人生の教科書



就職活動
偏見や先入観は、自由な思考を妨げる。
就職活動
非上場の企業は、不安定と考えていいのか。
就職活動
企業研究は、ストーカーではない。
就職活動
インターネット上の噂を、愚直に信じない。
就職活動
企業との適正について疑われたときの答え方。
就職活動
急成長している企業は、必ず原因を探ること。
就職活動

企業研究をする
30の方法

お気に入り0 読んだ
24

好調な企業が、
優良とは限らない。

好調な企業が、優良とは限らない。 | 企業研究をする30の方法

企業の調子は、売り上げ・経常利益・販売実績などから判断するのが一般的です。

好調な企業なら「きっとこの先も、ぐいぐい成長していくだろう」と期待するのではないでしょうか。

好調な企業に入社できれば、仕事も安定して、収入も上がるような気がします。

 

しかし、ここが危ないのです。

今は好調でも、今後は分かりません。

好調な企業も、何らかの影響を受け、不調に陥ることがあります。

自社ビルを購入したことがきっかけで、負債が増え、経営が傾くことがあります。

取引先が倒産することで、自社の経営に大きな悪影響を及ぼすことは、よくある話です。

逆に、不調だった企業が、何らかの事情で、好調に転じる可能性もあります。

同業他社が倒産したことがきっかけで、一気にシェアを伸ばすこともあります。

社長が交代したことがきっかけで経営が改善され、業績が回復に転じることもあります。

業界は、さまざまな企業の関係で成り立っているため、1社の状態だけで判断するのは、難しい。

何が起こるか分からないのが、世の中です。

大切なことは「好調な企業が、優良とは限らない」ということです。

現在の企業の状態だけを見て判断するのは、注意が必要です。

企業の経営状態は、参考にはなりますが、過信しないことです。

「好調な企業」と期待しすぎるより「今のところ好調な企業」という冷静な見方のほうが、正しく判断できるでしょう。

企業の将来性は、自己責任のもと、慎重に見極める必要があるのです。

まとめ

企業研究をする方法 その24
  • 現在の経営状態だけで、
    企業の善しあしを判断するのは注意する。
急成長している企業は、必ず原因を探ること。

もくじ
(企業研究をする30の方法)

同じカテゴリーの作品