人生の教科書



読み上げ動画・音声

刺激する
30

お気に入り2 読んだ
12

カメラってくと、
散歩がもっとしくなる

メラを持って歩くと、散歩がいつもより楽しくなります。

今まで何となくでしか見ていなかった散歩道の風景が、カメラを持参するだけで、状況が変わります。

何度も通い慣れた散歩道でさえ「おや。こんなところにこんなものがあったのか」という意外な発見ができるようになります。

「撮る」という前提があると「何か面白いものはないかな」と思います。

風景に対してより強く意識を向けるようになります。

 

たとえば「カメラで撮ること」を前提に、あなたの家の周りをぐるりと一周散歩してみましょう。

自宅周りは、あまりにありふれた光景で、目新しいことがないように思えますが、何か感じ方が変わるはずです。

道端に落ちている単なる石ころでさえ「おや。この石はなかなか風情があるではないか」と思えるようになるから不思議です。

新しい世界に飛び込んだかのようです。

撮影しようとすると、これまでより風景が色鮮やかに感じられます。

本格的なデジタルカメラである必要はなく、携帯電話に搭載されたカメラを使ってもいいでしょう。

携帯電話のカメラ機能とはいえ、画質がよく、フラッシュ機能やズーム機能も標準搭載です。

携帯電話なら、小さくて持ち運びにも便利です。

散歩中に見つけた景色を写真に収めて、携帯で友達にメールすれば、感動を他の人にも伝えることができることでしょう。

散歩の味わいを深める、ささいな工夫なのです。

脳を刺激する歩き方 その12

  • カメラ持参して、
    散歩かける
後ろ向き歩きで歩いて、体のバランスを整える。

もくじ
(脳を刺激する30の歩き方)

同じカテゴリーの作品