人生の教科書



プラス思考
忙しいときの表情が、あなたの未来を決める。
勉強法
食欲に素直になって行動するから、頭の回転が速くなる。
情報力
読書をして共感できたとき、潜在的思考が表面化する。
会話
説得は、午前10時前にしよう。
情報力

本を読む力が強くなる
30の方法

お気に入り24 読んだ
27

忙しいときほど、
読書をする絶好のチャンス。

忙しいときほど、読書をする絶好のチャンス。 | 本を読む力が強くなる30の方法

私がアメリカに留学していたころ、面白い光景があったのでご紹介します。

24時間のフィットネスクラブに通っていたときのことです。

仕事帰りのビジネスマンが、ウォーキングマシンでランニングをしながら読書をしている光景を目にしたことがあります。

忙しい仕事があったというのに、帰りにフィットネスへ行き、体の管理をするところまではいいのです。

さらに加えて、読書をしていたという光景に驚きました。

ウォーキングマシンに乗って読書をしている人が、意外に多くて印象的でした。

事実、アメリカのエグゼクティブほど、自分が忙しいときを利用して読書をしています。

読書をするなら、時間があるときより忙しいときのほうが効果的です。

頭の回転が速くなっているからです。

忙しい仕事をしているときは、一種の興奮状態になり、頭の回転が速く回っています。

頭の回転が速くなっている状態を利用して読書をすれば、いつもより速く読むことができ、吸収力がよくなります。

「仕事を頼むときは忙しい人に頼め」という言葉があります。

原理原則は同じです。

忙しい人ほど、リズムに乗って頭の回転が速くなっているので、仕事をお願いしたほうが短時間で処理してくれます。

暇な人は時間があっても、頭の回転が遅くなっているので、お願いしてもなかなか処理してくれません。

動き始めるまでに時間がかかる新幹線と同じです。

すでに動いている人にお願いしたほうが速い。

あなたは、読書は時間があるときにしようと思っているのではないでしょうか。

忙しくて時間がないときほど、読書のベストタイミング。

すでに頭の回転が速く回っていますから、そういうときこそ読書をする絶好のチャンスです。

まとめ

本を読む力が強くなる方法 その27
  • 忙しいときほど、読書をする。
次のページ >>
気に入ったキーワード・キーフレーズが1つでもあれば、買う価値はある。

もくじ
(本を読む力が強くなる30の方法)

同じカテゴリーの作品