人生の教科書



就職活動
OB・OG訪問を歓迎する企業の面接は、OB・OG訪問を重視されやすい。
就職活動
女性に対する企業の対応を知るには、やはりOB・OG訪問。
就職活動
OB・OG訪問は、特別なことではない。
就職活動
企業に特化した履歴書の確認は、OB・OGが適任。
就職活動

企業研究をする
30の方法

お気に入り0 読んだ
12

企業訪問ができなければ、
企業のそばまで訪問。

企業訪問ができなければ、企業のそばまで訪問。 | 企業研究をする30の方法

企業を知るには、企業訪問です。

実際に企業の内部を見ることで、社内の雰囲気や働いている人の様子などを、具体的に知ることができます。

 

しかし、企業訪問を実施している企業は、かなり少ないのが現状です。

大手企業の一部が実施している程度です。

企業訪問は、している企業より、していない企業のほうが多い。

「企業訪問はできない」と諦めそうになりますが、諦めるのはまだ早いです。

別の手段があります。

 

「企業訪問」ができなければ「企業のそばまで訪問」です。

 

訪問が難しければ、企業の外観を見るだけでもいいでしょう。

気になる企業があれば、実際に企業の近くまで足を運び、企業の外観を確かめます。

企業の場所や外観は、どういった雰囲気なのか。

社屋は、自社ビルなのか、賃貸事務所なのか。

企業周辺は、どのような雰囲気なのか。

これらが分かるだけでも、企業へのイメージがより具体的になるでしょう。

もし面接を受けるなら、面接会場を確かめるメリットもあります。

さらに、企業に出入りしている人の様子も要チェックです。

どういう人が出入りしているのか。

どんな服装をしているか。

疲れた顔をしていないか。

そこで働く人の様子を見ることで、間接的ではありますが、企業のイメージを膨らませる機会になるでしょう。

企業訪問ではありませんが、いつでもできる方法です。

 

ただし、くれぐれもやりすぎには注意が必要です。

怪しまれないよう、さりげなく確認するのがポイントです。

もちろん「関係者以外は立ち入り禁止」となっている場所へは進入せず、常識の範囲内で行動しましょう。

まとめ

企業研究をする方法 その12
  • 企業訪問ができなければ、
    企業のそばまで訪問する。
インターネット上の噂を、愚直に信じない。

もくじ
(企業研究をする30の方法)

同じカテゴリーの作品