人生の教科書



旅行
飛行機内の「無料サービス」という誘惑に、惑わされないこと。
旅行
テーブルの上に1セントだけ置いて帰る客。
その心とは。
独立・起業
チップは、サービスを受ける前に払うほうがいい。
ビジネスマナー
行きつけのクリーニング店では、追加の補修サービスを行っているか。
旅行

海外旅行で心がけたい
30の安全対策

お気に入り0 読んだ
13

親切に勧めてくれるサービスを受ける前に、
必ず確認しておきたいこと。

親切に勧めてくれるサービスを受ける前に、必ず確認しておきたいこと。 | 海外旅行で心がけたい30の安全対策

「サービスです。お1つ、いかがですか」

海外の繁華街や市場などを歩いていると、店員から「試食」のようなサービスで話しかけられることがあります。

「おいしそうだな。ちょっと味見をしてみよう」

手にとって口にすると「お金を払ってください」と請求されることがあります。

これくらい無料だろうと思っていると、大間違いです。

母国で生活している感覚で海外旅行をしていると、思わぬトラブルが発生しやすいのです。

頼んでもいないのに、いきなり写真を撮られて、お金を請求された。

「カメラのシャッターを押してあげます」と言われてお願いしたら、チップを請求された。

飲食店で「こちらのほうが広くて涼しいですよ」と席の移動を勧められたら、有料の座席だった。

現地の人による観光ツアーで「もう少し先へ行ってみませんか。案内しますよ」と勧められたら、オプションの有料コースだった。

無料に違いないと思い込んでいると、後から金額を請求されることがあります。

もしくは、わざと無料のサービスを装った上で勧め、後から強引に金額を請求しようとする悪質なケースもあります。

そんなばかなと思うかもしれませんが、こうしたトラブルは多いのです。

トラブルを避けるためにも、予定外のサービスを受けるときは「有料か、無料か」をきちんと確認しておくようにしましょう。

「無料はどこまで無料か。有料ならいくらなのか」をはっきりさせないと、悪質な場合、法外な金額を請求されることもあります。

尋ねにくい雰囲気があっても、旅の恥はかき捨てましょう。

堂々と確認すべきです。

まとめ

海外旅行で心がけたい安全対策 その13
  • 予定外のサービスを受けるときには「有料か、無料か」を尋ねてからにする。
次のページ >>
海外旅行の多くの場面は、パスポートのコピーで代用できる。

もくじ
(海外旅行で心がけたい30の安全対策)

同じカテゴリーの作品