人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声
就職活動
企業研究をすればするほど、選考通過の可能性が上がる。
就職活動
組織図の確認の際は、所属したい部署も決めておくといい。
就職活動
同業他社も企業研究すると、業界内の位置関係も分かる。
就職活動
他社との違いを質問されたときの答え方。

企業研究をする
30方法

お気に入り0 読んだ
21

企業研究は、
ストーカーではない

企業研究は、ストーカーではない。 | 企業研究をする30の方法

つこく企業を研究しているとき、こんなことを考える瞬間があります。

「自分がしていることは、ストーカーのようだな」と。

企業研究は、企業のプロフィールをしつこく調べることになります。

雑誌・インターネット・OB・OG訪問など、あらゆる手段を活用して、企業の情報を得ようとします。

上場企業なら、貸借対照表や損益計算書など、IR情報も確認します。

時には、企業の住所まで出向き、企業の雰囲気を確認することもあるでしょう。

企業の細かい点まで、こそこそ調べる様子は、ストーカーのような行動に思えることがあるのです。

企業に詳しすぎると「企業に詳しすぎて、面接官から気持ち悪いと思われないか」という不安が出てくるかもしれません。

 

しかし、そう思ってブレーキを踏む必要はありません。

企業研究は、ストーカーではありません。

応募者として、企業の情報を徹底して調べるのは、当然の姿勢です。

むしろ、企業研究をしていないほうが、問題です。

「御社に就職したいが、御社については詳しく知らない」という状態では、面接官も落胆するでしょう。

面接官は「本当に就職したい気持ちがあるのか」と、熱意や意欲を疑うに違いありません。

本当に就職したい企業なら、企業研究は当然です。

調べて、調べて、調べまくる。

「御社のことなら何でも知っています」というくらい詳しくなれば、面接官への印象がよくなります。

面接官さえ知らない企業の事情まで精通していれば、面接官の印象にもしっかり残るはずです。

「本当に就職したいのだな」と伝わり、評価が上がるのです。

企業研究をする方法 その21

  • ストーカーという罪悪感わされず、
    企業研究徹底する
志望企業が提供する商品やサービスがあれば、ぜひ利用したい。

もくじ
(企業研究をする30の方法)

同じカテゴリーの作品