就職活動

企業研究をする
30の方法

2
5

企業情報の項目から読み取れること。

企業情報の項目から読み取れること。 | 企業研究をする30の方法

数字を眺めるだけでは、企業の詳細が見えてきません。

もちろん本格的に調べようとすると経済知識が必要ですが、基本なら、素人でも可能です。

各項目から、何が読み取れるか。

企業情報の項目から、読み取れることを確認しましょう。

  • 創業年月日、創立年月日

創立年月日とは、事業を開始した日のことです。

設立年月日とは、法人登記をした日のことです。

事業を始めてからの経過時間は、事業を継続できている実績です。

事業を始めてから長い年月が経過しているなら、それだけ実績・安定・歴史があると考えることができます。

  • 資本金

資本金とは、事業を運営するときの基礎となる資金です。

資本金が大きければ大きいほど、企業の規模も大きく、規模の大きな事業も行いやすくなります。

 

しかし、資本金だけで、企業の安定状態を判断するのは得策ではありません。

資本金が大きくても、赤字や負債との兼ね合いもあるため、注意が必要です。

  • 従業員数

従業員数が多ければ多いほど、生産性が高くなります。

 

ただし、従業員数に応じて、人件費や保険料もかかります。

また、従業員の種類にも注目です。

従業員とはいえ、正規雇用だけでなく、非正規雇用が含まれている場合があります。

正規雇用と非正規雇用の割合を知ることで、従業員全体の状態や特徴が見えてきます。

  • 売り上げ

売り上げが大きければ大きいほど、企業の規模や収益性が高いと考えることができます。

 

ただし、売り上げを見るときは、従業員数にも注目です。

収益が大きくても、従業員が多ければ人件費がかかるため、慎重な見方が必要です。

  • 事業内容

主力となる事業の有無は、売り上げだけでなく、安定にも影響します。

事業内容が斬新なら、新しいことに挑戦する企業であるとわかります。

今までにない事業に挑戦する姿勢があれば、今後、売り上げを飛躍的に伸ばす可能性があります。

  • 取引先

取引先とは、人間関係でいう友達に当たります。

取引先に大手企業があれば、太いパイプがあると考えていいでしょう。

大手の背景には、さらに多くの会社との関係があるため、経営の安定を表す目安の1つになります。

その一方で、大手企業との取引が終了すると、売り上げが大幅に落ちる可能性も考慮します。

大手企業との取引が複数あるかどうかも、確認します。

企業研究をする方法(5)
  • 企業情報の項目から、企業の状態や特徴を読み取る。
小さな企業だから、大きな可能性が眠っている。

もくじ
企業研究をする30の方法
企業情報の項目から読み取れること。 | 企業研究をする30の方法

  1. 希望する条件の優先順位を、はっきりさせているか。
    希望する条件の優先順位を、はっきりさせているか。
  2. 平均勤続年数についてよくある誤解。
    平均勤続年数についてよくある誤解。
  3. 企業の個性は、どこに現れるのか。
    企業の個性は、どこに現れるのか。
  4. 企業に出会わなければ、調べることもない。
    企業に出会わなければ、調べることもない。
  5. 企業情報の項目から読み取れること。
    企業情報の項目から読み取れること。
  6. 小さな企業だから、大きな可能性が眠っている。
    小さな企業だから、大きな可能性が眠っている。
  7. 情報を集めるだけでは、十分に生かせない。
    情報を集めるだけでは、十分に生かせない。
  8. 似た企業があって迷うとき、どうするか。
    似た企業があって迷うとき、どうするか。
  9. 企業研究を効率的にするコツ。
    企業研究を効率的にするコツ。
  10. 自宅から通える企業の探し方。
    自宅から通える企業の探し方。
  11. 企業の服装を確認する、3つの方法。
    企業の服装を確認する、3つの方法。
  12. 企業訪問ができなければ、企業のそばまで訪問。
    企業訪問ができなければ、企業のそばまで訪問。
  13. インターネット上の噂を、愚直に信じない。
    インターネット上の噂を、愚直に信じない。
  14. 形だけの制度に、要注意。
    形だけの制度に、要注意。
  15. 実物を写した写真なのか。<br>イメージした写真なのか。
    実物を写した写真なのか。
    イメージした写真なのか。
  16. イメージした写真かどうか、見分ける方法。
    イメージした写真かどうか、見分ける方法。
  17. 離職率にこだわると、企業研究に誤解を生みやすくなる。
    離職率にこだわると、企業研究に誤解を生みやすくなる。
  18. 企業情報は、現状の確認だけで満足しない。
    企業情報は、現状の確認だけで満足しない。
  19. 魅力がないと思うのは誤解。<br>魅力を見つける力がないだけ。
    魅力がないと思うのは誤解。
    魅力を見つける力がないだけ。
  20. 企業から発信される情報は、ポジティブな内容に偏っている。
    企業から発信される情報は、ポジティブな内容に偏っている。
  21. 企業研究は、ストーカーではない。
    企業研究は、ストーカーではない。
  22. 志望企業が提供する商品やサービスがあれば、ぜひ利用したい。
    志望企業が提供する商品やサービスがあれば、ぜひ利用したい。
  23. 自分の意見だけでなく、ほかの利用者の意見も参考にしたい。
    自分の意見だけでなく、ほかの利用者の意見も参考にしたい。
  24. 好調な企業が、優良とは限らない。
    好調な企業が、優良とは限らない。
  25. 急成長している企業は、必ず原因を探ること。
    急成長している企業は、必ず原因を探ること。
  26. 組織名から、その企業の全体像を把握してみよう。
    組織名から、その企業の全体像を把握してみよう。
  27. 組織図の確認の際は、所属したい部署も決めておくといい。
    組織図の確認の際は、所属したい部署も決めておくといい。
  28. 企業の規模が小さすぎて、企業情報が入手できない場合の対処法。
    企業の規模が小さすぎて、企業情報が入手できない場合の対処法。
  29. 店舗見学を充実させるコツは、予約。
    店舗見学を充実させるコツは、予約。
  30. 同業他社も企業研究すると、業界内の位置関係もわかる。
    同業他社も企業研究すると、業界内の位置関係もわかる。

同じカテゴリーの作品