離婚の危機を回避する
30の方法

8
5

部屋の雰囲気を劇的に変えるのは
「照明・カーテン・じゅうたん」の3つがポイント。

部屋の雰囲気を劇的に変えるのは「照明・カーテン・じゅうたん」の3つがポイント。 | 離婚の危機を回避する30の方法

喧嘩のない夫婦生活では、明るい部屋がポイントです。

部屋が明るくなることで、パートナーの表情が魅力的に見えるようになります。

妻の作る食事も、よりおいしく感じられるようになります。

そんな部屋の雰囲気を本格的に変えようと思えば、部屋の中のさまざまな家具などを取り換える必要があります。

部屋のものをすべて取り換えるのは、さすがに大げさです。

数多くある部屋の家具をすべて取り換えるのは、経済的にも厳しいですね。

そんなとき、3つの点だけ押さえてさえいれば、部屋の雰囲気は劇的に変わります。

  • 照明
  • カーテン
  • じゅうたん

まずは、部屋の明るさからチェックしてみましょう。

部屋の明るさを左右するのは、照明ですね。

電球や蛍光灯などです。

夫婦が共に過ごすリビングをチェックしてみましょう。

暗い部屋になっていないでしょうか。

暗い部屋にいると、気分まで暗くなります。

リビングが暗いと、相手の表情が不機嫌そうに見え、食卓に並ぶ食事も新鮮さが欠けているように見えます。

そこでワット数の高い電球や蛍光灯などに変えて、明るい部屋を演出してみましょう。

また光の種類も重要です。

光の種類を大きく分けると「白色系」と「暖色系」があります。

おすすめなのは「暖色系」です。

暖色系の部屋にいると、リラックス効果が強くなります。

今度、コーヒーショップやレストランに行く機会があれば、ぜひチェックしてみましょう。

必ず暖色系の電球が使われています。

リラックスしやすい雰囲気は、暖色系の照明がポイントです。

柔らかい色合いが、気持ちをリラックスさせ、話が弾みやすくなります。

続いて、第2と第3のポイントは「カーテン」と「じゅうたん」です。

なぜこの2つなのかというと、部屋の面積を大きく占めるからです。

大きく占めているゆえに、色が暗いとその影響も大きいです。

暗い色のカーテンや冷たい色のじゅうたんになっていませんか。

もちろん個人の趣味として、そうした色もいいですが、夫婦仲の改善にテーマを絞るなら、明るい雰囲気がおすすめです。

もう少し明るい色に変えてみてはいかがでしょうか。

原色のカーテンは少しきついので「パステルカラー」がおすすめです。

パステルピンクのカーテンやパステルオレンジのカーテンを想像してみましょう。

見ているだけで、ぱっと明るくなりますね。

灰色のじゅうたんより、ベージュ色のじゅうたんのほうが、部屋の雰囲気が明るくなります。

この3つを押さえることで、経済的に部屋を劇的に明るく変えることが可能です。

夫婦仲を改善するために「照明・カーテン・じゅうたん」からアプローチしていきましょう。

離婚の危機を回避する方法(8)
  • 照明・カーテン・じゅうたんを、一回り明るいものに取り換える。
会話で本当に注意が必要なのは、たった一言。

離婚の危機を回避する30の方法
離婚の危機を回避する30の方法

  1. 結婚後、変わり始めているのは、相手ではなく自分かもしれない。
    結婚後、変わり始めているのは、相手ではなく自分かもしれない。
  2. 夫だけが使うものは夫のもの。<br>妻だけが使うものは妻のもの。<br>夫婦が共用するものは夫婦のもの。
    夫だけが使うものは夫のもの。
    妻だけが使うものは妻のもの。
    夫婦が共用するものは夫婦のもの。
  3. 夫婦で共用しようとする意識が薄いと、別居の原因になりかねない。
    夫婦で共用しようとする意識が薄いと、別居の原因になりかねない。
  4. 「してくれて当たり前」という基準でお礼を伝えれば、夫婦関係は必ずうまくいく。
    「してくれて当たり前」という基準でお礼を伝えれば、夫婦関係は必ずうまくいく。
  5. 熟年離婚の原因から、夫婦円満のポイントを探れ!
    熟年離婚の原因から、夫婦円満のポイントを探れ!
  6. 「いつもありがとう」と言い続けているうちは、絶対に悪くならない。
    「いつもありがとう」と言い続けているうちは、絶対に悪くならない。
  7. 部屋の光と色が明るいと、夫婦仲も明るくなる。
    部屋の光と色が明るいと、夫婦仲も明るくなる。
  8. 部屋の雰囲気を劇的に変えるのは「照明・カーテン・じゅうたん」の3つがポイント。
    部屋の雰囲気を劇的に変えるのは「照明・カーテン・じゅうたん」の3つがポイント。
  9. 会話で本当に注意が必要なのは、たった一言。
    会話で本当に注意が必要なのは、たった一言。
  10. 言葉の善しあしは「自分が言われて不快を感じるかどうか」で判断する。
    言葉の善しあしは「自分が言われて不快を感じるかどうか」で判断する。
  11. 口喧嘩をするから早口になるのではない。<br>早口になるから口喧嘩になる。
    口喧嘩をするから早口になるのではない。
    早口になるから口喧嘩になる。
  12. 夫婦仲を改善させようと無理に同行させた結果、逆に夫婦仲が悪くなる矛盾。
    夫婦仲を改善させようと無理に同行させた結果、逆に夫婦仲が悪くなる矛盾。
  13. 集合する時間と場所を決め、別々に行動すれば、自由になれる。
    集合する時間と場所を決め、別々に行動すれば、自由になれる。
  14. ソファーが、夫婦関係を改善させるきっかけになる。
    ソファーが、夫婦関係を改善させるきっかけになる。
  15. マッサージは、さりげなくスキンシップを増やす方法になる。
    マッサージは、さりげなくスキンシップを増やす方法になる。
  16. 嘘の罪は、夫婦だからこそ大きい。<br>1つでも嘘が見つかると、すべてが信用できなくなる。
    嘘の罪は、夫婦だからこそ大きい。
    1つでも嘘が見つかると、すべてが信用できなくなる。
  17. 「夫婦」という2文字にとらわれすぎていませんか。
    「夫婦」という2文字にとらわれすぎていませんか。
  18. 普段から小さな喧嘩をしている夫婦は、別れることはない。
    普段から小さな喧嘩をしている夫婦は、別れることはない。
  19. 違いはあって当然。<br>違いを楽しめることが必要だ。
    違いはあって当然。
    違いを楽しめることが必要だ。
  20. 子供は、反り合っている夫婦のかすがいになる。
    子供は、反り合っている夫婦のかすがいになる。
  21. ペットを飼うと、夫婦仲がよくなる。
    ペットを飼うと、夫婦仲がよくなる。
  22. 「離婚」という言葉は、夫婦間では禁句中の禁句。
    「離婚」という言葉は、夫婦間では禁句中の禁句。
  23. 1人になる時間があるから、一緒にいる時間が充実する。
    1人になる時間があるから、一緒にいる時間が充実する。
  24. 「初心忘るべからず」には、裏の意味がある。
    「初心忘るべからず」には、裏の意味がある。
  25. 家族全員が初心に返ることができるシンプルな方法。
    家族全員が初心に返ることができるシンプルな方法。
  26. 緩みすぎてから何とかしようと思っても、難しい。
    緩みすぎてから何とかしようと思っても、難しい。
  27. 緊張感のあるイベントを作ると、新婚時の気持ちがフラッシュバックされる。
    緊張感のあるイベントを作ると、新婚時の気持ちがフラッシュバックされる。
  28. 心の中で、パートナーと一度離婚する。
    心の中で、パートナーと一度離婚する。
  29. 別居によって、お互いの存在価値を再認識できる可能性がある。
    別居によって、お互いの存在価値を再認識できる可能性がある。
  30. 「よい離婚」も、世の中にはある。
    「よい離婚」も、世の中にはある。

同じカテゴリーの作品

3:37

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION