぎないように注意してください。

パートナーがいないと、朝起きることができない。

1人では、何も問題を解決できない。

家事に関しては、パートナーに頼ってばかり。

これでは、完全にパートナーに依存しきっている状態です。

もしパートナーがいなくなれば、何もできなくなります。

それどころか、生きる力と希望を失ってしまうでしょう。

人生の絶望に陥り、人生がめちゃくちゃになってしまうかもしれません。

依存をしても、しすぎないこと。

同棲は、2人で暮らしても、基本は1人です。

大切なのは「自立した人間力」です。

2人で協力をしつつも、基本は1人であることを意識することが大切です。

万一、破局することになったとしても、自分の力で生きていける力は必要です。

自分に問いかけ、イメージをしてみてください。

「もしパートナーがいなくなれば、自分は生きていけるだろうか」と。

もし「生きていけない」と思うなら、健康上の理由がある場合を除いて、すでに依存が過度になっているのかもしれません。

事情がある場合は仕方ありませんが、少なくとも精神面だけは自立しておくことが大切です。

2人で協力ができるのは、あくまで自立した人間力があるからです。

自立した人間力があるからこそ、しっかりした支えとして存在できます。

自立した人間力は、なくて困ることはあっても、あって困ることはありません。

心のどこかで「自立した自分」を保ち、成長させていく意思と努力が大切です。

同棲の名言(29)
  • パートナーに依存することはあっても、しすぎないように注意する。
同棲は、煮物を煮るのと同じ。
短すぎても、長すぎてもいけない。

同棲の30の名言
同棲の30の名言

  1. 同棲は、贅沢な経験。
    同棲は、贅沢な経験。
  2. 同棲の醍醐味は、理想と現実のギャップを埋めること。
    同棲の醍醐味は、理想と現実のギャップを埋めること。
  3. 同棲では、悩むこともあって当然。<br>大切なのは、その後。
    同棲では、悩むこともあって当然。
    大切なのは、その後。
  4. パートナーとの違いは、否定するより受け入れる。
    パートナーとの違いは、否定するより受け入れる。
  5. 価値観や生活習慣の違う同棲だからこそ、楽しみが増える。
    価値観や生活習慣の違う同棲だからこそ、楽しみが増える。
  6. 違いは、いらいらするものではなく、楽しむもの。
    違いは、いらいらするものではなく、楽しむもの。
  7. 自分のために買ってきたものを、2人で分ける。<br>これだけで、幸せになれる。
    自分のために買ってきたものを、2人で分ける。
    これだけで、幸せになれる。
  8. 「ルールだから」と思って家事をすると、苦痛になる。<br>「自分のため」と思って家事をすると、楽しくなる。
    「ルールだから」と思って家事をすると、苦痛になる。
    「自分のため」と思って家事をすると、楽しくなる。
  9. 夫婦生活50年と比べよう。<br>同棲生活1年なんて短いもの。
    夫婦生活50年と比べよう。
    同棲生活1年なんて短いもの。
  10. 同じベッドで一緒に寝ることが、愛の証しとは限らない。
    同じベッドで一緒に寝ることが、愛の証しとは限らない。
  11. よい朝は、よい笑顔から始まる。
    よい朝は、よい笑顔から始まる。
  12. 譲ることも、愛情表現。
    譲ることも、愛情表現。
  13. お金のゆとりは、心のゆとり。
    お金のゆとりは、心のゆとり。
  14. パートナーも、結局は他人。<br>完全にわかり合うのは難しい。
    パートナーも、結局は他人。
    完全にわかり合うのは難しい。
  15. パートナーに完全を求めない。<br>パートナーの不完全を認めていくことが同棲の意義。
    パートナーに完全を求めない。
    パートナーの不完全を認めていくことが同棲の意義。
  16. 家事をしているのではない。<br>修行をしているのだ。
    家事をしているのではない。
    修行をしているのだ。
  17. 同棲を、料理の腕を磨くきっかけにしようではないか。
    同棲を、料理の腕を磨くきっかけにしようではないか。
  18. 「完璧にしよう」と思うと、いつか心が折れる。<br>「7割でよし」と考えれば、ずっと心を保てる。
    「完璧にしよう」と思うと、いつか心が折れる。
    「7割でよし」と考えれば、ずっと心を保てる。
  19. 精神的な距離が離れていれば、同棲中ですら、孤独や寂しさを感じる。
    精神的な距離が離れていれば、同棲中ですら、孤独や寂しさを感じる。
  20. お金を消費しているのではない。<br>2人の将来に投資をしているのだ。
    お金を消費しているのではない。
    2人の将来に投資をしているのだ。
  21. アクセルだけを踏む同棲より、ブレーキも踏む同棲のほうが、うまくいく。
    アクセルだけを踏む同棲より、ブレーキも踏む同棲のほうが、うまくいく。
  22. ベストでない同棲環境のほうが、結婚生活のよい予行演習になる。
    ベストでない同棲環境のほうが、結婚生活のよい予行演習になる。
  23. 「何をすればいい?」より「これをするね」。
    「何をすればいい?」より「これをするね」。
  24. 同棲でうまくいかないカップルは、結婚してもうまくいかない。
    同棲でうまくいかないカップルは、結婚してもうまくいかない。
  25. 相手のためにしていることは、自分のためにもなっている。
    相手のためにしていることは、自分のためにもなっている。
  26. ルールと束縛は紙一重。<br>束縛のないルールこそ理想的。
    ルールと束縛は紙一重。
    束縛のないルールこそ理想的。
  27. 喧嘩をするのも、同棲の大切な仕事。
    喧嘩をするのも、同棲の大切な仕事。
  28. 同棲に失敗はない。
    同棲に失敗はない。
  29. 依存をしても、しすぎるな。<br>同棲は、2人で暮らしても、基本は1人。
    依存をしても、しすぎるな。
    同棲は、2人で暮らしても、基本は1人。
  30. 同棲は、煮物を煮るのと同じ。<br>短すぎても、長すぎてもいけない。
    同棲は、煮物を煮るのと同じ。
    短すぎても、長すぎてもいけない。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION