人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声

するっておきたい
30恋愛哲学

お気に入り27 読んだ
17

きになっている自分は、
いている

人を好きになっている自分は、輝いている。 | 恋する人が知っておきたい30の恋愛哲学

を好きになると、自分が輝きます。

「あの人が好きだ」と思っていると、自然と目の瞳孔が開き、きらきらします。

好きな人がいるだけでいいのです。

人を好きになるのは、内面も外見も、明るい雰囲気を出します。

耳障りのよい言葉を言っているわけではありません。

それを実感できる、1つの例があります。

 

たとえば、ここに2人の異性がいるとします。

それぞれ、次のようなことを口にしていました。

「大嫌いな人がいる」というAさん。

「大好きな人がいる」というBさん。

率直に、魅力を感じたのはどちらですか。

おそらく「大好きな人がいる」というBさんではないでしょうか。

大嫌いな人がいるというAさんは、近寄りがたい雰囲気があります。

嫌いになる事情はいろいろあったのでしょうが、人を恨んだり憎んだりする様子は、感じの悪い雰囲気が出ているものです。

目に見えるものではありませんが、そうした雰囲気が出ているのです。

 

一方、Bさんは前向きです。

「大好きな人がいる」と聞けば「恋をしているのかな」と思いますね。

相手が誰かは分かりませんが、恋心を抱いて、心をときめかせている雰囲気が出ています。

人を好きになったり愛したりしている様子は、感じのいい雰囲気が出ているものです。

目に見えるものではありませんが、そうした雰囲気が出ているのです。

この感覚です。

目には見えませんが、雰囲気として、その人の一部になっています。

人を好きになったほうがいいのです。

人を好きになるのは、なんと素晴らしいことなのでしょうか。

人を好きになるほど、自分が輝くのです。

恋する人が知っておきたい恋愛哲学 その17

  • きになり、
恋愛をすると勉強に集中できないとはいえ、そもそも恋愛が、大切な勉強だ。

もくじ
(恋する人が知っておきたい30の恋愛哲学)

同じカテゴリーの作品