恋愛学

恋する人が知っておきたい
30の恋愛哲学

お気に入り11 読んだ
2

「いい出会いがない」と言うほど、
いい出会いがなくなる理由とは。

「いい出会いがない」と言うほど、いい出会いがなくなる理由とは。 | 恋する人が知っておきたい30の恋愛哲学

異性との出会いがないときに、同性の友達との会話で、うっかり口にしてしまう愚痴があります。

 

「いい出会いがない」です。

 

周りの友達に向けて、ため息をつきながら「いい出会いがないなあ。誰か紹介してよ」と嘆くのです。

ふと、口にしてしまう言葉ですね。

 

たしかに毎日が平凡で、同じ人間関係の繰り返しなら、不満の1つも言いたくなるでしょう。

 

しかし、これは禁句なのです。

「いい出会いがない」と言うほど、余計に出会いをなくすからです。

思うまではいいのですが、口に出して言うのはよくありません。

なぜでしょうか。

「いい出会いがないかな」と言われれば、それを聞いた、周りの人たちの心証を察しましょう。

周りの人たちは「あなたたちは魅力的ではない」と言われている気分になるでしょう。

知らないうちに、周りの人を不快にさせてしまう、感じの悪い言葉なのです。

するとです。

たとえ、自分の知り合いに魅力的な人がいたとしても、紹介する気がなくなります。

「誰か紹介して」と言われても「いい人がいれば紹介するね」と、表向きは、よい返事をします。

 

しかし、心の中では「こんな人に紹介しにくいな」と思うのです。

紹介する身にもなれば、当然の心理です。

結果として「いい出会いがないかな」と言えば言うほど、いい出会いがなくなるのです。

本当に出会いたければ、不満や愚痴を言わず、気になる異性を積極的に探すことです。

自分から合コンを計画したり出席したりしてもいいでしょう。

自分から積極的に異性を求めた行動を見せることが大切です。

その様子が、異性を引き付けます。

異性と求めて積極的に行動している様子を見た友達が「そういえば自分の友達を紹介してみようかな」という気になるのです。

まとめ

恋する人が知っておきたい恋愛哲学 その2
  • 「いい出会いがない」という愚痴をこぼすのは、やめる。
人を好きになったら、まず相手を徹底的に信じることが大切。

もくじ
恋する人が知っておきたい30の恋愛哲学
「いい出会いがない」と言うほど、いい出会いがなくなる理由とは。 | 恋する人が知っておきたい30の恋愛哲学

  1. 「また会いたい」と思った異性がいれば、すでに恋愛が始まっている。
  2. 「いい出会いがない」と言うほど、いい出会いがなくなる理由とは。
  3. 人を好きになったら、まず相手を徹底的に信じることが大切。
  4. 「私を幸せにしてほしい」と思うだけでは、恋愛はうまくいかない。
  5. 人を好きになることは、その人を幸せにしたいと思うこと。
  6. 一緒に帰るのは、恋愛の大切な第一歩。
  7. 恋愛は、迷ったり間違えたりしながら、進めていくもの。
  8. 恋愛は大変だからこそ、意味がある。
    恋愛は、自分を磨く修行だから。
  9. 恋愛がうまくいかないのは、ベストを心がけているから。
  10. カットしてもらいたい髪型の写真を、美容室に持参する人が、モテる。
  11. 勇気を出した行動に、1つの無駄もない。
  12. 毎日寝る前に「行動が足りなかった点」を反省すれば、悔いのない人生になる。
  13. 他人の恋愛を比べ始めるのは、不幸の始まり。
  14. 恋愛から逃げてばかりいると、老けやすくなる。
  15. 人を好きになるのは、素晴らしいこと。
  16. 「うまくできない部分も自分だから見てね」と思うくらいで、ちょうどいい。
  17. 人を好きになっている自分は、輝いている。
  18. 恋愛をすると勉強に集中できないとはいえ、そもそも恋愛が、大切な勉強だ。
  19. 食事も恋も、八分目がちょうどいい。
  20. 太りすぎているなら、恋愛の問題ではなく、命の問題だ。
  21. 恋愛は「自分はモテる」と思い込む人が、モテる。
  22. 人生で積極性が大切だと思うなら、恋愛も積極性が大切になるはずだ。
  23. 恋愛をすると、自分の意外な一面を発見できる。
  24. 「もっといい人がいるかもしれない」と思っていると、一生恋愛ができなくなる。
  25. 好きな人に会えない日は、ないより、あったほうがいい。
  26. 人生も恋愛も、2面性があって、バランスが取れる。
  27. 告白して振られた傷は、一瞬。
    告白しなかった後悔は、一生。
  28. 失恋は、よりよい恋愛ができるチャンスだ。
  29. 出会えて、楽しい時間を過ごせただけでも、感謝する。
  30. 究極を言えば、あらゆる恋愛の結末は、傷つくようになっている。

同じカテゴリーの作品