子育て

幼児がすくすく育つ
30の教育方法(1歳~6歳)

読んだ お気に入り2
27

子育てには休日がない。
大変な子育てだからこそ、
たまにはひと息が必要。

子育てには休日がない。大変な子育てだからこそ、たまにはひと息が必要。 | 幼児がすくすく育つ30の教育方法(1歳~6歳)

よくよく考えてみると、子育てには休日がありません。

会社や学校には休日があっても、子育ては24時間、付きっきりです。

特に小学生に上がるまでの幼い時期は、最も手がかかる時期と言っていいでしょう。

幼い子供は、まだ分別がついていません。

分別がついていないからこそ、大人が考えもしないような思いもよらない動きをします。

ナイフやフォークを遊び道具にしたり、包丁をつかもうとしたり、ビー玉を飲み込もうとしたりします。

まったくもって気の休まる暇がありません。

だからこそ、ストレスがたまりがちになります。

休日がない子育てだからこそ、たまにはひと息が必要です。

時には、子育てに休日を作ってみませんか。

 

たとえば「結婚記念日のディナー」や「気分転換の温泉旅行」などです。

父と母とが出会った結婚記念日くらいは、子育てから解放され、少し豪華にディナーを楽しみたいと思うでしょう。

格式のあるレストランで落ち着いて、食事を楽しみたいと思います。

そういう時間があれば、また子育てを頑張っていこうという気力も湧いてきます。

温泉旅行も同じです。

気分転換に思いきって、温泉に浸かりに少し遠くまで行きたいと思うこともあるでしょう。

日々の雑踏から離れて、まったく違った世界に浸ると、いい気分転換になるはずです。

子育てから解放され、2人でのんびり温泉に浸かれば、ストレスの発散をしたり、英気を養ったりできるはずです。

「子育てが忙しくて、そんな余裕はない」

本来、そういうときこそ、子育ての休日が必要です。

限界に達してから対処をするのではなく、限界になる前に対処をすることです。

むしろそういう時間こそ、子育ての質を高めるために必要です。

心と体に余裕を作ることで、子供と接する態度もよくなります。

子育てをする親にも「子育て休暇」が必要です。

まず頼るべきは、祖父と祖母です。

ほんのわずかな間、祖父や祖母に子供を預かってもらいます。

もちろん何週間も預けるわけではありません。

ほんの1日か2日程度です。

「結婚記念日だから」

「気分転換をしたいから」

きちんとした理由を伝えれば、きっと理解してくれるでしょう。

祖父や祖母がすでに他界して頼れる人がいない場合、近くにある保育所や友達の家族などを頼りにしてみましょう。

もちろん断られることもあるでしょうが、理解してくれるところもあるはずです。

長丁場にわたる子育てです。

ストレスがたまって爆発してからでは、遅いです。

体力や時間に余裕があれば、休暇を作る必要もないですが、余裕がないときには、上手に休暇を作るようにしましょう。

まとめ

幼児がすくすく育つ教育方法(1歳~6歳) その27
  • たまには子育てにも、休暇を作る。
いきなり叱ると、親の言葉が届かなくなる。

もくじ
幼児がすくすく育つ30の教育方法(1歳~6歳)
子育てには休日がない。大変な子育てだからこそ、たまにはひと息が必要。 | 幼児がすくすく育つ30の教育方法(1歳~6歳)

  1. 3つ子の魂が百まで続くのは、本当だった。
  2. 自分の子供に向かって、笑顔で「ありがとう」と言う。
  3. いくら気になるとはいえ、他の子と比べない。
  4. 子供は親に触れているとき、一番安心する。
  5. 子供と話をするときには、大人が子供の目線に合わせて話をする。
  6. 子供の頭は、絶対に叩かない。
    叩くくらいなら、優しく手を握り締める。
  7. お風呂の温度は、大人と子供で感じ方が違う。
  8. 子供は、悪さをしたくて、しているのではない。
  9. 大人のスピードは、子供には速すぎる。
  10. 「まだ分かっていない」という子供を、分かってあげる。
  11. 子供から目を離す時間が、だんだん長くなっていませんか。
  12. 親と子とでは、見える世界が全然違う。
  13. いっぱい愛情を受けた子供ほど、成長が早くなる。
  14. 親がキレやすいと、子供もキレやすくなる。
  15. 親からたくさん話しかけられた子供は、言語の習得が早くなる。
  16. 「悪いことをしてはいけません」という教え方だけでは、幼い子供は納得できない。
  17. 子育てにはチームワークが必要だ。
  18. 子供の話をたっぷり聞いてあげられる親になる。
  19. 子供はお手伝いによって、成長する。
  20. 子供と一緒に家事をしながら、説明したり質問したりする。
  21. 「しなさい・してはいけません」より「嬉しい・悲しい」で教育する。
  22. 子供は子供として、日々学ぶ。
    親も親として、日々学ぶ。
  23. 肉声による昔話には、想像力を高める効果がある。
  24. 子供の喧嘩は事情を聞くだけで、解決する。
  25. 子供が甘えてこないからと言って、そっとしてほしいとは限らない。
  26. 祖父や祖母に頼ったほうが、子育ての質は格段によくなる。
  27. 子育てには休日がない。
    大変な子育てだからこそ、たまにはひと息が必要。
  28. いきなり叱ると、親の言葉が届かなくなる。
  29. 兄弟・姉妹に対して、平等に接すること。
  30. 手がかからない子になり始めたときこそ、注意せよ。

同じカテゴリーの作品