離婚の危機を回避する
30の方法

5
7

熟年離婚の原因から、
夫婦円満のポイントを探れ!

熟年離婚の原因から、夫婦円満のポイントを探れ! | 離婚の危機を回避する30の方法

「熟年離婚」という言葉を聞いたことがありますか。

長年連れ添った夫婦が、熟年期になり、突然離婚する現象のことを言います。

夫、あるいは妻から、急に離婚の話を持ち出します。

何十年も長く連れ添っているなら、もう絶対離婚なんてあり得ないほど仲がいいだろうと思います。

しかし、そう思うのは早合点です。

熟年離婚で最も多いケースは、実は「喧嘩をしたことがない」というパターンです。

何十年も一緒に暮らしてきて問題なく過ごしている。

にもかかわらず、人生の区切りがついたときに、片方が「離婚します」と離別を申し出ます。

なぜこうなってしまうのでしょうか。

不満がなかったのではありません。

「不満はあったが、言えない環境が続いていたから」です。

離婚に至るケースはさまざまですが、これが最も多いケースです。

たとえば、一般的には「夫は働き、妻は家で家事や子育て」というケースが多いです。

ただし「一般的」であって「絶対」ではありません。

法律で決められているわけでも、義務でもありません。

夫婦がしっかり話し合った上で得られた理解や同意なら、問題ありません。

問題なのは「夫は働くものだ」「妻は家事や子育てをするものだ」という固定観念を、一方的に押し付けたりする場合です。

夫は「妻とは家事や育児をするものだ」と押し付ける。

妻は「夫は、会社で働き、稼ぐものだ」と押し付ける。

夫、あるいは妻が「そうするものだ」と固定をして考えてしまい、型にはめた考えや生き方を強要してしまうことがあります。

そういうことを押し付けてしまうと、関係がぎくしゃくします。

「常識」「一般的」「風習」とは怖いものです。

そうした風習の仲に「男尊女卑」のような差別が含まれているから、なお厄介です。

一昔前では「妻は夫に従うものである」という男尊女卑のケースさえありました。

社会的に広く認知されているので言いやすいし、逆らいにくい。

「そういうものだ」という考えは、実に卑屈です。

男性の中には、家で主夫をしたり子育てをしたりという人もいるでしょう。

妻の中にも、積極的に社会に出て、思いきり働きたい人もいるでしょう。

問答無用でそうした考えを押し付け、言われたほうが言い返せず、ただ従うだけ。

たとえ言い返したくても、子供がいて、世間体などもあり、言い返したくても我慢をしている。

しかも結婚生活が長くなるほど言いたいことが言えない、といった雰囲気が出てきます。

長年のため込んだストレスが、人生の区切りに爆発してしまいます。

「熟年離婚なんて、自分たちには当てはまらない」

他人事だと思わずに、自分たち夫婦にも当てはまるふしがあるのではないか、振り返ってみましょう。

離婚の危機を回避する方法(5)
  • 「そういうものだ」という押し付けた考えは、やめる。
「いつもありがとう」と言い続けているうちは、絶対に悪くならない。

離婚の危機を回避する30の方法
離婚の危機を回避する30の方法

  1. 結婚後、変わり始めているのは、相手ではなく自分かもしれない。
    結婚後、変わり始めているのは、相手ではなく自分かもしれない。
  2. 夫だけが使うものは夫のもの。<br>妻だけが使うものは妻のもの。<br>夫婦が共用するものは夫婦のもの。
    夫だけが使うものは夫のもの。
    妻だけが使うものは妻のもの。
    夫婦が共用するものは夫婦のもの。
  3. 夫婦で共用しようとする意識が薄いと、別居の原因になりかねない。
    夫婦で共用しようとする意識が薄いと、別居の原因になりかねない。
  4. 「してくれて当たり前」という基準でお礼を伝えれば、夫婦関係は必ずうまくいく。
    「してくれて当たり前」という基準でお礼を伝えれば、夫婦関係は必ずうまくいく。
  5. 熟年離婚の原因から、夫婦円満のポイントを探れ!
    熟年離婚の原因から、夫婦円満のポイントを探れ!
  6. 「いつもありがとう」と言い続けているうちは、絶対に悪くならない。
    「いつもありがとう」と言い続けているうちは、絶対に悪くならない。
  7. 部屋の光と色が明るいと、夫婦仲も明るくなる。
    部屋の光と色が明るいと、夫婦仲も明るくなる。
  8. 部屋の雰囲気を劇的に変えるのは「照明・カーテン・じゅうたん」の3つがポイント。
    部屋の雰囲気を劇的に変えるのは「照明・カーテン・じゅうたん」の3つがポイント。
  9. 会話で本当に注意が必要なのは、たった一言。
    会話で本当に注意が必要なのは、たった一言。
  10. 言葉の善しあしは「自分が言われて不快を感じるかどうか」で判断する。
    言葉の善しあしは「自分が言われて不快を感じるかどうか」で判断する。
  11. 口喧嘩をするから早口になるのではない。<br>早口になるから口喧嘩になる。
    口喧嘩をするから早口になるのではない。
    早口になるから口喧嘩になる。
  12. 夫婦仲を改善させようと無理に同行させた結果、逆に夫婦仲が悪くなる矛盾。
    夫婦仲を改善させようと無理に同行させた結果、逆に夫婦仲が悪くなる矛盾。
  13. 集合する時間と場所を決め、別々に行動すれば、自由になれる。
    集合する時間と場所を決め、別々に行動すれば、自由になれる。
  14. ソファーが、夫婦関係を改善させるきっかけになる。
    ソファーが、夫婦関係を改善させるきっかけになる。
  15. マッサージは、さりげなくスキンシップを増やす方法になる。
    マッサージは、さりげなくスキンシップを増やす方法になる。
  16. 嘘の罪は、夫婦だからこそ大きい。<br>1つでも嘘が見つかると、すべてが信用できなくなる。
    嘘の罪は、夫婦だからこそ大きい。
    1つでも嘘が見つかると、すべてが信用できなくなる。
  17. 「夫婦」という2文字にとらわれすぎていませんか。
    「夫婦」という2文字にとらわれすぎていませんか。
  18. 普段から小さな喧嘩をしている夫婦は、別れることはない。
    普段から小さな喧嘩をしている夫婦は、別れることはない。
  19. 違いはあって当然。<br>違いを楽しめることが必要だ。
    違いはあって当然。
    違いを楽しめることが必要だ。
  20. 子供は、反り合っている夫婦のかすがいになる。
    子供は、反り合っている夫婦のかすがいになる。
  21. ペットを飼うと、夫婦仲がよくなる。
    ペットを飼うと、夫婦仲がよくなる。
  22. 「離婚」という言葉は、夫婦間では禁句中の禁句。
    「離婚」という言葉は、夫婦間では禁句中の禁句。
  23. 1人になる時間があるから、一緒にいる時間が充実する。
    1人になる時間があるから、一緒にいる時間が充実する。
  24. 「初心忘るべからず」には、裏の意味がある。
    「初心忘るべからず」には、裏の意味がある。
  25. 家族全員が初心に返ることができるシンプルな方法。
    家族全員が初心に返ることができるシンプルな方法。
  26. 緩みすぎてから何とかしようと思っても、難しい。
    緩みすぎてから何とかしようと思っても、難しい。
  27. 緊張感のあるイベントを作ると、新婚時の気持ちがフラッシュバックされる。
    緊張感のあるイベントを作ると、新婚時の気持ちがフラッシュバックされる。
  28. 心の中で、パートナーと一度離婚する。
    心の中で、パートナーと一度離婚する。
  29. 別居によって、お互いの存在価値を再認識できる可能性がある。
    別居によって、お互いの存在価値を再認識できる可能性がある。
  30. 「よい離婚」も、世の中にはある。
    「よい離婚」も、世の中にはある。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION