人生の教科書



猫の気持ちを理解しながら育てる
30の方法

お気に入り4 読んだ
4

猫は子供が苦手というより、
落ち着きのない人が嫌い。

猫は子供が苦手というより、落ち着きのない人が嫌い。 | 猫の気持ちを理解しながら育てる30の方法

私の実家周りは「わんわん」と「にゃあにゃあ」の2つの鳴き声がよく聞こえてくる環境です。

実家では犬を飼い、お隣の家では猫を飼っていたからです。

水口家は全員が犬好きでしたが、お隣さんは猫が大好きだったようです。

お隣さんが飼っていた猫の数も、1匹ではありませんでした。

おそらく最低でも5匹以上はいたと思います。

飼っている猫に、野良猫も混ざっていたので正確な数はよく分かりませんが、とにかくすごい数でした。

昼寝をしていると、実家で飼っているクッピーの吠える声と、お隣で飼っている猫が合唱しているような声が聞こえました。

そんな異様な環境でした。

まだ小学生だった私は、犬も好きでしたが、やはりお隣さんが飼っている猫も気になりました。

隣で飼っていた猫は、ふとした隙に、ときどき水口家の庭に侵入してきました。

  • 「かわいいなあ。頭をなでてやろう」

 

しかし、多くの猫がいたにもかかわらず、触った経験はあまりありません。

触らせてくれません。

近づくと、すごい勢いで逃げていきます。

敵がやってきたといわんばかりの勢いで、一目散に逃げていきます。

そんなわけで子供時代は、たくさんの猫がいたにもかかわらず、ほとんど猫を触れなかったという悲しい思い出があります。

 

しかし、1つ不思議なことがありました。

なぜか父や母が近づくと逃げません。

  • 「なぜ? 自分は嫌われているのか。そもそも嫌われるようなことはまだしていないぞ」

猫が人を見て判断しているかのような態度が悔しくて、今でもよく覚えています。

実のところ、猫は、基本的に子供が苦手です。

猫に限らず、ほかの動物も子供を苦手とします。

いえ、厳密に言えば、子供というより落ち着きのない人が苦手です。

子供は往々にして、騒がしかったり、突然大声を上げたり、動きが予測しづらかったりなど落ち着きがないからです。

私は子供だったがゆえに、不器用に近づいて猫を驚かせ、いつも逃げられてしまっていました。

逆に猫が一番大好きなのは、お年寄りです。

お年寄りと猫とはすぐ仲良くなります。

旧友の仲であるかのように仲良く接している光景を見たことがあるのではないでしょうか。

お年寄りの動きは緩やかで落ち着いているため、猫も接しやすくなります。

猫は、一般的に落ち着いた人ほど大好きです。

もし子供がいるなら、落ち着いて接することを教えてあげましょう。

落ち着きがあれば、子供でも猫と仲良くなれるはずです。

まとめ

猫の気持ちを理解しながら育てる方法 その4
  • 落ち着きのある人になる。
犬と猫の祖先は同じだった。

もくじ
(猫の気持ちを理解しながら育てる30の方法)

同じカテゴリーの作品