執筆者:水口貴博

子どもがすくすく育つ
30の言葉

23
2

「もったいない」

「もったいない」 | 子どもがすくすく育つ30の言葉

私が子どものころは、電気や水は無限にあるものだと思っていた時期がありました。

スイッチを動かすだけで、電気が点灯する。

蛇口をひねれば、水が出続ける。

それが止まることはありません。

もちろん無限ではありませんが、無限にあるように錯覚していました。

当然ですが「もったいない」という意識もありません。

そのため何でも使い放題にしていました。

まず電気のつけっぱなしです。

スイッチ1つで電気はつくものだと思い、そのために何かが失われることがないと思っています。

電気代のこともきちんと理解していません。

水は出しっぱなしです。

水は、蛇口をひねれば永遠に出続けるものだと思っています。

本当は、水には限りがありますし、使った分だけ水道代もかかっています。

そんなとき、母はいつも「もったいない」と言って叱りました。

ある日、母は「私に見せたいものがある」と言って、家の裏にあるメーターを見せました。

そのメーターとは、電気メーターと水道メーターです。

自分が電気をつけっぱなしにしたり、水を流しっぱなしにしたりしていると、メーターの回転が勢いよくなります。

これは衝撃でした。

自分の使っている量が裏ではきちんと計測されていると、目に見えて実感したからです。

子どもには「節約の大切さ」を教えましょう。

親は子どもに見せたいものが2つあります。

水道を流しっぱなしにしているときなら「水道メーター」と「水道代の明細」です。

電気をつけっぱなしにしているときなら「電気メーター」と「電気代の明細」です。

お金のことだから見せにくいと言っている場合ではありません。

たくさん使うほど、メーターが加算されていくことを、目で見て確認させます。

電気代や水道代の明細書も見せて、使った分だけお金がかかっていること。

そういうことを子どもに伝えてあげましょう。

余裕があれば「電気がどのような仕組みで発電されているのか」を教えてあげましょう。

「水がどのような仕組みで家庭にまでつながっているのか」も教えることができれば、なお結構です。

お金のことだからと言って子どもに隠そうとするから、子どもは感覚が養われず、つい使い放題になってしまいます。

見せることで、おのずから「もったいない」という精神が養われます。

親は事あるごとに「節約意識」を子どもに伝えましょう。

「もったいない」と。

節約のキーワードです。

子どもは「使いすぎてはいけないな。使う分だけ使おう」という節約意識が芽生えてくるのです。

子どもがすくすく育つ言葉(23)
  • 節約意識を持たせる。
「勉強するときは勉強する。
遊ぶときは遊ぶ」

子どもがすくすく育つ30の言葉
子どもがすくすく育つ30の言葉

  1. 「自分の好きな道を選びなさい」
    「自分の好きな道を選びなさい」
  2. 「自分がされたら、どんな気持ちになる?」
    「自分がされたら、どんな気持ちになる?」
  3. 「まず簡単なことから始めましょう」
    「まず簡単なことから始めましょう」
  4. 「簡単だよ」
    「簡単だよ」
  5. 「よく頑張ったね。<br>偉い!」
    「よく頑張ったね。
    偉い!」
  6. 「後悔しない生き方をしなさい」
    「後悔しない生き方をしなさい」
  7. 「(失敗したとき)いい経験をしたね」
    「(失敗したとき)いい経験をしたね」
  8. 「失敗してもいいから、全力を尽くしなさい」
    「失敗してもいいから、全力を尽くしなさい」
  9. 「自分のことは自分でしなさい」
    「自分のことは自分でしなさい」
  10. 「愛しているよ」
    「愛しているよ」
  11. 「お父さんはすごいね」「お母さんはすごいね」
    「お父さんはすごいね」「お母さんはすごいね」
  12. 「いい子だね」
    「いい子だね」
  13. 「人は人。<br>自分は自分」
    「人は人。
    自分は自分」
  14. 「あなたの話を聞かせて」
    「あなたの話を聞かせて」
  15. 「それからどうなったの」
    「それからどうなったの」
  16. 「自信がないときほど、胸を張りなさい」
    「自信がないときほど、胸を張りなさい」
  17. 子どもの名前をきちんと呼ぶ。
    子どもの名前をきちんと呼ぶ。
  18. 「将来は何がしたい?」
    「将来は何がしたい?」
  19. 「よく我慢したね。<br>偉い!」
    「よく我慢したね。
    偉い!」
  20. 「お礼を言われると、気持ちいいね」
    「お礼を言われると、気持ちいいね」
  21. 「初めからうまくできる人はいない」
    「初めからうまくできる人はいない」
  22. 「たまには休憩もしなさい」
    「たまには休憩もしなさい」
  23. 「もったいない」
    「もったいない」
  24. 「勉強するときは勉強する。<br>遊ぶときは遊ぶ」
    「勉強するときは勉強する。
    遊ぶときは遊ぶ」
  25. 「楽しいね」「嬉しいね」「面白いね」
    「楽しいね」「嬉しいね」「面白いね」
  26. 「なぜそんなことをするの」
    「なぜそんなことをするの」
  27. 「もう少しでうまくいくね」
    「もう少しでうまくいくね」
  28. 「やればできる」
    「やればできる」
  29. 「はきはき話をしましょう」
    「はきはき話をしましょう」
  30. 「お誕生日、おめでとう」
    「お誕生日、おめでとう」

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION