犬との愛情を育む
30の育て方

3
4

犬と触れ合っていると、
運動能力は自然と伸びる。

犬と触れ合っていると、運動能力は自然と伸びる。 | 犬との愛情を育む30の育て方

私が生まれて初めて飼ったのは、幼稚園のころでした。

「クッピー」という雑種の犬のペットがいました。

名前も私が付けました。

飼い始めた当初は、まだ子犬でした。

初めてのペット。

嬉しくて、その日から毎日散歩が日課になりました。

その散歩を通して、一緒に歩いたり走ったりする機会がたくさんできました。

家族と一緒に散歩をすれば、犬の散歩と同時に、家族とコミュニケーションの機会にもなっていました。

いつの間にか、親と子と結びつけてくれる役目を果たしていたと感じます。

毎日、犬と野原を駆け回り、かけっこをしていました。

相手は子犬ですから、当然私のほうが走る速さは上でした。

ところで、犬は人間のおよそ4倍の速さで成長するというのをご存知ですか。

犬の大型犬と小型犬では寿命に違いがあり、正確にはもう少し定義が異なりますが、おおむね4倍と考えていいでしょう。

犬の1歳は人間の4歳。

犬の5歳は、人間でいう20歳と同じです。

この犬の成長の早さには、驚かされました。

ほんの短い時間に、みるみるうちに大きくてたくましい犬へと変わっていきました。

田舎ですから車の通りも少なく、畑はたくさんありました。

100メートル以上もの長い道が、家の周りにたくさんありました。

毎日、クッピーとかけっこ競争をしていました。

稲を刈り終えて空き地状態になった畑があるので、そこがクッピーとかけっこ競争の場になっていました。

初めは子犬でしたから、私のほうが走るのが速かった。

しかし、数年後、成長の早いクッピーは、私より速く走るようになりました。

さすが犬だけあり、全力で走ると、車のようなスピードになります。

これが子供でも悔しいです。

初めは自分のほうが早かったのに、後から抜かれるのはとても悔しい。

車のように速く走るクッピーを何とか追い抜いてやろうと思い、競争相手はいつも犬のクッピーでした。

散歩の時間では、ライバルとして見ていました。

その結果、毎日クッピーと競争している影響で、私の足腰も強化されていきました。

日課であるクッピーとの散歩。

思いきり全速力で走る。

そんなクッピーのおかげでしょうか。

ついに、私は学校で走るのが一番速くなります。

おそらく先天的な運動神経も多少関係してはいたでしょうが、クッピーとのかけっこ競争によって鍛えられた面も大きいと感じます。

全校生徒400人程度の小さな小学校ではありましたが、校内で一番速く走れるのは快感でした。

しかし、です。

それでもクッピーだけにはかないません。

盛りの犬が本当に全速力で走ると、まさに車と変わらぬスピードです。

私のライバルはいつもクッピーだったのです。

犬との愛情を育む育て方(3)
  • 犬との散歩で、足腰を鍛える。
言葉はなくても、犬とは会話ができる。

犬との愛情を育む30の育て方
犬との愛情を育む30の育て方

  1. 人と犬とは、すでに長い付き合いがある。
    人と犬とは、すでに長い付き合いがある。
  2. 愛着がつくから、名前をつけるのではない。<br>名前をつけるから、愛着が湧く。
    愛着がつくから、名前をつけるのではない。
    名前をつけるから、愛着が湧く。
  3. 犬と触れ合っていると、運動能力は自然と伸びる。
    犬と触れ合っていると、運動能力は自然と伸びる。
  4. 言葉はなくても、犬とは会話ができる。
    言葉はなくても、犬とは会話ができる。
  5. 犬は、人の喜怒哀楽なら、理解できる。
    犬は、人の喜怒哀楽なら、理解できる。
  6. ペットを飼っている人は、なぜ感情豊かな人が多いのか。
    ペットを飼っている人は、なぜ感情豊かな人が多いのか。
  7. ペットを飼うなら、家族が増えるという覚悟が必要。
    ペットを飼うなら、家族が増えるという覚悟が必要。
  8. ペットとの生活によって、本来の人間らしい生活リズムが整う。
    ペットとの生活によって、本来の人間らしい生活リズムが整う。
  9. 動物は、言葉の意味は理解できないが、印象なら理解できる。
    動物は、言葉の意味は理解できないが、印象なら理解できる。
  10. ペットは飼い主に似るというのは本当の話。
    ペットは飼い主に似るというのは本当の話。
  11. しっぽの振り方だけで、嬉しさの度合いが伝わってくる。
    しっぽの振り方だけで、嬉しさの度合いが伝わってくる。
  12. ペットにかける金額の量で、ペットに対する愛情もわかる。
    ペットにかける金額の量で、ペットに対する愛情もわかる。
  13. 犬の臭覚は、人間の100万倍。
    犬の臭覚は、人間の100万倍。
  14. 餌は、動物と人とを結びつける仲介になる。
    餌は、動物と人とを結びつける仲介になる。
  15. 犬は、顎の下をさすられるのが、一番リラックスする。
    犬は、顎の下をさすられるのが、一番リラックスする。
  16. 頭をなでられるのを嫌がる犬の気持ち。
    頭をなでられるのを嫌がる犬の気持ち。
  17. 触りたくても、触ってはいけない部分がある。
    触りたくても、触ってはいけない部分がある。
  18. 疲れたときこそ、ペットとじゃれ合おう。
    疲れたときこそ、ペットとじゃれ合おう。
  19. ペットと触れていると、純粋な気持ちになれる。
    ペットと触れていると、純粋な気持ちになれる。
  20. 飼い主とペットの関係は、もはや親子関係と同じと言っていい。
    飼い主とペットの関係は、もはや親子関係と同じと言っていい。
  21. 犬を飼っていると、おしゃれに気を使うようになる。
    犬を飼っていると、おしゃれに気を使うようになる。
  22. 犬を飼っているかぎり、足腰は弱らない。
    犬を飼っているかぎり、足腰は弱らない。
  23. 本来、食事は大喜びするもの。
    本来、食事は大喜びするもの。
  24. 犬は、人間よりはるかに虫歯になりにくい。
    犬は、人間よりはるかに虫歯になりにくい。
  25. 犬と一緒に歩けば、当たり前の道に発見があふれかえる。
    犬と一緒に歩けば、当たり前の道に発見があふれかえる。
  26. 犬は悪くない。<br>しつけが悪い。
    犬は悪くない。
    しつけが悪い。
  27. ペットに話しかけているうちに、心のつかえは取れてくる。
    ペットに話しかけているうちに、心のつかえは取れてくる。
  28. 言葉が通じないからこそ、言葉以外のコミュニケーション能力が鍛えられる。
    言葉が通じないからこそ、言葉以外のコミュニケーション能力が鍛えられる。
  29. 本当に困ったとき、犬はきちんと助けてくれる。
    本当に困ったとき、犬はきちんと助けてくれる。
  30. 犬は死ぬ直前、意外な行動に出る。
    犬は死ぬ直前、意外な行動に出る。

同じカテゴリーの作品

3:52

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION