人生の教科書



就職活動
就職ランキングの思わぬ落とし穴とは。
就職活動
集めた企業情報は、入社が決まっても、しばらく保管。
就職活動
企業に出会わなければ、調べることもない。
就職活動
トイレは、企業の状態を表す穴場。
就職活動
企業の規模が小さすぎて、企業情報が入手できない場合の対処法。
就職活動
企業訪問や工場見学で、貴重な情報を入手する。
就職活動

企業研究をする
30の方法

お気に入り0 読んだ
17

離職率にこだわると、
企業研究に誤解を生みやすくなる。

離職率にこだわると、企業研究に誤解を生みやすくなる。 | 企業研究をする30の方法

企業研究で欠かせないのが、離職率。

離職率とは、労働人口のうち、ある一定期間に離職した人の割合です。

離職率が高い企業の場合「何か問題がある」と見られる傾向があります。

社長がワンマン経営をしている企業なのかもしれません。

サービス残業や過剰なノルマを強要する企業なのかもしれません。

社員が企業に何らかの不満を抱いているため、辞める率も高くなると考えがちです。

 

たしかに企業に問題がある場合も考えられますが、すべてがその限りではありません。

 

たとえば、ある年に採用した人が1人だけで、都合のためその人が辞めれば、離職率は100パーセントになります。

独立を果たすために、離職する人もあるでしょう。

女性の場合、出産や子育ての都合で離職する人もいるはずです。

女性の多い職場なら、離職率も、必然的に高くなる傾向があるはずです。

さまざまな事情があるため、離職率が企業の善しあしに比例しているとは限らないのです。

参考にはなりますが、企業の評価を絶対的に表す指標ではありません。

離職率にこだわると、企業研究に誤解を生みやすくなります。

離職率は、絶対視するのではなく、参考程度にすることが大切です。

まとめ

企業研究をする方法 その17
  • 離職率は、
    絶対視するのではなく、
    参考程度にする。
企業情報は、現状の確認だけで満足しない。

もくじ
(企業研究をする30の方法)

同じカテゴリーの作品