人生の教科書



生き方
新しい友達を作るのに、年齢は関係ない。
生き方
親しい仲の友達を作っておく。
生き方
友達は、少なくてもいい。
生き方
大学時代は、深い友達を作る、最後のチャンス。
ストレス対策
たまには友達に愚痴を聞いてもらう。
心の健康
おごりにするべきか。
割り勘にするべきか。
それが問題だ。
生き方

高校生がしておきたい
30のこと

お気に入り6 読んだ
14

友情は、
いつからできるのか。

友情は、いつからできるのか。 | 高校生がしておきたい30のこと

友情は、いつからできるのでしょうか。

友達との関係は、目に見える物ではありません。

どのくらい仲良くなれば友情と呼べるのか、はっきりしませんね。

実は、友情ができる瞬間は、単純です。

相手と仲良くなったときから、友情なのです。

相手と仲良く話をしたのですから、少なからず親しい感情が発生しています。

一緒にランチを食べに行ったり、一緒に学校から帰ったりする仲になれば、立派な友情が成立しています。

まだ小さな友情ですが、友情であることには変わりありません。

つまり、あなたと仲のいい友達との間には、すべて友情が成立しているのです。

そう考えながら、あなたの友達関係を見直してみてください。

仲の良さに違いはあれ、立派な友情です。

あなたは今、たくさんの友情に囲まれています。

友情は、一人では作れません。

友達がいるからこそ、友情が作れます。

このことを意識しながら、もっと仲良く接しましょう。

友達1人1人を大切にすれば、もっと深い友情が築けます。

学生時代の友達とは、一生涯の関係になりやすいです。

今、仲良くすればするほど、一生涯の宝も大きくなるのです。

まとめ

高校生がしておきたいこと その14
  • 仲良くなった友達とは、
    友情があることに気づく。
万能人間になれないと気づくことも、成長の1つ。

もくじ
(高校生がしておきたい30のこと)

同じカテゴリーの作品