人生の教科書



遠距離恋愛
別れたいのではない。
少し疲れているだけ。
遠距離恋愛
遠距離恋愛を始める前にしておきたい4つのこと。
恋愛トラブル
恋愛は、頑張るものではなく、楽しむもの。
恋愛がしたい
勉強は、常に体験の中にある。
遠距離恋愛
突然恋人と連絡が取れなくなったとき、どうするか。
遠距離恋愛
結婚の話をするのはいいが、せかすのはよくない。
恋愛学

「恋愛とは何か」を考える
30の言葉

  • 恋愛とは、
    突然の来客のようなもの。
    前触れもなくやってくる。
「恋愛とは何か」を考える30の言葉

もくじ

1
★33

恋愛とは、突然の来客のようなもの。
前触れもなくやってくる。

突然の来客に、驚いた経験はありませんか。 人が誰かの家を訪ねる前は、事前に連絡するのが普通です。 しかし、まれに、突然の来客があります。 「ピンポン」という、ドアのチャイムが鳴ります。 「ちょっと近くまで寄ったので」と言って、いきなりの来客に驚かされるのです。 いきなりですから、髪はぼさぼさで、部屋も散らかっています。 せっかくの来客ですから「帰れ」とも言えません。 すっきりしない気持ちで、お客さんを迎え入れることになるのです。 恋愛も、突然の来客のようなものです。 「今から行きますよ」という声はかかりません。 前触れもなく、いきなりやってきます。 とっさの状況で、いかにスムーズに対応できるかです。 待たせたり断ったりすると、同じチャンスは、二度とないかもしれません。 予告がないのですから、普段からいつでも恋愛があっていいように、準備しておくことが大切です。 もちろん完璧な準備は難しいですが、普段から、最低限の準備くらいはできるはずです。 デート用の服を準備しておいたり、髪型を整えたり、楽しい話題を準備したりなどです。 部屋を掃除したり、おしゃれに力を入れたりなどです。 恋愛が始まってから、準備するのではありません。 準備しておくから、恋愛が始まるのです。 恋愛の準備をすると「フェロモン」のような雰囲気が出ます。 フェロモンに誘われて、異性が近づき、恋愛が始まりやすくなります。 突然の恋愛がやってきても、スムーズに始められるのです。 突然始まる恋愛のために、普段から準備をしておく。

2
★14

恋愛は、お風呂のようなもの。
温かいうちに入るもの。

お風呂は、癒されますね。 どんなに疲れていても、お風呂に入ると元気が出ます。 温かいお風呂に入ると、生きていてよかったと思います。 そんな温かいお風呂も、時間が経てば、湯が冷めます。 だんだん湯が冷めると、最後には、冷たい水になります。 冷たくて、入れなくなってしまいます。 風邪を引きます。 恋愛も、お風呂と同じです。 温かいうちに入るのが、一番です。 人と人が出会ったときには、熱があります。 「初めて会った」という摩擦熱があり、温かいです。 心がぽかぽかなります。 もちろん一般的な人間関係では、時間をかけるのもいいでしょう。 時間をかけた関係ほど、冷めにくくなります。 しかし、恋愛のときは、少し特別です。 恋愛は、ハートまで温めるものです。 出会ってから時間をかけすぎていると、気持ちがだんだん冷めていきます。 「付き合い」のラインにたどり着くまでには、出会った直後、ある程度の勢いが必要です。 普通に接しているだけでは「いい人」で終わります。 出会いの熱が残っているうちが、チャンスなのです。 出会いの熱が残っているうちに、アタックする。

3
★28

恋愛とは、デパートのバーゲンセール。
早い者勝ち。

好きな人が、いつまでもフリーのままとは限りません。 むしろ「フリーのまま」という状況のほうが、不自然です。 考えてみましょう。 モテる人は、やはり、モテます。 あなたが「すてきだな」と思うなら、ほかの人も「すてきだな」と思うでしょう。 あなたが好意を寄せているなら、ほかの人も好意を寄せているはずです。 多少の個人差はあれ、魅力のある人は、やはり誰からもモテます。 スピードが、勝負です。 恋愛とは、デパートのバーゲンセールと同じです。 もたもたしていると、ほかの人に持っていかれます。 むしろ、まだ相手が誰とも付き合っていない状況のほうが、不自然です。 相手がまだフリーなら、奇跡です。 あなたと付き合うために、神様が用意してくれた特等席です。 せっかくの神様からの配慮ですから、ぜひ生かしましょう。 早い者勝ちですから、待つ必要はありません。 神様が応援していますから、アプローチすれば、きっとうまくいくでしょう。 もたもたしていると、神様も諦めてしまいます。 今だと思ったときにいくのが、一番いいのです。 早い者勝ちなのです。 恋愛は、待つことなく、スピードで勝負する。

4
★29

恋愛とは、天秤のようなもの。
似た者同士が釣り合う。

両端に皿を吊して、質量を測定するはかりといえば、天秤です。 天秤は、左右の重さが異なると、バランスが崩れます。 一方に大きく偏って、落っこちてしまいます。 釣り合うのは、左右の重さが同じときです。 恋愛も、天秤のようなものです。 恋愛は、似た者同士が釣り合います。 価値観や性格が似ていれば、話や考えがよく合います。 合わそうとしなくても、合ってしまいます。 自然と男女の仲がよくなり、恋愛に発展します。 「自分と似ているな」と思う異性がいれば、半分は、恋が成就しているようなものです。 積極的にアタックしてみましょう。 もし釣り合っていなくても、諦めるのは、まだ早いです。 釣り合っていなければ、釣り合うように努力してみましょう。 相手がおしゃれなら、自分もおしゃれをします。 相手の頭がよければ、自分も頑張って勉強してみます。 相手が元気なら、自分も同じくらい元気に振る舞ってみます。 少しでも釣り合うように努力すれば、恋もうまくいきやすくなるのです。 釣り合いが取れていなくても、釣り合えるように努力する。

5
★16

恋愛とは、洋服選び。
自分に合ったものを選ぶのが、一番いい。

洋服を選ぶとき、一番の基準は何ですか。 色でしょうか、デザインでしょうか。 人それぞれ好みはあると思いますが、欠かせない基準があります。 サイズです。 洋服を選ぶときには、自分のサイズに合ったものを選ぶのが鉄則ですね。 どんなに色やデザインがよくても、サイズが違っているのでは、違和感があります。 小さすぎると、きつすぎて、服が破れます。 大きすぎると、だぶだぶで、違和感があります。 自分のサイズに合ったものを選ぶから、違和感がなく、動きやすくなります。 サイズを合わせるのは、どんな人にも共通する、服選びの鉄則です。 サイズが合っているからこそ、色もデザインも、より見栄えがよくなります。 恋愛も、洋服選びと同じです。 人によって、好みはさまざまです。 しかし、欠かせない基準があります。 自分と相性が合っていることです。 性格、価値観、趣味などです。 自分と相性の合う人と付き合うのが、一番うまくいく恋愛です。 お互いが似ていれば、自然とお互いのことを理解しやすくなります。 違和感や無理もなく、動きやすいです。 お気に入りになり、いつまでも、そばにいてほしくなるのです。 自分と合った人に、恋をする。

6
★32

恋愛とは、オーディション。
自分をストレートに表現するから、合格する。

オーディションで遠回しの言葉を使っていると、落とされます。 面接官は「何が言いたいのだろう」と思い、印象に残りません。 意味を考えるほど、面接官も暇ではありません。 ほかにも候補がたくさんいます。 「受かりたい」と、炎炎と燃えている人がたくさんいます。 オーディションでは、自分の個性や特技をストレートに表現するから、面接官によく伝わります。 ストレートに表現するから、印象に残り、合格するのです。 恋愛も、オーディションのようなものです。 恋愛で、遠回しの言葉ばかり使っていませんか。 恥ずかしい気持ちは分かりますが、相手を試すような言葉ばかりを使っていると、きちんと気持ちが伝わりません。 「何が言いたいのだろう」と思われるでしょう。 曖昧な態度や発言ばかりを表現していると、うじうじした悪い印象を与えることもあります。 場合によっては、誤解を生み、関係が悪くなることさえあります。 本気の言葉に、飾りは不要です。 恋愛では、ストレートな表現が必要です。 ストレートに表現するから、ストレートに気持ちが伝わります。 オーディションを受けるようなつもりで、当たっていきましょう。 恋愛では、遠回しな言葉より、ストレートな言葉を使う。

7
★6

恋愛とは、2人3脚。
足並みを揃えることで、前に進むことができる。

運動会では、2人3脚による競争があります。 2人が肩を組み、隣り合った足首をひもで結んで、一緒に足並みを合わせて走る競技です。 ポイントは、足並みを揃えることです。 足並みを揃えないと、うまく進めません。 うまく進めないどころか、転んでしまい、けがをしてしまうのです。 恋愛も、2人3脚です。 自分のことだけを考えているのでは、うまく進みません。 足並みがずれていると、転んでけがをしてしまいます。 お互いの足並みを、合わせることが大切です。 一方ではなく、お互いが「合わせようね」という意識を合わせます。 意識を合わせるから、動きも合います。 「1、2、1、2」とテンポを一緒に刻むと、足並みを合わせやすくなります。 「こうすれば一緒に前に進めるね」というのが、感覚として、分かります。 足並みが揃えば、勢いよく前に進むこともできます。 2人が一体になります。 いつしか、合わせることが自然体になっているのです。 お互いが「合わせようね」という意識を合わせる。

8
★5

恋愛とは、社交ダンス。
ステップを上手に踏むコツは、雰囲気に合わせること。

音楽に合わせ、男女2人が1組となって踊るダンスといえば、社交ダンスです。 社交ダンスには、さまざまなタイプがあります。 ルンバ、チャチャチャ、ワルツなどです。 動きのゆったりしたものから、激しいものまであります。 どのタイプにせよ、大切なのは、ステップを合わせることです。 ステップを間違えると、相手の足を踏んでしまったり、踏まれたりします。 難しそうなステップですが、コツがあります。 ステップを踏むコツは、雰囲気に合わせることです。 音楽の雰囲気に合わせると、動きが合いやすくなります。 動きが合いやすくなるため、ステップも合いやすくなるのです。 雰囲気と一体になったとき、華麗なダンスを踊れます。 2人が一体になるのです。 恋愛も、社交ダンスと同じです。 自分の都合だけでは、よくありません。 相手の都合だけでも、よくありません。 お互いが、思い合う気持ちがあり、初めてうまくいきます。 大切なことは、雰囲気に合わせることです。 恋愛では、状況によって、さまざまな雰囲気があります。 上手にステップを踏むために、まずその場の雰囲気に合わせましょう。 雰囲気に合わせると、ステップをうまく踏めるようになります。 デートという、華麗なダンスを楽しめるのです。 お互いが都合を合わせ合う気持ちを、持ち続ける。

9
★18

恋とは、スカイダイビング。
恐怖を楽しむ姿勢があるから、思いきる勇気が出る。

飛行機から飛び降りて、空中遊泳するスポーツといえば、スカイダイビングです。 空に高く舞う飛行機から飛び降りて、しばらく空中浮遊をした後、パラシュートを開いて、着地します。 一番大変なのは、なんといっても、飛び降りる瞬間です。 不謹慎ですが、飛び降り自殺さながらです。 死を連想するため、反射的に体がこわばります。 「恐怖を楽しもう」という考えが大切です。 楽しむ姿勢があれば、恐怖が半減して、勇気が出てきます。 飛行機から飛び降りて、スカイダイビングを楽しむことができるのです。 恋愛も、スカイダイビングのようなものです。 怖がってばかりでは、前に進めません。 恐怖を避けようとすれば、一生、恋愛ができません。 恐怖は避けるものではなく、楽しむことです。 恐怖を楽しむ気持ちがあれば、恐怖が半減して、勇気が出てくるようになります。 「えい!」と思いきることで、初めて前に進みます。 次の瞬間、体全身が、心地よい感覚に包まれます。 今まで経験したことのない、激しい刺激と興奮を楽しめます。 一生忘れられない思い出ができることでしょう。 勢いが強くて、死ぬかと思いますが、大丈夫です。 しばらくすると、パラシュートが開きます。 ゆっくり着地できるのです。 「恐怖を楽しもう」という考えで、恋愛に飛び込む。

10
★14

恋愛とは、犬を飼っているようなもの。
つなげている時間が長いと、吠え始める。

犬は、飼い主のそばにいるのが大好きです。 いつまでも飼い主のそばにいたいと思います。 そんな犬でも、ずっと鎖につなげたままにしていると「わんわん」と、吠え始めます。 喜んでいるのではありません。 苦しんでいるのです。 犬は、飼い主と一緒にいたいですが、一緒に散歩もしたいです。 つなげたままにされると、動けなくて、ストレスがたまります。 吠えるのは、苦しみであり、アピールです。 犬は「飼い主と一緒にいたいけど、自由も欲しい。一緒に散歩に行こうよ」というアピールをしてきます。 少なくとも、1日1回は、散歩をしましょう。 犬は、飼い主と一緒に散歩しているときが、一番の幸せです。 恋愛は、犬を飼っているようなものです。 好きな人のそばにずっといたいと思うものです。 だからとはいえ、束縛は少し違います。 好きな人だからとはいえ、束縛を要求すると、ぶつぶつ文句を言うようになります。 喜んでいるのではありません。 苦しんでいるのです。 「一緒にいたいけれど、自由も欲しい」というアピールです。 動きにくくて、窮屈です。 つながれている時間が長いほど、ストレスがたまり、逃げ出したくなります。 束縛のしすぎは、かえって関係を悪くさせます。 相手を信じることで、自由の時間を作るのも、大切なのです。 束縛をしすぎないようにする。

11
★8

恋愛とは、旅に出るようなもの。
新しい自分を発見する。

遠いところへ旅に出かけると、さまざまな体験ができます。 美しい景色、おいしい料理、さまざまな人などです。 今までにない経験に触れることで、楽しんだり驚いたりできます。 いい気分転換ですね。 忘れられない思い出ができるに違いありません。 旅で驚くのは、そうした現地の景色だけではありません。 自分に、驚きます。 「自分には、こんな勇気があったのか」 「自分は、やればできるじゃないか」 旅を通して、自分の新たな一面に、気づくのです。 「自分を発見する」とは、このことです。 旅が終わると、新しい自分に生まれ変わっています。 恋愛も、旅に出るようなものです。 異性と接するのは、誰でも恥ずかしいものです。 それがいいのです。 普段私たちは、同じことを繰り返しています。 同じことを繰り返しているから、自分でも、なかなか自分の本性に気づきません。 普段と違ったことをするから、普段気づかない部分が見えてきます。 経験したことがないから、避けるのではありません。 経験したことがないから、飛び込んでいくのです。 勇気を出して、新しい経験に飛び込むことで、今まで気づかなかった自分に気づけます。 「自分には、こんなに勇気がある」 「自分はやればできる人間だ」 自分の新たな一面に、気づきます。 宝物です。 どんな恋愛も、無駄はありません。 恋愛は、新しい自分を発見する旅です。 宝を探すつもりで、勇気を持って進んでいきましょう。 恋愛を通して、新しい自分に出会う。

12
★4

恋愛とは、ご祝儀と同じ。
けちるより、奮発するほうが、うまくいく。

恋愛では、好きな人にプレゼントを贈ることがあります。 誕生日プレゼントやクリスマスプレゼントなどです。 「どんなプレゼントがいいかな」と迷いますが、やはり気になるのが、値段ですね。 本当に大切なのは気持ちとはいえ、やはり予算の都合もあります。 そういうときに、思い出してほしいことがあります。 結婚式のご祝儀です。 結婚式に出席するときは「ご祝儀は、いくらくらいがいいかな」と考えますね。 ここでけちってしまうと、相手から「削ったな」と分かります。 にこにこしますが、内心、少しがっかりされてしまうのです。 ご祝儀は、けちるより、奮発です。 奮発したほうが、気持ちがこもっているように思われ、喜ばれます。 恋愛も、ご祝儀のようなものです。 けちって、よくなることはありません。 けちったのは、不思議と相手に分かるものです。 「出し惜しみをしたな」と感づかれると、関係もぎくしゃくします。 つまらないところで、つまずきたくないですね。 わずかな金額をけちっただけで、大きなことを失うのは、もったいないです。 ささいなところですが、大事な場面です。 けちるくらいなら、奮発です。 少しだけ余分にお金がかかりますが、意味があります。 「奮発してくれたな」というのは、自然と分かるものです。 ほんのわずかの金額を上乗せするだけで、いつもより気持ちがこもっているように感じ、喜んでもらえます。 恋愛がスムーズに進むコツなのです。 プレゼントに迷ったときは、けちるより、奮発する。

13
★7

恋愛とは、繊細なガラスのコップ。
美しいほど、壊れやすい。

繊細なガラスのコップは、美しいですが、壊れやすいです。 繊細で美しいガラスほど、ささいな衝撃で壊れます。 うっかりテーブルから落としてしまうと、粉々に砕け散ってしまいます。 美しさと壊れやすさは、表裏一体です。 恋愛も、繊細なガラスのコップです。 美しいほど、繊細です。 繊細だから、美しくもなります。 同時に、壊れやすくもなるのです。 寂しいことに思えますが、これでいいのです。 壊れやすいかどうかの問題ではありません。 大事にするかどうかの問題です。 そもそも乱暴に扱っていい恋愛は、1つもありません。 乱暴に扱うと、どんな恋愛でも、壊れます。 壊れやすいのは「いつまでも大事に扱いなさい」という意味です。 乱暴になると、それを見ている神様が怒り、恋愛を取り上げてしまいます。 壊れやすいから「大事にしよう」という意識が高まります。 あらゆる恋愛において、優しく丁寧に、心がけましょう。 丁寧な扱いを心がければ、美しい状態が、いつまでも維持できるのです。 あらゆる恋愛において、優しく丁寧になる。

14
★3

恋愛とは、カラオケと同じ。
出番の人に集中するから、盛り上がる。

カラオケで、よくありがちなトラブルがあります。 人が気持ちよく歌っているにもかかわらず、周りの人が無視することです。 歌っている主役をほったらかしにして「次は何を歌おうかな」とメニューを眺めていたり、友達と話を楽しんだりです。 歌っている人のことを、無視です。 「勝手に歌わせておけば満足するだろう」と思っていると、態度に出るものです。 歌っている人は、取り残されているような気持ちになります。 歌っている自分が悲しくなり、泣きながらカラオケボックスから出ていきたくなります。 相手の出番のときは、相手に集中するのが鉄則です。 歌っている人を見て、リズムを打つほうが、盛り上がります。 恋愛もカラオケと同じです。 相手が話をしているときに、携帯電話を見たり、別のことを考えたりしていると、がっかりされます。 「少しくらい分からないだろう」と思いますが、よく分かります。 視線や態度に表れるからです。 目がうつろになったり、リアクションが小さかったりなどです。 「別のことを考えているな」と分かると「自分のことにも興味がないのね」と誤解されます。 相手が話をしているときには、相手に集中しましょう。 顔と体も相手に向けます。 話に耳を傾けて、相槌を打ちます。 きちんと相手に集中するから、場が盛り上がり、恋愛もうまくいくのです。 相手が話をしているときは、言葉に集中する。

15
★2

恋愛とは、ラーメンのようなもの。
人それぞれに、こだわりがある。

ラーメンは、今やどこにでもある一般的な食事の1つです。 にもかかわらず、ラーメンは奥が深いです。 ラーメンには、人それぞれにこだわりがあります。 「しょうゆがいい」という人もいれば「豚骨がいい」という人もいます。 「薄味がいい」という人もいれば「濃い味がいい」という人もいます。 「細麺がいい」という人もいれば「太麺がいい」という人もいます。 「ラーメンランキング」というのをよく目にしますが、実はあって、ないようなものです。 ラーメンへのこだわりは、人それぞれですから、おいしいラーメンの基準も、人それぞれなのです。 自分の好きなラーメンは、自分の舌で確かめるのが、一番です。 恋愛も、ラーメンのようなものです。 どんな恋愛がいいのかというと、正解はありません。 恋愛へのこだわりは人それぞれですから、素晴らしい恋愛の基準も、人それぞれです。 「適度な距離感のある関係がいい」という人もいれば「24時間一緒にいる関係がいい」という人もいます。 「毎日デートしたい」という人もいれば「週に2、3回くらいで十分」という人もいます。 「メールより電話がいい」という人もいれば「電話よりメールがいい」という人もいます。 どれも正解です。 それぞれのこだわりが、表に出ているだけです。 人それぞれの恋愛を、受け入れる。

16
★15

恋愛とは、入学試験。
総合得点が、合格ラインに届いていればいい。

「自分は、顔に自信がないから、恋愛は無理だ」 自分の外見に自信がないと、恋愛にもおっくうになりますね。 そうしたときに、思い出してほしいことがあります。 入学試験です。 不得意な科目は点を取りにくい一方、得意な科目では高得点になるでしょう。 それぞれの教科の得点に、偏りがあっても、大丈夫です。 たとえば、歴史が苦手でも、ほかの科目を頑張ればいいのです。 総合得点が合格ラインに届いていれば、合格します。 恋愛も、入学試験と同じです。 自信のないところは、あっていいのです。 自信がなければ、別の部分で補えばいいからです。 たとえば、顔に自信がなければ、別の部分で勝負しましょう。 頭のよさでもいいでしょう。 料理が得意なところを強調するのもいいでしょう。 おしゃれなところでもいいでしょう。 優しさでも、素直なところでも、気が利くところでもいいです。 自信のないところだけにとらわれず、全体を通して、勝負に出ます。 自信のないところがあっても、総合得点が合格ラインに届いていれば、恋愛はうまくいきます。 チャンスはあるのです。 自信のないところがあっても、総合得点で勝負する。

17
★21

恋愛とは、障害物競走。
障害は、諦めるのではなく、乗り越えるもの。

恋愛とは、障害物競走です。 いろいろな障害物が、目の前に立ちはだかります。 年齢差、距離、価値観や考えの違いなどです。 諦めて棄権すると、その時点で失格です。 障害は、諦めるのではなく、乗り越えるものです。 恋愛は、立ちはだかるものがあって当然です。 障害を乗り越えるときには、少しかっこ悪い姿になるものです。 飛び越えたり、くぐったり、回り道をしたりです。 かっこつけていると、いつまでも乗り越えられません。 少しくらいかっこ悪いところを見せても、良しとしましょう。 恥ずかしい姿になることは、あまり気にしないほうがいいです。 少しでも早く乗り越えて、前に進みましょう。 立ちはだかる障害があっても、あらゆる手段を使って、乗り越えましょう。 もたもたしていると、ほかの人に追い抜かれます。 競争ですから、スピードが大切です。 ゴールには、大好きな異性が待っています。 今、障害物競走の、真っ最中です。 くよくよせず、ぐずぐずせず、止まることなく前向きに走り続けましょう。 さて、目の前にまた障害が現れました。 どうやって乗り越えますか。 障害は、諦めるのではなく、乗り越える。

18
★4

恋愛とは、壊れた時計。
短いようで長く、長いようで短い。

恋愛は、不思議な側面を持っています。 恋愛をしている最中は、時間感覚がおかしくなるのです。 長いようで、短く感じることがあります。 短いようで、長く感じることもあります。 たとえば、好きな人に会っていないときは、時間が長く感じられます。 「早く会いたいなあ」と思います。 早く会いたい気持ちが強いほど「まだかな、まだかな」という気持ちが大きくなります。 1時間が、2時間にも3時間にも、長く感じるのです。 時計が壊れているのではないかと、電池の残量を確かめてしまいます。 一方、時間が短いように感じるときもあります。 たとえば、好きな人と会っているときです。 好きな人と会話を楽しんでいるときは、時間があっという間に過ぎてしまいますね。 1時間が、30分にも15分にも、短く感じられるものです。 「そろそろ時間だから行かなくちゃ」と言われ「もうそんな時間なの!」と驚きます。 時間が、短く感じるときもあれば、長く感じるときもあります。 時間の感じ方が、極端です。 時計が壊れたかのようなのです。 いつもとは違った時間の流れを、楽しむ。

19
★10

恋愛とは、植物を育てるようなもの。
適量は、成長に応じて変化する。

植物を育てるときに一番気を使うのは、やはり水の量ではないでしょうか。 シンプルですが、実は奥が深いです。 与えなければ、枯れます。 だからとはいえ、水を与えすぎると、土が水でびしょびしょになります。 うまく栄養分が吸収できなくなり、植物の成長が妨げられるのです。 少なすぎず、多すぎず、適度な量が大切です。 特に奥が深いのは「適量」という基準です。 適量は、一定ではありません。 適量は、変わります。 植物が大きく成長するにつれて、水の適量も、少しずつ増えます。 少しずつ増えつつも、場合によっては、水を減らしたほうがいいときもあります。 植物の成長を見ながら、水の適量も、少しずつ変わるのです。 恋愛も、植物を育てるようなものです。 恋愛も、バランスが大切です。 愛情がなければ、気持ちを相手に伝えることができません。 だからとはいえ、与えすぎる愛情の量が多すぎると、相手にはプレッシャーになります。 お返しするときの愛情が追いつきません。 男女の愛情のバランスが崩れてしまい、ぎくしゃくするのです。 しかも、恋愛の適量は、成長に応じて変化します。 恋愛が大きく成長するにつれて、愛情の適量も、少しずつ増えます。 少しずつ増えつつも、場合によっては、減らすほうがいいときもあります。 実に、奥が深いです。 少なすぎず、多すぎずです。 変化する適量を察しながら、ベストな愛情の量を心がけましょう。 変化する愛情の適量に、気をつける。

20
★6

恋愛とは、不思議な魔法の薬。
若返らせる力がある。

恋愛とは、不思議な魔法の薬です。 魔法の存在を疑う人がいますが、恋愛そのものが魔法です。 人を、若返らせる力があります。 肌や髪には、つやが出ます。 おしゃれに気を使うようになるため、外見がよく整います。 いつも以上に、勇気と自信があふれるようになります。 好きな人へのアプローチによって、人は生まれ変わります。 世の中にはさまざまな薬が存在しますが、これほど若返りの強い薬は、ほかにありません。 世界中どこを探しても、恋愛のみです。 男性でも女性でも、効果があります。 しかも無料です。 ちなみに若返りの効果は、両思いのときだけでなく、片思いのときにも効果があります。 片思いでも、好きな人に気に入ってもらえるような努力をしましょう。 実年齢より若返るだけでも、大きな意味があります。 人類史上、最も不思議な魔法を、試してみませんか。 恋愛をして、若返る。

21
★19

恋愛とは、営業と同じ。
不器用な人は、うぶな感じが出て、信用されやすい。

「自分は不器用だから、恋愛に向いてないだろう」 たしかにアプローチや話し方など、スムーズにできるほうが、恋愛でも有利になるでしょう。 では、不器用な人には恋愛のチャンスがないのかというと、そうではありません。 不器用な人にも、恋愛のチャンスがあります。 営業を思い出してみましょう。 営業の人が、いきなり家に訪問してきたとします。 扉を開けるやいなや、ぺらぺらと営業トークが始まると、すぐ営業だと分かります。 営業のトークがうますぎると、かえって警戒してしまいます。 「知らない間に変な契約をさせられるのではないか」と不安になります。 スムーズすぎることが、かえって逆効果になることもあります。 営業は、少しくらいたどたどしいほうがいいのです。 たどたどしいと、営業だと分かりません。 営業だと分からないから、話を聞いてもらえます。 うぶな感じが出るから、話も信用されるのです。 恋愛も営業と同じです。 恋愛は、何でもスムーズに進めればいいものではありません。 不器用でも大丈夫です。 不器用な人は、うぶな感じが出て、信用されます。 たどたどしくても、頑張って気持ちを伝えようとする姿が、見て分かります。 「この人は自分の気持ちを正直に伝えようとしている」と、感じてもらえるでしょう。 不器用も、才能の1つです。 自信を持って、不器用な自分を見てもらいましょう。 不器用な恋愛をする。

22
★5

恋愛とは、おばけ屋敷に入るようなもの。
不安や恐怖を感じても、我慢できるもの。

日常では味わえない恐怖を、味わいたくなるときはありませんか。 恐怖を味わいたければ、おばけ屋敷です。 さまざまなおばけや妖怪が登場して、恐怖感を楽しませるものです。 怖くないおばけ屋敷は、意味がありません。 はらはらどきどきするために、おばけ屋敷に入ります。 「できるだけ怖いおばけが出てきて、驚かせてほしい」と思います。 非日常を味わうから、面白いです。 おばけ屋敷は、中にいるより、外に出たときのほうが、泣きそうになります。 不安や恐怖を乗り越えた安心感が、一気に押し寄せ、出口に出てから泣いてしまうのです。 おばけ屋敷の出口では、たくさんの人が、わんわんと泣いています。 恋愛も、おばけ屋敷に入るようなものです。 度胸試しです。 はらはらどきどきは、避けるものではなく、楽しむものです。 泣きそうになりますが、我慢できます。 気持ちが引き締まっているため、不安や恐怖にも、耐えられるのです。 一度でもおばけ屋敷に入ったことがあるなら、大丈夫です。 おばけ屋敷に入ったことがあるほどの度胸があるなら、恋愛もできるはずです。 本当のことをいえば、おばけ屋敷より、恋愛のほうが進めやすいです。 恐怖の後には、楽しみが待っていますから。 恋愛の恐怖は、避けるのではなく、楽しみに行く。

23
★10

恋愛とは、チェスである。
定跡をたくさん知っている人ほど強い。

チェスの勉強の第1は、定跡を知ることです。 定跡とは、ある局面において、最善とされる進め方です。 定跡を知った上で、できるだけ先の展開まで予想できている人が、有利になります。 どれだけ先を読めるのかは、経験しだいです。 これはチェスだけでなく、恋愛でも同じです。 第一に大切なのは、定跡の把握です。 最善とされる進め方を、いかにたくさん知っているかです。 たとえば、次のような行動パターンです。 ・好きな人からメールが来れば、3分以内に返信をする ・デートの終わりには、次のデートの約束をする ・好きな人の前では、常に笑顔を心がける ベストな進め方をたくさん知っているほど、恋愛が思うように進めやすくなります。 自分が取れる行動は、1つだけです。 1つだけですから、最もよい発言や行動を落ち着いて選ぶ必要があります。 しかも一度取った行動は、後から取り消すことができません。 行動する前には、後から悔いることがないよう、先のことをよく考えることが大切です。 たくさんの定跡を把握して、恋愛に強くなりましょう。 定跡を繰り返していけば、自然とゴールへと向かいます。 恋愛は、壮大なチェスゲームです。 さあ、次はどんな手を打ちますか。 恋愛のベストな対応を、できるだけたくさん知っておく。

24
★3

恋愛とは、花である。
美しさの奥には、甘い蜜が隠れている。

野原を見ると、チョウが軽やかに飛んでいます。 どこへ飛ぶのかと思えば、美しい花のところです。 チョウは、花の美しさに引かれ、羽ばたきます。 お目当ては、甘い蜜です。 美しいほど、甘い蜜が隠れています。 チョウはたくさんの甘い蜜を吸って、大きく成長します。 美しい花があるおかげで、チョウも美しく成長できるのです。 美しい花に、美しいチョウは、ふさわしい組み合わせですね。 恋愛も、花と同じです。 恋愛は、美しいだけではありません。 恋愛も美しいほど、甘い蜜がたくさん隠れています。 甘い思い出の数々です。 デートをしたり、キスをしたり、抱き合ったりです。 好きな人のことを考える時間も、甘いひとときになります。 甘い蜜を、たくさん楽しみましょう。 人生にも甘みが増して、うっとりするほど心地よくなります。 美しい恋愛があるおかげで、人も美しく成長できるのです。 美しい恋愛をして、甘い思い出をたくさん作る。

25
★6

恋愛とは、文学である。
一言には、別の意味も込められている。

文学が面白いのは、言葉です。 言葉を、うのみにするのではありません。 言葉の裏にある別の意味を探るのが、面白いところでもあります。 たとえば、次の文章があるとします。 「彼女は、悲しい顔をした後、にっこり笑顔を浮かべた」 この一文を、どう解釈するかです。 心情が変化する様子は分かりますが、どう変化しているのかは、いくつかの解釈ができます。 本当は悲しいけれど、わざと強がった姿なのかもしれません。 不安を感じた後、やましい考えが浮かんだのかもしれません。 さまざまな解釈ができるため、読んでいて飽きないのです。 恋愛も、文学のようなものです。 好きな人に接するときには、深い意味が含まれた言葉が、よく登場します。 たとえば「休日には何をしているんですか」と聞かれたときです。 単に、休日の予定を知りたがっているとは限りません。 休日の予定を聞くことで、付き合っている人がいるのか、確かめようとしているのかもしれません。 「どんな人がタイプですか」と聞かれたときです。 単に、好きなタイプを知りたがっているとは限りません。 気があることを伝えようとしているのかもしれません。 「かっこいいですね。かわいいですね」と言われたときです。 単に、褒めたとは限りません。 「あなたは私のタイプです」というメッセージを伝えようとしているのかもしれません。 恋愛の一言には、別の意味が込められていることがあります。 言葉の裏を探りながら進めると、恋愛は文学作品を読んでいるかのような気分になるのです。 言葉の別の意味に、気づく。

26
★3

恋愛とは、お酒と同じ。
いい気分になれるからとはいえ、適度を心がける。

お酒を飲むと、酔いが回って、いい気分になれますね。 アルコールの力によって、気分がよくなり、ストレス発散ができます。 一時的に血液の循環が活性化され、体がぽかぽか温まります。 肌のつやもよくなります。 だからとはいえ、飲みすぎるのはよくありません。 お酒を楽しむときには、適量が大切です。 飲みすぎてしまうと、気分がよくなるどころか、悪くなります。 二日酔いです。 吐き気がして、体調を崩してしまうのです。 一転して、体温が下がり、肌にも悪影響です。 恋愛も、アルコールのようなものです。 恋愛を適度に楽しんでいるうちは、いいのです。 アルコールで酔うかのように、いい気分になれます。 体がぽかぽか温まり、体調がよくなります。 ただし、いくら気分がいいとはいえ、夢中になりすぎるのは要注意です。 恋愛に夢中になりすぎると、自制心を失います。 理性を失い、正しい分別ができなくなってしまいます。 気づかないうちに、周りの人に迷惑をかけたり、日常生活に悪影響を出したりするのです。 お酒も恋愛も、適度が大切なのです。 気分がよくなるとはいえ、恋愛は適度を心がける。

27
★17

恋愛とは、変身するようなもの。
周りの人から「変わったね」と言われるようになる。

恋をすると、変身できます。 外見だけでなく、内面も、変わったかのように見えるようになります。 恋愛をすると、いろいろな作用があります。 勇気が出たり、ポジティブになったり、性格が明るくなったりするのです。 恋愛そのものが、スーパーマンのマントのようなものです。 体全身に、超人的な力がみなぎるようになります。 空を飛べそうなくらいの勢いが出てきます。 いつもと違った自分になることで、周りの人からは、変身したかのように見えます。 その結果、周りの人から「変わったね」と言われるようになるのです。 いい意味で「性格が変わった」と言われることもあります。 いつもより顔色や表情が明るくなり、笑顔が増えます。 おしゃれや髪型に気を使うようになり、生き生きします。 発言や行動が積極的になります。 嬉しいですね。 いい意味で「性格が変わった」と言われたときは、いいのです。 ポジティブになっている分には、特に問題はありません。 気をつけたいのは、悪い意味で「性格が変わった」と言われたときです。 恋は、盲目です。 好きな人のことで頭がいっぱいになると、理性や分別がなくなり、適切な判断ができなくなることがあります。 その結果、礼儀やマナーがおろそかになったり、常識を忘れたりすることがあるのです。 気づけば、周りの人に迷惑をかけていることもあるでしょう。 恋愛をしている自分は、変身していることに気づくことです。 いいところは伸ばして、悪いところは抑えましょう。 恋愛の善しあしをあらかじめ把握していれば、きっとうまくできます。 恋愛を生かせば、自分が生まれ変わる、絶好の機会になります。 恋愛を生かして、新しい自分に変身する。

28
★16

恋愛とは、期間限定品と同じ。
実は今しか、楽しめない。

デパートに行くと、ときおり、期間限定品を目にすることがあります。 その名のとおり、販売されている期間が限定されている商品です。 そのときしか買えませんから、希少価値もあると言っていいでしょう。 期間限定品を手に入れると、得をしたような気分になりますね。 では、この世に存在する期間限定品のうち、最も価値の高いものは何でしょうか。 実は、恋愛なのです。 恋愛は、期間限定品です。 結婚をする前にしか、できません。 もちろんパートナーと愛し合う時間はありますが、ほかの異性と恋愛はできなくなります。 「できる、できない」ではなく「してはいけない」です。 誤って、ほかの異性と恋愛すると、不倫になります。 家庭を不幸にすることであり、自分の人生をダメにしてしまいます。 場合によっては、離婚問題で、裁判ざたになることもあります。 大変な事態です。 結婚してからは、事実上、恋愛ができなくなります。 結婚をする前だから、恋愛ができます。 数ある期間限定の中でも、最も貴重なのです。 そのことを意識すれば、おのずから恋愛への勇気が湧いてきませんか。 もたもたしているのは、もったいないです。 今しか楽しめないことは、今、楽しみましょう。 期間限定を意識して、恋愛を楽しむ。

29
★15

恋愛とは、将棋のようなもの。
最後の切り札になるのは、直感。

チェスと将棋は、似ています。 交互に一手ずつ動かして、相手のキングを詰めることには変わりません。 しかし、将棋には、チェスにはない特徴があります。 将棋は、取ったこまが使えることです。 そのため将棋は、チェスに比べて、数多くのパターンが存在します。 一説によると、チェスのパターンは「10の120乗」に対して、将棋のパターンは「10の220乗」と言われています。 天文学的なパターンが存在するため、プロ棋士でさえ、すべてのパターンを把握するのは、難しいと言われます。 そこで、プロ棋士が最後の頼りにするのは「直感」と言われています。 「何となく、こっちのほうがいいのではないか」という、勘です。 確実な根拠はありませんが、これまでの経験を総動員することでひらめく勘を、頼りにします。 直感を頼りにすることで、結果として、うまく進めることができると言います。 恋愛も、将棋のようなものです。 恋愛も定石を知り、パターンの先まで読んで進めるのが、鉄則です。 しかし、いくら恋愛とはいえ、数多くのパターンが存在します。 1つのアプローチをしたとき、人それぞれ、リアクションが違います。 すべてのリアクションに対して完璧な対策を考えるのは、難しいです。 すべてのパターンを頭に入れているうちに、年を取り、人生が終わります。 最後の切り札になるのは、直感です。 「何となく」でいいのです。 直感は、単なる偶然ではありません。 今までの過去をバックにした意味のある答えです。 答えがはっきり分からないときには、直感を頼りにすることで、うまく進めることができるのです。 選択に迷ったときは、直感を頼りにする。

30
★4

恋愛とは、ワインを飲むようなもの。
うんちくはほどほどにして、まず楽しもう。

ワインに詳しい人は、レストランでうんちくを語ります。 うんちくには、ワインを味わい深くさせる効果があります。 ワインの知識が深まることで、ワインもいっそうおいしく感じられるでしょう。 しかし、いくらうんちくとはいえ、程度によります。 少しならいいのですが、しつこいと、疲れてきます。 同席者はため息をつき「早くワインを飲みましょうよ」と、せかすのです。 恋愛も、ワインを飲むようなものです。 恋愛にも、たくさんのうんちくがあります。 やったほうがいいこともあれば、やってはいけないこともあります。 恋の明るい法則もあれば、悪い法則もあるでしょう。 恋愛のコツや法則をたくさん知ることで、恋をする勇気が出たり楽しくなったりします。 しかし、限度を超えて気にしすぎると、逆効果です。 たくさんのことが頭に浮かび、ごちゃごちゃになり、整理が追いつかなくなります。 何をやっていいのか分からなくなり、かえって現実を見失うのです。 勇気が強くなるどころか、恐怖や不安が強くなることもあります。 うんちくはほどほどにして、まずありのままの現実を楽しみましょう。 ありのままの現実を受け入れると、目の前にある恋愛に集中しやすくなります。 恋愛のうんちくはほどほどにして、まずありのままの恋愛を楽しむ。

同じカテゴリーの作品