人生の教科書



読み上げ動画・音声
恋愛トラブル
寝る前に、今度好きな人と会ったとき話すネタを考えよう。
夫婦関係
会社を出たタイミングで、家で待つ妻に電話をすればいい。
夫婦関係
夫より、夫の親を大事にする。
就職活動
話を弾ませるはずの相槌が、相手を不快にさせていませんか。

がけたい夫婦円満
30心得

お気に入り2 読んだ
17

何度をするのは、
強調しているというサイン

と会話をしていると、同じ話が何度も出てくることがあります。

たわいない会話なら、何度でも同じ話をしたくなります。

あなたが宝くじで大当たりをすれば、同じ話を何度でもしたくなりますね。

興奮や感動が大きいことは何度でも話したくなりますし、事実、何度でも話をしてしまいます。

妻とたわいない会話をしていると「その話、この前も聞いたよ」という内容があります。

単なる雑談ならいいですが、すべてがそうだとは限りません。

同じ話を繰り返すとはいえ、まれに重要なメッセージが隠されていることがあります。

その言葉の隠れたメッセージに気づいていますか。

 

たとえば「子供の世話が大変」と先週言っていたのに、今週も「子供の世話が大変」と同じことを繰り返します。

「おなかの調子が悪い」という話が先週あり、今週も「おなかの調子が悪い」という話が出ることもあります。

鈍感な人は「その話、この前も聞いたよ」と言って笑って終わらせてしまうでしょう。

「おしゃべりな妻が今日もまた小言を言っている」くらいしか考えません。

同じ話は無視しがちです。

聞いたとしても2回目なので、軽い気持ちで受け止めてしまいがちです。

そうではありません。

男性である夫は、見落としやすい点です。

なぜ、同じ話が何度も出てくるのかを考えてみましょう。

妻としては実のところ、何度も繰り返し言うことで話を強調しようとしています。

分かってもらいたいから、何度も同じ話が出てきます。

そういうサインを出していることに気づいてあげましょう。

「子供の世話が大変」と同じ話を繰り返しているなら「子育てを妻1人にさせないで! あなたも手伝って」という意味です。

妻1人では抱えきれない状態という意味であり、夫なりに妻の手伝いができないか考えます。

「おなかの調子が悪い」という話が何度も出てくるなら、本当に妻のおなかに何か異常があるのかもしれません。

手遅れになってからでは遅いですから、すぐ医者に診てもらいましょう。

同じ話が何度も出るというのは、その状態を「強調」しています。

「改善されない。むしろ悪化しているかもしれない」という状況です。

何度も出てくる話だからこそ、注意深く、夫は真剣に耳を傾ける必要があるのです。

夫が心がけたい夫婦円満の心得 その17

  • 何度てくるに、
    ける

同じカテゴリーの作品