人生の教科書



就職活動
OB・OG訪問は、特別なことではない。
就職活動
OB・OG訪問をしている人は少ない。
だから、狙い目。
就職活動
OB・OG訪問を歓迎する企業の面接は、OB・OG訪問を重視されやすい。
転職・退職
転職活動でも、OB・OG訪問はできるのか。
就職活動
女性に対する企業の対応を知るには、やはりOB・OG訪問。
就職活動
OB・OG訪問とは。
就職活動

OB・OG訪問の
30のマナー

お気に入り0 読んだ
14

OB・OG訪問を受け付けていない企業は、
諦めるしかないのか。

OB・OG訪問を受け付けていない企業は、諦めるしかないのか。 | OB・OG訪問の30のマナー

企業のウェブサイトを確認すると、次のような注意書きを見かけることがあります。

「当社は、OB・OG訪問を受け付けておりません」

企業によっては、最初からOB・OG訪問を断っているところがあります。

理由は、さまざまです。

人事に、OB・OG訪問の手間や人員を確保する余裕がない。

もしくは、社内の情報が外部に漏れるのを防ぐなどの理由です。

この場合、企業を通してOB・OG訪問を申し込んでも、やはり断られると考えたほうがいいでしょう。

 

では、諦めるしかないのでしょうか。

いいえ、諦めるのはまだ早いです。

企業を通すのが無理なら、別のルートを探ってみましょう。

 

たとえば、知り合いを通して紹介してもらう方法です。

つてのつてでも、かまいません。

人脈を最大限に活用して、コンタクトを取りましょう。

「OB・OG訪問」がダメなら「プライベートで会う」ということにすればいいのです。

どんな企業でも、社員がプライベートで人と会うことに関しては、原則、禁じていないはずです。

OB・OG訪問を禁止している企業は、プライベートで会うことにすれば、形式上、問題ないでしょう。

もちろん必ずしも相手が受け入れてくれるとは限りませんが、試す価値はあります。

簡単に諦めるのではありません。

別の手段がないか、考えることが大切です。

まとめ

OB・OG訪問のマナー その14
  • 企業側がOB・OG訪問を受け付けていない場合は、プライベートで会う方法を考える。
次のページ >>
余裕があれば、手土産も持参したい。

もくじ
(OB・OG訪問の30のマナー)

同じカテゴリーの作品