夫婦関係

夫婦円満になる
30の秘訣

  • 恋人関係と夫婦関係は、
    似て非なるもの。
夫婦円満になる30の秘訣

もくじ

恋人関係と夫婦関係は、似て非なるもの。

恋人関係と夫婦関係は、似て非なるもの。

夫婦の関係をお話しする前に、まず大切なことがあります。
結婚する「前」と「後」とでは、男女関係に違いがあるということです。
もちろん一から十までが完全に変わるわけではありませんが、関係が変わります。

夫婦とは、運命共同体である。
協力しながら生きていくという覚悟を持つ。

夫婦とは、運命共同体である。協力しながら生きていくという覚悟を持つ。

夫にも妻にも、夫婦になれば、覚悟が必要です。
独身のころは自分勝手にしていたけれど、これからは協力しなければなりません。
未婚時代は「自分は自分。他人は他人」と思って生きていました。

心配し合いケアし合うのは、夫婦の命綱になる。

心配し合いケアし合うのは、夫婦の命綱になる。

夫婦になるとは、別々ではなく、一緒になるということです。
運命共同体になる意識を、しっかり持つことです。
相手のことは自分に関係してきますし、自分のことは相手にも関係してきます。

趣味は同じでも別々でもいい。
わかち合うことが大切。

趣味は同じでも別々でもいい。わかち合うことが大切。

「趣味は、夫婦同じであるほうがうまくいくか。別々のほうがうまくいくか」
ときどきこういう質問を目にします。
趣味が同じかどうかは、大きな問題ではありません。

自分の大変さを、過大評価していませんか。

自分の大変さを、過大評価していませんか。

自分が一番よく知っているのは、自分についてです。
自分の立場は過大評価しやすく、相手の立場を過小評価しやすくなる傾向があります。
自分が忙しくて大変なときほど、その傾向は強くなります。

お互いの立場を入れ替える機会を、ときどき作る。

お互いの立場を入れ替える機会を、ときどき作る。

夫は夫なりに忙しく、妻は妻なりに忙しい。
お互いに仕事をする場所や、仕事の内容が違うので、その大変さがお互いに理解しにくくなります。
なかなかお互いのことが理解できず、価値観や考え方にずれが生じます。

記念日を大切にするだけで、夫婦の仲は円満になる。

記念日を大切にするだけで、夫婦の仲は円満になる。

夫婦円満の家庭を築くのは、それほど難しいことではありません。
最低限、押さえておくべきポイントがあります。
普段は忙しくて、なかなかお互いのことをケアできなくても「この日だけは!」という点だけはしっかり押さえておきましょう。

朝食と夕食に力を入れる家庭は、円満になる。

朝食と夕食に力を入れる家庭は、円満になる。

平日、夫は会社で仕事、妻は家で家事、子供は学校です。
それぞれが忙しい立場で、なかなか家族全員が集まって話ができる機会が取れません。
しかし、十分に時間は取れなくても、せめて顔を合わせる機会だけでも作ることは大切です。

夫婦間の感謝に、言いすぎるということはない。

夫婦間の感謝に、言いすぎるということはない。

人間は慣れるのが得意です。
新婚生活を始めたばかりのころは、何でも感動します。
夫が仕事へ向かう姿に妻は感動し、夫は妻が作ってくれる食事に感謝します。

感謝の言葉は「ありがとう」だけではない。

感謝の言葉は「ありがとう」だけではない。

夫婦間の感謝に、言いすぎることはありません。
どんなにささいなことでも、きちんと感謝を伝えることが大切です。
さて、ここで、あなたに質問です。

自分のセンスを、相手に押し付けない。

自分のセンスを、相手に押し付けない。

仲を深めようと、自分のセンスを相手に押し付けたりしないようにしましょう。
自分が派手な服が好きだから、パートナーにも同じ服を着させようとします。
自分がクラシック好きだから、パートナーにも同じ曲を聴かせようとします。

「干渉しない時間」を作るほうが、夫婦の仲はよくなる。

「干渉しない時間」を作るほうが、夫婦の仲はよくなる。

夫は妻の行動が気になります。
「今どこで、何をしているのか」
「今日の料理は何か」

いちゃいちゃしている夫婦ほど、仲がいい。

いちゃいちゃしている夫婦ほど、仲がいい。

スキンシップは、物理的に「肌と肌との触れ合い」のことですが、心理学となると別の効果があります。
心理学では「触れた相手に対して温かさや信頼感を抱く」という効果があります。
たとえば、初対面の人と握手をしたときのことを思い出しましょう。

仲がいいから手をつなぐのではない。
手をつなぐから仲がよくなる。

仲がいいから手をつなぐのではない。手をつなぐから仲がよくなる。

夫婦の関係を保つ上で心がけたいのは「手をつなぐこと」です。
手をつなぐことは、代表的なスキンシップの一種です。
夫婦間の関係を保つために必要なことですね。

手をつながなくなるから、手をつなぎにくくなる。

手をつながなくなるから、手をつなぎにくくなる。

仲のいいカップルが歩いているときには、いくつかスキンシップに種類があります。
・肩に手を置く
・腰に手を回す

仲が悪い夫婦は、無視し合う。
仲がいい夫婦は、見つめ合う。

仲が悪い夫婦は、無視し合う。仲がいい夫婦は、見つめ合う。

目に関して、夫婦仲が悪い2人がすることと言えば「目を合わせないこと」です。
「にらみ合う」というケースもありますが、これはまだ救いがあります。
にらみ合っているのは、まだ相手を意識している状態だからです。

かどのない家具に囲まれると、かどのない柔らかい発言が多くなる。

かどのない家具に囲まれると、かどのない柔らかい発言が多くなる。

中華料理店へ食べに行くと、必ず登場するものと言えば何でしょうか。
そうです、あの「丸いテーブル」ですね。
ひときわ大きな丸いテーブルが、印象的だと思いませんか。

まったく喧嘩をしないより、たまには小さな喧嘩をするほうがいい。

まったく喧嘩をしないより、たまには小さな喧嘩をするほうがいい。

仲のいい夫婦は、たまに喧嘩をします。
「え? 喧嘩をするなら、仲が悪いのではないか」
もちろん毎日喧嘩ばかりというのはよくありません。

直接言えるところを、わざわざ間接的に言うから感動する。

直接言えるところを、わざわざ間接的に言うから感動する。

ときどき変わった演出も、夫婦仲にはプラスに働きます。
普段の仲からさらにもう一歩深く踏み込んだ仲にするために、たまにはサプライズがいいでしょう。
ストレートもいいですが、カーブや変化球も味があります。

わかってもらうより、わかってあげる。

わかってもらうより、わかってあげる。

夫婦円満のキーワードは「思い合うこと」です。
「夫は妻を思い、妻は夫を思う」という関係が理想です。
この関係が保たれている間は、夫婦関係が悪くなることはありません。

ルールは秩序を作り、夫婦間の不要なトラブルを防ぐ効果がある。

ルールは秩序を作り、夫婦間の不要なトラブルを防ぐ効果がある。

意見が対立しないためには、あらかじめルールを作ることが大切です。
その場面ごとに決めるのもいいですが、一度決めたらルール化させることです。
ルールが不安定なら、夫も妻も不安定になります。

当番を決めるときの原則は「効率」より「公平さ」。

当番を決めるときの原則は「効率」より「公平さ」。

当番を作るときに大切なのは「公平さ」です。
ここで偏りがあると、夫婦間の亀裂が生まれることがあります。
あなたの家庭では、どう当番を決めていますか。

夫と妻とで意見がわかれたら、じゃんけんで決めるのも悪くない。

夫と妻とで意見がわかれたら、じゃんけんで決めるのも悪くない。

どちらでもいいものに限って、なかなか決められないものです。
決めるときに、あまり深く考えるのも面倒だなと思うこともあるでしょう。
考えるほど、深入りして決断が鈍ります。

相手を卑下した言葉は一切使わない。
あらかじめ決めておけばいい。

相手を卑下した言葉は一切使わない。あらかじめ決めておけばいい。

往々にして大きな喧嘩ほど、小さなことから始まります。
特に喧嘩というのは、言葉遣いが原因で怒ることが多いです。
たった一言で、相手を怒らせてしまうこともあります。

たまには夫婦2人で、特別な場所で食事をしに行く。

たまには夫婦2人で、特別な場所で食事をしに行く。

おいしい食事を口にすると、ほっと緊張が緩みませんか。
緊張を和らげる効果があり、お互いがざっくばらんに話ができる場になるでしょう。
食事には不思議な力があります。

夫も妻も、お小遣いは多めのほうが、夫婦関係がうまくいく。

夫も妻も、お小遣いは多めのほうが、夫婦関係がうまくいく。

家計のために、夫も妻も自由に使えるお小遣いを制限することがあります。
将来のことを考えると、今はできるだけ自由な出費は抑えたいと思うでしょう。
将来は何があるかわからないという不安。

妥協というのは我慢ではない。
パートナーを尊重している証拠である。

妥協というのは我慢ではない。パートナーを尊重している証拠である。

自分の思いどおりに生活ができるのは、独身までです。
独身のころは、お金の使い方、食事の内容、起きる時間から寝る時間まで、何でも自分の思うようにして問題ありません。
自分のお金は自分のものですから、何にどのくらい使おうが、誰からもとがめられることはありませんでした。

夫婦とはいえ、最低限のプライベートは必要。

夫婦とはいえ、最低限のプライベートは必要。

夫婦間では、基本的にオープンになって話をしましょう。
もちろん隠し事はないほうがいいですね。
これはもう基本中の基本です。

セックスが多い夫婦ほど仲がいい。

セックスが多い夫婦ほど仲がいい。

ある調査機関によると「セックスが多い夫婦ほど仲がいい」という調査結果があります。
この調査結果は、多くの人が納得することでしょう。
深い体の関係は、深い心の結びつきになります。

夫は妻の提案を100パーセント受け入れ、妻も夫の提案を100パーセント受け入れてみる。

夫は妻の提案を100パーセント受け入れ、妻も夫の提案を100パーセント受け入れてみる。

夫婦揃って、デパートで洋服を見ているときのことです。
夫は好みの服を見つけました。
「おや、かっこいい服があるなあ」

同じカテゴリーの作品