人生の教科書



就職活動
店舗見学の際に、ふさわしい服装とは。
接待
騒ぎすぎたとき、店員に謝る。
迷惑をかけなくても、店の人に話しかける。
就職活動
店舗の印象について質問されたときの答え方。
独立・起業
目玉商品のない店は、経営が苦しくなる。
就職活動
インターネット上の噂を、愚直に信じない。
独立・起業
設備投資をしすぎると、事業は失敗しやすくなる。
就職活動

企業研究をする
30の方法

お気に入り0 読んだ
29

店舗見学を充実させるコツは、
予約。

店舗見学を充実させるコツは、予約。 | 企業研究をする30の方法

企業研究の一環として、店舗見学をする人も多いのではないでしょうか。

一般に開放された店舗なら、客として、いつでも自由に訪問できます。

店舗に訪れ、働く人たちの様子を直接見れば、自分が社員になったときの想像が膨らみやすくなるでしょう。

 

さて、客として店舗に向かうのもいいのですが、店舗見学をもっと充実させるコツがあります。

事前に、店舗見学を予約する連絡を入れておくことです。

  • 「御社の就職を希望しておりまして、店舗見学をさせていただきたいのですが、ご都合はいかがでしょうか」

店舗見学をしたい旨を、電話やメールなどを使って予約します。

連絡する相手は、店舗の代表者がいいでしょう。

わざわざ連絡しなくてもいいのではないかと思いますが、差がつくのはここなのです。

わざわざ予約を入れてから向かうと、店側もあらたまって対応してくれるはずです。

店舗内を丁寧に案内してくれたり、業務の概要を詳しく説明してくれたりしてくれるでしょう。

将来、自分たちの一員になるかもしれない人物ですから、やはり対応も丁寧になるのです。

場合によっては、業務を体験させてもらえることもあります。

客として来店するだけでは得られない、特別な情報が得られるのです。

恥ずかしがり屋には厳しい試みかもしれませんが、勇気を出してください。

予約を入れてから向かうと、店舗見学がもっと有意義になります。

まとめ

企業研究をする方法 その29
  • 事前に店舗見学の予約を入れてから、
    向かう。
同業他社も企業研究すると、業界内の位置関係も分かる。

もくじ
(企業研究をする30の方法)

同じカテゴリーの作品