人生の教科書



就職活動

企業研究をする
30の方法

お気に入り0 読んだ
22

志望企業が提供する商品やサービスがあれば、
ぜひ利用したい。

志望企業が提供する商品やサービスがあれば、ぜひ利用したい。 | 企業研究をする30の方法

志望企業が提供する商品やサービスがあれば、ぜひ利用してみましょう。

テレビや雑誌で間接的に見たり聞いたりするだけでは、具体的な把握は困難です。

やはり実際に利用するのが一番。

商品やサービスのよさ、雰囲気が、五感を通して理解できます。

販売している商品なら、実際に購入して使ってみます。

サービスなら、実際にそのサービスを使ってみます。

資料やウェブサイトだけで、間接的に見るより「現物に触れる」「実際に体験する」などが大切です。

商品やサービスの利用には、少しお金がかかるかもしれませんが、重要な企業研究の1つです。

「必要な出費」と考え、無理のない範囲で利用してみましょう。

消費者の視点から企業を見ることで、本だけでは知ることができない情報が得られるはずです。

実際に利用した体験談は、面接では絶好のネタになるでしょう。

体験することが重要です。

自分が感じたことや思ったことが、なにより強い説得力を生みます。

実際に利用した体験があれば、自信を持って発言できます。

面接官から問われたときも、細かい点まで具体的に答えられるでしょう。

そういう意味では、商品やサービスを利用することは、企業研究だけでなく、面接対策になっているとも言えるでしょう。

まとめ

企業研究をする方法 その22
  • 志望企業が提供する商品やサービスを、
    もっと利用する。
自分の意見だけでなく、ほかの利用者の意見も参考にしたい。

もくじ
(企業研究をする30の方法)

同じカテゴリーの作品