犬との愛情を育む
30の育て方

2
7

ペットを飼うなら、
家族が増えるという覚悟が必要。

ペットを飼うなら、家族が増えるという覚悟が必要。 | 犬との愛情を育む30の育て方

私は、もし「ペットを飼うのは大変ですか」と聞かれれば「大変です」と答えます。

大げさに答えるつもりです。

「大変」では生ぬるく、うまく伝えられません。

自分がペットを飼った経験があるのでわかりますが、大変です。

ペットといえば、新聞や雑誌で「かわいい」「癒される」という言葉で宣伝され、プラスのイメージが先行しがちです。

もちろんかわいくて癒されるし、生活が華やかになる面も数多くあります。

 

しかし、実際に飼い始めてみるとわかりますが、大変です。

飼い始めた当日から、餌を散らかし始め、ふんをそこら中にき散らし、吠えたり泣いたりして、世話が大変です。

たまには犬も体を洗ってあげる必要があります。

お座りやお手も、なかなか覚えない。

散歩をすれば、犬のするふんの後始末も必要です。

テレビで見たイメージと全然違うではないかと思うでしょう。

そうした「大変さ」を受け入れられる人でないと続けられません。

 

「一生付き合えるかどうか」です。

 

飼い始めればわかりますが、どんなにかわいい顔をしていても、手間暇がかかります。

時間もお金もかかります。

そのくらいの覚悟がある人だけ、動物を飼ってほしい。

覚悟がなければ、ペットはほうっておかれ、ついには捨てられるかもしれません。

中途半端な気持ちで飼うと、挫折します。

単にかわいいという理由で飼い始めたなら、手間がかかるとわかれば「いらない」と思い、捨ててしまうことになるでしょう。

それはかわいそうです。

捨てられたペットはどうなるか、ご存知でしょうか。

ここでは書けないような悲惨な結末が待っています。

家族が1人増え、育てていく人だけが飼うほうがいい。

ペットにとっても、真剣に育ててくれる飼い主のところがいいはずです。

「この子のためなら何でもできる」という愛情のある人だけが飼い続けることができます。

完全に家族が1人増えると思ったほうがいい。

その上で、かわいらしさや癒しがあるのです。

犬との愛情を育む育て方(7)
  • 一生付き合っていく覚悟で、飼い始める。
ペットとの生活によって、本来の人間らしい生活リズムが整う。

もくじ
犬との愛情を育む30の育て方
ペットを飼うなら、家族が増えるという覚悟が必要。 | 犬との愛情を育む30の育て方

  1. 人と犬とは、すでに長い付き合いがある。
    人と犬とは、すでに長い付き合いがある。
  2. 愛着がつくから、名前をつけるのではない。<br>名前をつけるから、愛着が湧く。
    愛着がつくから、名前をつけるのではない。
    名前をつけるから、愛着が湧く。
  3. 犬と触れ合っていると、運動能力は自然と伸びる。
    犬と触れ合っていると、運動能力は自然と伸びる。
  4. 言葉はなくても、犬とは会話ができる。
    言葉はなくても、犬とは会話ができる。
  5. 犬は、人の喜怒哀楽なら、理解できる。
    犬は、人の喜怒哀楽なら、理解できる。
  6. ペットを飼っている人は、なぜ感情豊かな人が多いのか。
    ペットを飼っている人は、なぜ感情豊かな人が多いのか。
  7. ペットを飼うなら、家族が増えるという覚悟が必要。
    ペットを飼うなら、家族が増えるという覚悟が必要。
  8. ペットとの生活によって、本来の人間らしい生活リズムが整う。
    ペットとの生活によって、本来の人間らしい生活リズムが整う。
  9. 動物は、言葉の意味は理解できないが、印象なら理解できる。
    動物は、言葉の意味は理解できないが、印象なら理解できる。
  10. ペットは飼い主に似るというのは本当の話。
    ペットは飼い主に似るというのは本当の話。
  11. しっぽの振り方だけで、嬉しさの度合いが伝わってくる。
    しっぽの振り方だけで、嬉しさの度合いが伝わってくる。
  12. ペットにかける金額の量で、ペットに対する愛情もわかる。
    ペットにかける金額の量で、ペットに対する愛情もわかる。
  13. 犬の臭覚は、人間の100万倍。
    犬の臭覚は、人間の100万倍。
  14. 餌は、動物と人とを結びつける仲介になる。
    餌は、動物と人とを結びつける仲介になる。
  15. 犬は、顎の下をさすられるのが、一番リラックスする。
    犬は、顎の下をさすられるのが、一番リラックスする。
  16. 頭をなでられるのを嫌がる犬の気持ち。
    頭をなでられるのを嫌がる犬の気持ち。
  17. 触りたくても、触ってはいけない部分がある。
    触りたくても、触ってはいけない部分がある。
  18. 疲れたときこそ、ペットとじゃれ合おう。
    疲れたときこそ、ペットとじゃれ合おう。
  19. ペットと触れていると、純粋な気持ちになれる。
    ペットと触れていると、純粋な気持ちになれる。
  20. 飼い主とペットの関係は、もはや親子関係と同じと言っていい。
    飼い主とペットの関係は、もはや親子関係と同じと言っていい。
  21. 犬を飼っていると、おしゃれに気を使うようになる。
    犬を飼っていると、おしゃれに気を使うようになる。
  22. 犬を飼っているかぎり、足腰は弱らない。
    犬を飼っているかぎり、足腰は弱らない。
  23. 本来、食事は大喜びするもの。
    本来、食事は大喜びするもの。
  24. 犬は、人間よりはるかに虫歯になりにくい。
    犬は、人間よりはるかに虫歯になりにくい。
  25. 犬と一緒に歩けば、当たり前の道に発見があふれかえる。
    犬と一緒に歩けば、当たり前の道に発見があふれかえる。
  26. 犬は悪くない。<br>しつけが悪い。
    犬は悪くない。
    しつけが悪い。
  27. ペットに話しかけているうちに、心のつかえは取れてくる。
    ペットに話しかけているうちに、心のつかえは取れてくる。
  28. 言葉が通じないからこそ、言葉以外のコミュニケーション能力が鍛えられる。
    言葉が通じないからこそ、言葉以外のコミュニケーション能力が鍛えられる。
  29. 本当に困ったとき、犬はきちんと助けてくれる。
    本当に困ったとき、犬はきちんと助けてくれる。
  30. 犬は死ぬ直前、意外な行動に出る。
    犬は死ぬ直前、意外な行動に出る。

同じカテゴリーの作品