人生の教科書



就職活動
企業のことを知らずして、志望動機は語れない。
就職活動
志望する企業が決まれば、すぐ本エントリー。
就職活動
第1志望を疑われたときの答え方。
就職活動
自由記入欄には、何を記載すればいいのか。
就職活動
使い回しをした志望動機は、すぐばれる。
就職活動
「入社して何をしたいか」を意識して、志望動機を考えること。
就職活動

企業研究をする
30の方法

お気に入り1 読んだ
30

同業他社も企業研究すると、
業界内の位置関係も分かる。

同業他社も企業研究すると、業界内の位置関係も分かる。 | 企業研究をする30の方法

企業研究では、まず志望企業を徹底的に調べることです。

志望企業については、あらゆる手段を使って深く調べることが重要です。

 

しかし、志望企業だけ集中して調べるのは、効率がいいように思えますが、実はある副作用もあります。

視野が狭くなるという点です。

業界には、多種多様な企業が共存していますが、その様子に気づきにくくなります。

そこでおすすめなのが、同業他社の研究です。

企業研究では、同じ業界の仕事をしている他の企業も、ぜひ確認してみてください。

もちろん志望企業ではないため、深く調べる必要はありませんが、概要くらいは調べておくといいでしょう。

幅広く情報を入手することで視野が広がり、業界内の位置関係が分かりやすくなります。

対立している企業だけとは限りません。

親子関係の企業もあれば、取引関係の企業もあります。

業界は、弱肉強食の世界でもある一方、共存共栄の世界でもあります。

比較することで、企業ごとの特徴や違いなども、より明確に把握しやすくなるでしょう。

強みや弱みの住み分けがあることに気づくかもしれません。

同業他社の研究が、結果として、志望企業の理解を深めることにもつながるのです。

まとめ

企業研究をする方法 その30
  • 志望企業だけでなく、
    同業他社の話も聞く。
まとめ

もくじ
(企業研究をする30の方法)

同じカテゴリーの作品