人生の教科書



心の健康
「頑張ろう」という気持ちが、空回りしていないか。
心の健康
1人になる時間で、自問自答の時間を作ろう。
プラス思考
自信とは、小さな成功体験を積み上げてできるもの。
心の健康
輝く人とは、発光体になっている人のこと。
心の健康

心の健康を保つ
30の方法

お気に入り14 読んだ
23

最年少の自慢より、
最高齢の自慢をしよう。

最年少の自慢より、最高齢の自慢をしよう。 | 心の健康を保つ30の方法

世間の注目を集めるのは「最年少」です。

最年少受賞者。

最年少金メダリスト。

最年少達成者。

いかに若くして達成できたかは、たしかに素晴らしいことです。

称賛に値します。

その風潮に流されてか、私たちは「最年少」を目指そうとしてしまいます。

年老いた人は「もう自分はそんな年ではないから」と、若い日に追いかけていた夢を、早々に諦めてしまいます。

 

しかし、あらためて考えてみましょう。

「最年少達成」と「最高齢達成」を比べた場合、圧倒的に実現が難しいのは「最高齢」のほうです。

若い人は、誰でも体力も記憶力もあり、体も健康ですから、夢も達成しやすいです。

 

しかし、年を重ねるにつれて、体力や記憶力が衰え、夢の達成が難しくなります。

最高齢で達成した人は、体力の維持、記憶力の鍛錬、知識と知恵の積み重ね、やる気の継続に成功した人です。

はるかに、難しいことです。

そこで、本当の差ができます。

「最年少」になろうとするのではなく「最高齢」で注目を浴びるようにします。

早く成功しようと考えるのではなく、大器晩成しようと考えます。

若い人は、最年少を目指そうとしますが、最高齢で達成したほうが、人々に感動を与えます。

「いかに長く続けるか」を考えるようにしましょう。

自分が80歳になっても続けることができるかと、考えましょう。

それほどの情熱が自分にはあるのかと、問います。

事実、最高齢で夢を達成する人が「太さ」や「強さ」があります。

長年、夢を忘れることなく、いちずになって追いかけていくのは、本当に好きではないとできないことです。

その夢をいかに最高齢で達成するかです。

  • 「こんな年で、まだこういうことをやっている」

  • 「こんな年でこういうことを考えているのは、自分しかいない」

そういうことをしましょう。

若さがゆえの力もあります。

 

しかし、老いるからこそ、得られる力もあります。

最年少だけが素晴らしいのではなく、最高齢での達成は、それ以上に素晴らしいのです。

最年少の自慢より、最高齢の自慢をしましょう。

まとめ

心の健康を保つ方法 その23
  • 最高齢達成を目指す。
自分探しは、今いる場所で見つける。

もくじ
(心の健康を保つ30の方法)

同じカテゴリーの作品