子育て
大人のスピードは、子供には速すぎる。
子育て
子供と話をするときには、大人が子供の目線に合わせて話をする。
子育て
子供の喧嘩は事情を聞くだけで、解決する。
子育て
子供を笑わせるときは、親も子供に戻る時間。
子育て

幼児がすくすく育つ
30の教育方法(1歳~6歳)

読んだ お気に入り3
7

お風呂の温度は、
大人と子供で感じ方が違う。

お風呂の温度は、大人と子供で感じ方が違う。 | 幼児がすくすく育つ30の教育方法(1歳~6歳)

ある日、銭湯に行ったときのことです。

3歳くらいの小さな男の子とお父さんの2人がいました。

子供はお父さんと一緒にお風呂に入ろうとしますが、お湯に手を入れるやいなや「熱い!」と言って嫌がっていました。

お父さんは「熱くないよ。大丈夫だよ」と言います。

 

しかし、子供は熱さを嫌がって、入ろうとしません。

親は仕方なく、抱きかかえて無理やり入れようとしていました。

子供は眉間にしわを寄せ、我慢をしながら入っている様子でした。

それを見て、私は「ちょっと違うなあ」と思いました。

大人は、あることをすっかり忘れています。

子供の皮膚の薄さです。

そもそも大人と子供とでは、温度の感じ方が全然違います。

大人より子供のほうが圧倒的に皮膚が薄いので、大人以上に熱く感じてしまいます。

大人にとってちょうどいいと感じる温度でも、子供には、やけどをするような温度に感じます。

この温度の感じ方の違いに気づくことです。

これに気づかずに、無理やりお風呂に入れさせようとするから、子供は「お風呂嫌い」になります。

お風呂に入るのが苦痛になれば、嫌がるのは当然ですね。

子供と一緒にお風呂に入るときには、大人が感じる温度ではなく、子供にとってちょうどいいと感じる温度にしましょう。

子供にとってちょうどいい温度は、大人にはぬるま湯です。

「これでは、体が温まらない」と思いますが、半身浴をする気持ちになりましょう。

半身浴で、子供とのんびりバスタイムをくつろぐくらいの余裕を持ちましょう。

子供と一緒にお風呂の時間をゆっくり過ごすことができると、前向きに考えるくらいでいいのです。

まとめ

幼児がすくすく育つ教育方法(1歳~6歳) その7
  • お風呂は、子供に合わせてぬるま湯に設定する。
子供は、悪さをしたくて、しているのではない。

もくじ
幼児がすくすく育つ30の教育方法(1歳~6歳)
お風呂の温度は、大人と子供で感じ方が違う。 | 幼児がすくすく育つ30の教育方法(1歳~6歳)

  1. 3つ子の魂が百まで続くのは、本当だった。
  2. 自分の子供に向かって、笑顔で「ありがとう」と言う。
  3. いくら気になるとはいえ、他の子と比べない。
  4. 子供は親に触れているとき、一番安心する。
  5. 子供と話をするときには、大人が子供の目線に合わせて話をする。
  6. 子供の頭は、絶対に叩かない。
    叩くくらいなら、優しく手を握り締める。
  7. お風呂の温度は、大人と子供で感じ方が違う。
  8. 子供は、悪さをしたくて、しているのではない。
  9. 大人のスピードは、子供には速すぎる。
  10. 「まだ分かっていない」という子供を、分かってあげる。
  11. 子供から目を離す時間が、だんだん長くなっていませんか。
  12. 親と子とでは、見える世界が全然違う。
  13. いっぱい愛情を受けた子供ほど、成長が早くなる。
  14. 親がキレやすいと、子供もキレやすくなる。
  15. 親からたくさん話しかけられた子供は、言語の習得が早くなる。
  16. 「悪いことをしてはいけません」という教え方だけでは、幼い子供は納得できない。
  17. 子育てにはチームワークが必要だ。
  18. 子供の話をたっぷり聞いてあげられる親になる。
  19. 子供はお手伝いによって、成長する。
  20. 子供と一緒に家事をしながら、説明したり質問したりする。
  21. 「しなさい・してはいけません」より「嬉しい・悲しい」で教育する。
  22. 子供は子供として、日々学ぶ。
    親も親として、日々学ぶ。
  23. 肉声による昔話には、想像力を高める効果がある。
  24. 子供の喧嘩は事情を聞くだけで、解決する。
  25. 子供が甘えてこないからと言って、そっとしてほしいとは限らない。
  26. 祖父や祖母に頼ったほうが、子育ての質は格段によくなる。
  27. 子育てには休日がない。
    大変な子育てだからこそ、たまにはひと息が必要。
  28. いきなり叱ると、親の言葉が届かなくなる。
  29. 兄弟・姉妹に対して、平等に接すること。
  30. 手がかからない子になり始めたときこそ、注意せよ。

同じカテゴリーの作品