就職活動

OB・OG訪問の
30のマナー

お気に入り0 読んだ
14

OB・OG訪問を受け付けていない企業は、
諦めるしかないのか。

OB・OG訪問を受け付けていない企業は、諦めるしかないのか。 | OB・OG訪問の30のマナー

企業のウェブサイトを確認すると、次のような注意書きを見かけることがあります。

「当社は、OB・OG訪問を受け付けておりません」

企業によっては、最初からOB・OG訪問を断っているところがあります。

理由は、さまざまです。

人事に、OB・OG訪問の手間や人員を確保する余裕がない。

もしくは、社内の情報が外部に漏れるのを防ぐなどの理由です。

この場合、企業を通してOB・OG訪問を申し込んでも、やはり断られると考えたほうがいいでしょう。

 

では、諦めるしかないのでしょうか。

いいえ、諦めるのはまだ早いです。

企業を通すのが無理なら、別のルートを探ってみましょう。

 

たとえば、知り合いを通して紹介してもらう方法です。

つてのつてでも、かまいません。

人脈を最大限に活用して、コンタクトを取りましょう。

「OB・OG訪問」がダメなら「プライベートで会う」ということにすればいいのです。

どんな企業でも、社員がプライベートで人と会うことに関しては、原則、禁じていないはずです。

OB・OG訪問を禁止している企業は、プライベートで会うことにすれば、形式上、問題ないでしょう。

もちろん必ずしも相手が受け入れてくれるとは限りませんが、試す価値はあります。

簡単に諦めるのではありません。

別の手段がないか、考えることが大切です。

まとめ

OB・OG訪問のマナー その14
  • 企業側がOB・OG訪問を受け付けていない場合は、プライベートで会う方法を考える。
余裕があれば、手土産も持参したい。

もくじ
OB・OG訪問の30のマナー
OB・OG訪問を受け付けていない企業は、諦めるしかないのか。 | OB・OG訪問の30のマナー

  1. OB・OG訪問は、特別なことではない。
  2. OB・OG訪問が恥ずかしくて、したくない。
  3. OB・OG訪問をしている人は少ない。
    だから、狙い目。
  4. OB・OG訪問の基本的な流れ。
  5. OB・OGがいない場合、どうするか。
  6. 多くの人が見落としがちな、OB・OG訪問先とは。
  7. 女性がOB・OG訪問をする場合、1人目は女性がよい。
  8. OB・OG訪問を申し込むと、志望動機を聞かれた。
    その意味とは。
  9. 「忙しくて会うのは難しい」と言われたとき、諦めるしかないのか。
  10. 突然の訪問は、マナー違反。
  11. 訪問する日時や場所は、先輩の都合に合わせたほうが好印象。
  12. うるさすぎる場所はいけない。
    静かすぎる場所もいけない。
  13. 複数人でOB・OG訪問をするのは、失礼になるか。
  14. OB・OG訪問を受け付けていない企業は、諦めるしかないのか。
  15. 余裕があれば、手土産も持参したい。
  16. 同じ約束の時間でも、学生と社会人では、考え方が違う。
  17. OB・OG訪問では、飲食の注文にも配慮。
  18. 「いろいろ教えてください」は、失礼。
  19. よくありがちな話の脱線を防ぐ方法。
  20. OB・OGとの会話が、採用担当者に伝わることもある。
  21. 熱心な様子を見せることが大切。
  22. 調べて分かることは、わざわざ聞かない。
  23. OB・OG訪問で聞きたい質問例。
  24. 質問順にも注意が必要。
  25. OB・OG訪問で聞かないほうがいい質問例。
  26. 企業に特化した履歴書の確認は、OB・OGが適任。
  27. 確保できる時間を決め、時間内に終わる。
  28. OB・OGに、ほかの社員を紹介してもらう。
  29. OB・OG訪問の後にすべきことは、お礼。
  30. OB・OG訪問を最大限に生かすために必要なのは、近状報告。

同じカテゴリーの作品