本を読む力が強くなる
30の方法

26
15

読書の達人は、
1ページ目から読まない。
目次から読み始める。

読書の達人は、1ページ目から読まない。目次から読み始める。 | 本を読む力が強くなる30の方法

あなたは本を読み始めたとき、まずどのページから読み始めていますか。

おそらく大半の人が、こう答えることでしょう。

「1ページ目から読んでいる」

私も昔、そうでした。

1ページ目から順番に読んでいました。

しかし、こういう読書をしていると、疲れませんか。

真面目に思えるこの読み方は、実は損が大きい読み方です。

読書の達人は、1ページからは読みません。

読書の吸収力を高めるには、興味関心を軸に読み進めることです。

1冊の本とはいえ、興味のある部分と、そうでない部分があります。

本の初めから真面目に読み進めていくのではなく、興味関心のあるページからいきなり読み始めるほうが吸収力がよくなります。

これは、私が実際に何度も試し、その効果を体感しています。

では、興味関心のあるページを見つけるためにはどうすればいいのか。

シンプルな方法があります。

まず「目次」を読めばいい。

目次を眺めて「気になるな。面白そうだな」という項目を見つけます。

そのページへ飛んで、読んでいくと読書の効果が高くなります。

貧乏性の抜けない人は、読書を最初から真面目に読み進めていこうとします。

ダメとは言いません。

しかし、そういう人に限って、一字一句丁寧に読もうとします。

するとどうなるでしょうか。

疲れやすくなり、吸収力が悪くなるのです。

人間はロボットのように、すべてを完璧に吸収できるわけではありません。

興味関心のないところまで読むことになりますから、本当に大切な部分に差し掛かったときに、頭に入りにくくなります。

結果として、読書の効果が薄くなります。

貧乏性の抜けない人は、せっかく本代を払ったんだから、しっかり元を取ろうとして、全文章すべてをしっかり読もうとします。

一字一句逃さないように、凝視します。

しかし、その読み方のほうが、実際は損が大きいです。

全部を読み切らないと、元が取れないわけではありません。

本の中で、1つでも自分の人生を変える部分があれば、それで十分に元は取れています。

そういう部分を見つけるために、まず目次を見て、興味関心のあるところからいきなり読み始めるのです。

本を読む力が強くなる方法(26)
  • まず、目次から読み始める。
忙しいときほど、読書をする絶好のチャンス。

本を読む力が強くなる30の方法
本を読む力が強くなる30の方法

  1. 興味のある本から読まないと、眠くなる。
    興味のある本から読まないと、眠くなる。
  2. 買ってきた日に読み始めるのが、読書のマナー。
    買ってきた日に読み始めるのが、読書のマナー。
  3. あなたが読みたい本だけ買えばいい。
    あなたが読みたい本だけ買えばいい。
  4. 気になる部分は、蛍光ペンでラインを引く。
    気になる部分は、蛍光ペンでラインを引く。
  5. 蛍光ペンで線を引くときは、3種類の色を活用しよう。
    蛍光ペンで線を引くときは、3種類の色を活用しよう。
  6. ラインが引くのが面倒なときは、ページを破って抜き出そう。
    ラインが引くのが面倒なときは、ページを破って抜き出そう。
  7. 初めから読み始める必要はない。<br>気になるところから読み始めていい。
    初めから読み始める必要はない。
    気になるところから読み始めていい。
  8. 初めから読まないと理解できない本は、内容も大したことがない。
    初めから読まないと理解できない本は、内容も大したことがない。
  9. 自分のお金で本を買うから、自分のためになる。
    自分のお金で本を買うから、自分のためになる。
  10. 社会的に弱い人は、お金も時間もない。<br>そういう人のために、無料にしている。
    社会的に弱い人は、お金も時間もない。
    そういう人のために、無料にしている。
  11. 無理をして、本を最後まで読み切る必要はない。
    無理をして、本を最後まで読み切る必要はない。
  12. 読書をして共感できたとき、潜在的思考が表面化する。
    読書をして共感できたとき、潜在的思考が表面化する。
  13. 読書とは、言葉探しだ。
    読書とは、言葉探しだ。
  14. 待ち時間に本を読む習慣があれば、待つことが嬉しくなる。
    待ち時間に本を読む習慣があれば、待つことが嬉しくなる。
  15. 気に入った著者の全作品を読もう。
    気に入った著者の全作品を読もう。
  16. 文字が大きな本ほど、得るものは大きい。
    文字が大きな本ほど、得るものは大きい。
  17. 本を読むのは、知識を得るためではない。<br>意識を変えること。
    本を読むのは、知識を得るためではない。
    意識を変えること。
  18. 本を買って読むのは「消費」ではなく「自己投資」だ。
    本を買って読むのは「消費」ではなく「自己投資」だ。
  19. 海外旅行ほど、待ち時間の多い旅はない。
    海外旅行ほど、待ち時間の多い旅はない。
  20. 本は、借りるより買うほうが、身につきやすい。
    本は、借りるより買うほうが、身につきやすい。
  21. 本で読んだことを現実で活用して、初めて「わかった」と言える。
    本で読んだことを現実で活用して、初めて「わかった」と言える。
  22. 読書は、座ってするものとは限らない。<br>読書は、歩きながらできる。
    読書は、座ってするものとは限らない。
    読書は、歩きながらできる。
  23. 古典には「普遍的内容」が含まれている。
    古典には「普遍的内容」が含まれている。
  24. 読書はすべて、一期一会。
    読書はすべて、一期一会。
  25. 読書の魅力は、連鎖させていくこと。
    読書の魅力は、連鎖させていくこと。
  26. 読書の達人は、1ページ目から読まない。<br>目次から読み始める。
    読書の達人は、1ページ目から読まない。
    目次から読み始める。
  27. 忙しいときほど、読書をする絶好のチャンス。
    忙しいときほど、読書をする絶好のチャンス。
  28. 気に入ったキーワード・キーフレーズが1つでもあれば、買う価値はある。
    気に入ったキーワード・キーフレーズが1つでもあれば、買う価値はある。
  29. 下克上を実現する一番の近道は、読書。
    下克上を実現する一番の近道は、読書。
  30. 読書(インプット)→経験(消化)→教える(アウトプット)。
    読書(インプット)→経験(消化)→教える(アウトプット)。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION