生き方

大学生がしておきたい
30のこと

読んだ お気に入り13
27

大学時代は、
深い友達を作る、
最後のチャンス。

大学時代は、深い友達を作る、最後のチャンス。 | 大学生がしておきたい30のこと

大学時代は、深い友達を作る、最後のチャンスです。

大学時代の友達関係は、卒業してからも、続きます。

学生時代の思い出は、何年経っても印象的です。

時間が経っても、場所が離れても、心は離れないのです。

もちろん社会に出てからも、友達を作るチャンスはあります。

 

しかし、大学時代のように、思うようにいかないでしょう。

仕事の人間関係は、損得勘定が働きやすいからです。

お金や損得が絡むと、人間関係に壁ができやすくなります。

「お金が関係しているから仲良くしている」と思っているかぎり、本当に仲良くなれません。

社会人になると、学生時代のようには仲良くなりにくいです。

気遣いの問題もあります。

相手が既婚者なら、家庭に気遣い、もう一歩踏み込めません。

子供のいる人なら、なおさら気遣います。

本当の友達を作るのは、大学時代が最後です。

青春時代に築いた友達関係は、一生続きます。

社会に出てからも、お互いに仕事の近状を報告し合うことで、精神的な支えになるでしょう。

今、どのような友達と付き合っていますか。

その友達は、一生の付き合いになる可能性を秘めています。

友達こそ、人生最大の財産です。

お金で買えるものではありません。

今しか作れない、貴重な存在です。

今のうちに交流を深めて、もっともっと、仲良くなっておきましょう。

いずれ、人生を支える宝物になるのです。

まとめ

大学生がしておきたいこと その27
  • 友達関係を、もっと深める。
友達と夢を語り合うと、実現しやすくなる。

もくじ
大学生がしておきたい30のこと
大学時代は、深い友達を作る、最後のチャンス。 | 大学生がしておきたい30のこと

  1. 人生を変える出会いは、大学時代にある。
  2. ある大学教授が語った「人生の優先順位」の話。
  3. 自分は今、何にでもなれる可能性があることに気づく。
  4. 「自分がやりたいことは何だろうか」と、徹底的に考える。
  5. 大学時代には、卒業に必要のない勉強も必要。
  6. 大学生のうちに、本を200冊は読んでおきたい。
  7. 昔に読んだ偉人の伝記を、もう一度読み返してほしい。
  8. 評価の高い映画を、50本は見ておく。
  9. 一番前に座る生徒が、一番頑張る生徒。
  10. 働く喜びを知るには、ボランティア活動が一番。
  11. アルバイトを経験して、社会と仕事の実情を知る。
  12. 大学時代は、勉強に専念できる、人生最後のチャンス。
  13. いろいろな人と接するだけで、人生の肥やしになる。
  14. 外国人の友達を作るだけで、世界観を広げることができる。
  15. 大学生のうちに、社会人の友達を作ろう。
  16. 大学生のうちに旅行をしておかないと、次のチャンスは遠い先になる。
  17. 「団体で行く旅行」と「1人で行く旅行」は、まったく別物。
  18. 大学時代こそ、人生計画を立てるベストタイミング。
  19. 実家から通える大学でも、一人暮らしはしたほうがいい。
  20. 外国語の習得は、人生を変えるほどのメリットがある。
  21. 余裕があれば、海外留学を経験しておきたい。
  22. 大学時代のうちに敬語を習得しておけば、社会に出てから楽になる。
  23. 特殊技能は、学生のうちに身につけておくと、便利。
  24. ティーンエージャーに別れを告げるから、20代への覚悟が生まれる。
  25. 中学や高校で恋愛に失敗した人でも、大学ならうまくいく。
  26. 親の大学時代の過ごし方を聞いて、参考にする。
  27. 大学時代は、深い友達を作る、最後のチャンス。
  28. 友達と夢を語り合うと、実現しやすくなる。
  29. 大学時代の料理経験には、人生を変える力がある。
  30. 親に感謝の手紙を書けるようになることが、大学生としての1つの成長。

同じカテゴリーの作品