情報力

本を読む力が強くなる
30の方法

13
7

初めから読み始める必要はない。
気になるところから読み始めていい。

初めから読み始める必要はない。気になるところから読み始めていい。 | 本を読む力が強くなる30の方法

真面目な人は、読書をするときに、最初の1ページ目から順番にめくって読んでいきます。

生真面目な人は「最初から1ページずつ読まないといけない」という意識があります。

 

たしかに読書は読書です。

間違ってはいません。

 

しかし、最初のページが一番面白い内容とは限りません。

途中にあるかもしれませんし、最後のページにあるかもしれません。

興味のあるところから、いきなり読んでいいし、そのほうが身につきやすくなります。

歴史の教科書を、初めから真面目に読み始める人は、最後のほうでは息切れしてしまいます。

ちなみに私も、歴史の教科書を最初のページから読み始める人間でした。

私が受験勉強で失敗した原因の1つです。

はじめのページから順番に取り組んでしまったことで、長続きせず、興味や関心が冷めてしまったのです。

今思えば、歴史を苦手にさせる原因でした。

縄文・弥生時代は歴史の授業では、出題率が低いところです。

そのうえ、あまり面白くありません。

歴史の勉強で面白くなるのは、戦国時代や幕末のころです。

歴史がひっくり返る場面です。

またこういうところこそ、テストでも出題率が高くなります。

日常会話でも、この時代の話は頻繁に出てきます。

面白いところから、いきなりページを読み進めたほうがいい。

もし、歴史の本を1ページ目から順番に読み始めると、だんだん疲れてきます。

面白い部分にたどり着く前に、教科書を投げてしまいます。

はじめの1ページ目から真面目に読んでいく人に限って、本の最後のほうでは疲れ、大事なところを見落としてしまいます。

私の場合、そういう失敗を何度もしてきたので、よくわかります。

興味のあるところ、関心のあるところ、面白そうなページを開いて、いきなり読み始めましょう。

読書をするときには、まず目次を見ます。

面白そうだなという項目から、読んでいけばいいのです。

最初から順番に読むのではありません。

初めから順番に読まなければいけないというルールはないし、気にしなくていい。

面白そうなところから、いきなり読めばいいのです。

こういう読み方は、一見効率が悪そうですが、やってみると意外に吸収率が高いことに気づきます。

注意や関心が、焦点に合っているからです。

いきなり途中からでも、内容はわかるものです。

むしろ読書が長続きします。

歴史の勉強で成功する人は、歴史の面白いところからいきなり読み始める人なのです。

本を読む力が強くなる方法(7)
  • 関心のあるところから、いきなり読み始める。
初めから読まないと理解できない本は、内容も大したことがない。

もくじ
本を読む力が強くなる30の方法
初めから読み始める必要はない。気になるところから読み始めていい。 | 本を読む力が強くなる30の方法

  1. 興味のある本から読まないと、眠くなる。
    興味のある本から読まないと、眠くなる。
  2. 買ってきた日に読み始めるのが、読書のマナー。
    買ってきた日に読み始めるのが、読書のマナー。
  3. あなたが読みたい本だけ買えばいい。
    あなたが読みたい本だけ買えばいい。
  4. 気になる部分は、蛍光ペンでラインを引く。
    気になる部分は、蛍光ペンでラインを引く。
  5. 蛍光ペンで線を引くときは、3種類の色を活用しよう。
    蛍光ペンで線を引くときは、3種類の色を活用しよう。
  6. ラインが引くのが面倒なときは、ページを破って抜き出そう。
    ラインが引くのが面倒なときは、ページを破って抜き出そう。
  7. 初めから読み始める必要はない。<br>気になるところから読み始めていい。
    初めから読み始める必要はない。
    気になるところから読み始めていい。
  8. 初めから読まないと理解できない本は、内容も大したことがない。
    初めから読まないと理解できない本は、内容も大したことがない。
  9. 自分のお金で本を買うから、自分のためになる。
    自分のお金で本を買うから、自分のためになる。
  10. 社会的に弱い人は、お金も時間もない。<br>そういう人のために、無料にしている。
    社会的に弱い人は、お金も時間もない。
    そういう人のために、無料にしている。
  11. 無理をして、本を最後まで読み切る必要はない。
    無理をして、本を最後まで読み切る必要はない。
  12. 読書をして共感できたとき、潜在的思考が表面化する。
    読書をして共感できたとき、潜在的思考が表面化する。
  13. 読書とは、言葉探しだ。
    読書とは、言葉探しだ。
  14. 待ち時間に本を読む習慣があれば、待つことが嬉しくなる。
    待ち時間に本を読む習慣があれば、待つことが嬉しくなる。
  15. 気に入った著者の全作品を読もう。
    気に入った著者の全作品を読もう。
  16. 文字が大きな本ほど、得るものは大きい。
    文字が大きな本ほど、得るものは大きい。
  17. 本を読むのは、知識を得るためではない。<br>意識を変えること。
    本を読むのは、知識を得るためではない。
    意識を変えること。
  18. 本を買って読むのは「消費」ではなく「自己投資」だ。
    本を買って読むのは「消費」ではなく「自己投資」だ。
  19. 海外旅行ほど、待ち時間の多い旅はない。
    海外旅行ほど、待ち時間の多い旅はない。
  20. 本は、借りるより買うほうが、身につきやすい。
    本は、借りるより買うほうが、身につきやすい。
  21. 本で読んだことを現実で活用して、初めて「わかった」と言える。
    本で読んだことを現実で活用して、初めて「わかった」と言える。
  22. 読書は、座ってするものとは限らない。<br>読書は、歩きながらできる。
    読書は、座ってするものとは限らない。
    読書は、歩きながらできる。
  23. 古典には「普遍的内容」が含まれている。
    古典には「普遍的内容」が含まれている。
  24. 読書はすべて、一期一会。
    読書はすべて、一期一会。
  25. 読書の魅力は、連鎖させていくこと。
    読書の魅力は、連鎖させていくこと。
  26. 読書の達人は、1ページ目から読まない。<br>目次から読み始める。
    読書の達人は、1ページ目から読まない。
    目次から読み始める。
  27. 忙しいときほど、読書をする絶好のチャンス。
    忙しいときほど、読書をする絶好のチャンス。
  28. 気に入ったキーワード・キーフレーズが1つでもあれば、買う価値はある。
    気に入ったキーワード・キーフレーズが1つでもあれば、買う価値はある。
  29. 下克上を実現する一番の近道は、読書。
    下克上を実現する一番の近道は、読書。
  30. 読書(インプット)→経験(消化)→教える(アウトプット)。
    読書(インプット)→経験(消化)→教える(アウトプット)。

同じカテゴリーの作品