子育て

子供がすくすく育つ
30の言葉

3
17

子供の名前をきちんと呼ぶ。

子供の名前をきちんと呼ぶ。 | 子供がすくすく育つ30の言葉

子供の名前を呼ぶときに、きちんと名前を呼んでいますか。

「おい」や「お前」という呼び方は、乱暴です。

特に家族という打ち解けた仲の場合は、そういう省略した呼び方になってしまいがちです。

子供の立場になって考えてみましょう。

「お前」という呼び方で呼ばれると「軽く見られている」「雑に扱われている」などの印象が伝わってきます。

「家族なのだからそれくらいいいだろう」

「子供だから、軽い呼び方で十分」

「通じる言い方なら、何でもいいだろう」

つい軽く考え、子供のことを「おい」「お前」などと呼んでしまうのかもしれません。

 

しかし、子供は名前を呼んでくれないと不安を感じます。

「親は、なぜ名前を呼んでくれないのだろうか。自分のことが嫌いなのかな」

自分は大切にされていないと誤解します。

小さな子供に対して、ささいなことも軽く考えてしまいがちですが、逆です。

小さな子供は、小さなことに敏感です。

家族同士だからこそ、きちんと名前を呼びます。

相手の名前を呼ぶのは「認める」という行為です。

「タカヒロ」と名前で呼ばれると「タカヒロ」という個人をきちんと尊重していることが感じられます。

「きちんと子供の名前を呼ぶ」

このことができているか、自分をチェックしてみましょう。

自分たち夫婦でつけた名前ですから、愛情を持って呼びましょう。

名前をきちんと呼ぶことで「大切にしているよ」という愛情が子供に伝わるのです。

子供がすくすく育つ言葉(17)
  • 子供の名前を、きちんと呼ぶ。
「将来は何がしたい?」

もくじ
子供がすくすく育つ30の言葉
子供の名前をきちんと呼ぶ。 | 子供がすくすく育つ30の言葉

  1. 「自分の好きな道を選びなさい」
    「自分の好きな道を選びなさい」
  2. 「自分がされたら、どんな気持ちになる?」
    「自分がされたら、どんな気持ちになる?」
  3. 「まず簡単なことから始めましょう」
    「まず簡単なことから始めましょう」
  4. 「簡単だよ」
    「簡単だよ」
  5. 「よく頑張ったね。<br>偉い!」
    「よく頑張ったね。
    偉い!」
  6. 「後悔しない生き方をしなさい」
    「後悔しない生き方をしなさい」
  7. 「(失敗したとき)いい経験をしたね」
    「(失敗したとき)いい経験をしたね」
  8. 「失敗してもいいから、全力を尽くしなさい」
    「失敗してもいいから、全力を尽くしなさい」
  9. 「自分のことは自分でしなさい」
    「自分のことは自分でしなさい」
  10. 「愛しているよ」
    「愛しているよ」
  11. 「お父さんはすごいね」「お母さんはすごいね」
    「お父さんはすごいね」「お母さんはすごいね」
  12. 「いい子だね」
    「いい子だね」
  13. 「人は人。<br>自分は自分」
    「人は人。
    自分は自分」
  14. 「あなたの話を聞かせて」
    「あなたの話を聞かせて」
  15. 「それからどうなったの」
    「それからどうなったの」
  16. 「自信がないときほど、胸を張りなさい」
    「自信がないときほど、胸を張りなさい」
  17. 子供の名前をきちんと呼ぶ。
    子供の名前をきちんと呼ぶ。
  18. 「将来は何がしたい?」
    「将来は何がしたい?」
  19. 「よく我慢したね。<br>偉い!」
    「よく我慢したね。
    偉い!」
  20. 「お礼を言われると、気持ちいいね」
    「お礼を言われると、気持ちいいね」
  21. 「初めからうまくできる人はいない」
    「初めからうまくできる人はいない」
  22. 「たまには休憩もしなさい」
    「たまには休憩もしなさい」
  23. 「もったいない」
    「もったいない」
  24. 「勉強するときは勉強する。<br>遊ぶときは遊ぶ」
    「勉強するときは勉強する。
    遊ぶときは遊ぶ」
  25. 「楽しいね」「嬉しいね」「面白いね」
    「楽しいね」「嬉しいね」「面白いね」
  26. 「なぜそんなことをするの」
    「なぜそんなことをするの」
  27. 「もう少しでうまくいくね」
    「もう少しでうまくいくね」
  28. 「やればできる」
    「やればできる」
  29. 「はきはき話をしましょう」
    「はきはき話をしましょう」
  30. 「お誕生日、おめでとう」
    「お誕生日、おめでとう」

同じカテゴリーの作品