人生の教科書



生き方

70代がしておきたい
30のこと

お気に入り4 読んだ
23

パートナーを失ったとき、
残された自分にできることは何か。

パートナーを失ったとき、残された自分にできることは何か。 | 70代がしておきたい30のこと

人生で最も強く感じるストレスのトップスリーがあります。

3位が「夫婦別居」、2位が「離婚」、1位が「配偶者の死」です。

特に配偶者の死は、人生で感じる、最も大きなストレスです。

ある日、大切なパートナーを失ってしまうことがあります。

パートナーを亡くしてから、自分まで後を追うように早死にしてしまう話をよく耳にします。

ストレス・ランキングから分かるように、パートナーを失った強いストレスで、自分まで急に衰えてしまうのでしょう。

 

たしかにパートナーを失うことは強いストレスですが、どうか生きる希望まで失わないでほしいのです。

パートナーが亡くなっても、まだ自分は生きています。

パートナーを失ったとき、残された自分にできることは何か。

パートナーが生きられなかった分の人生まで、生きることです。

少しでも長く生きて、人生を楽しんだり、人や社会に役だったりすることです。

そうすることが、亡くなったパートナーへの、一番の供養になります。

遅かれ早かれ、いずれは自分もパートナーのところに向かうことになります。

永遠の別れではありません。

「もう少しだけ待っていてください」と思い、前を向いて立ち直ることです。

希望を持って、残された人生を生きることが一番なのです。

まとめ

70代がしておきたいこと その23
  • パートナーが生きられなかった分の人生まで、生きる。
次のページ >>
故人とは、死後も会うことができる。

もくじ
(70代がしておきたい30のこと)

同じカテゴリーの作品