本を読む力が強くなる
30の方法

22
14

読書は、
座ってするものとは限らない。
読書は、
歩きながらできる。

読書は、座ってするものとは限らない。読書は、歩きながらできる。 | 本を読む力が強くなる30の方法

読書をするのは「目」だけとは限りません。

「耳」でも、読書ができます。

これを知っている、あるいはすでにしている人は、読書の方法に工夫を凝らしています。

読書が大好きな人は、ある日「耳で読書ができないか」と考えるようになります。

私がアメリカに留学していたころ「オーディオブック」と言われる、本を音声化したテープが多数販売されていました。

ロングセラーやベストセラーになっている本は、たいてい、本を音声化したオーディオブックがあります。

日本では、まだ一般的ではないようですが、これは画期的な方法です。

「耳は、目より疲れにくい」という特徴があります。

「目が疲れた」とは普段からよく言いますが「耳が疲れた」とはなかなか聞きません。

それほど、耳は疲れにくいということです。

文章を読むときには目で追って読んでいく作業が必要ですが、耳で聞く場合は、声を聞くだけですからストレスが小さくて済みます。

耳を使って読書をすれば、効率よく本を読めます。

私は、もちろん目で読書をしますが、実は耳でも、よく読書をします。

特に古典なら、豊富にオーディオブックが用意されています。

芥川龍之介あくたがわりゅうのすけ、夏目漱石そうせき、小林多喜二を始め、有名な作家。

また海外の人物でいえば、シェークスピア、ドストエフスキー、カフカなどです。

こうした古い作品でありながら、時代を超えて語り継がれている作品は、オーディオブックが豊富に用意されています。

ぜひ活用しましょう。

耳で聞くことができる読書法なら、難しい内容や数百ページにも及ぶ作品でも、楽に理解していけます。

ちなみに私は、会社まで散歩をして出社していますが、その間にオーディオブックを聞きながら読書しています。

運動になり、かつ、勉強にもなるという一石二鳥です。

読書は椅子に座ってするものという、固定観念をなくしましょう。

実は、読書は、歩きながらできるのです。

この方法を使えば、あなたの読書数は、飛躍的に伸びていきます。

本を読む力が強くなる方法(22)
  • 耳を使って、読書する。
古典には「普遍的内容」が含まれている。

本を読む力が強くなる30の方法
本を読む力が強くなる30の方法

  1. 興味のある本から読まないと、眠くなる。
    興味のある本から読まないと、眠くなる。
  2. 買ってきた日に読み始めるのが、読書のマナー。
    買ってきた日に読み始めるのが、読書のマナー。
  3. あなたが読みたい本だけ買えばいい。
    あなたが読みたい本だけ買えばいい。
  4. 気になる部分は、蛍光ペンでラインを引く。
    気になる部分は、蛍光ペンでラインを引く。
  5. 蛍光ペンで線を引くときは、3種類の色を活用しよう。
    蛍光ペンで線を引くときは、3種類の色を活用しよう。
  6. ラインが引くのが面倒なときは、ページを破って抜き出そう。
    ラインが引くのが面倒なときは、ページを破って抜き出そう。
  7. 初めから読み始める必要はない。<br>気になるところから読み始めていい。
    初めから読み始める必要はない。
    気になるところから読み始めていい。
  8. 初めから読まないと理解できない本は、内容も大したことがない。
    初めから読まないと理解できない本は、内容も大したことがない。
  9. 自分のお金で本を買うから、自分のためになる。
    自分のお金で本を買うから、自分のためになる。
  10. 社会的に弱い人は、お金も時間もない。<br>そういう人のために、無料にしている。
    社会的に弱い人は、お金も時間もない。
    そういう人のために、無料にしている。
  11. 無理をして、本を最後まで読み切る必要はない。
    無理をして、本を最後まで読み切る必要はない。
  12. 読書をして共感できたとき、潜在的思考が表面化する。
    読書をして共感できたとき、潜在的思考が表面化する。
  13. 読書とは、言葉探しだ。
    読書とは、言葉探しだ。
  14. 待ち時間に本を読む習慣があれば、待つことが嬉しくなる。
    待ち時間に本を読む習慣があれば、待つことが嬉しくなる。
  15. 気に入った著者の全作品を読もう。
    気に入った著者の全作品を読もう。
  16. 文字が大きな本ほど、得るものは大きい。
    文字が大きな本ほど、得るものは大きい。
  17. 本を読むのは、知識を得るためではない。<br>意識を変えること。
    本を読むのは、知識を得るためではない。
    意識を変えること。
  18. 本を買って読むのは「消費」ではなく「自己投資」だ。
    本を買って読むのは「消費」ではなく「自己投資」だ。
  19. 海外旅行ほど、待ち時間の多い旅はない。
    海外旅行ほど、待ち時間の多い旅はない。
  20. 本は、借りるより買うほうが、身につきやすい。
    本は、借りるより買うほうが、身につきやすい。
  21. 本で読んだことを現実で活用して、初めて「わかった」と言える。
    本で読んだことを現実で活用して、初めて「わかった」と言える。
  22. 読書は、座ってするものとは限らない。<br>読書は、歩きながらできる。
    読書は、座ってするものとは限らない。
    読書は、歩きながらできる。
  23. 古典には「普遍的内容」が含まれている。
    古典には「普遍的内容」が含まれている。
  24. 読書はすべて、一期一会。
    読書はすべて、一期一会。
  25. 読書の魅力は、連鎖させていくこと。
    読書の魅力は、連鎖させていくこと。
  26. 読書の達人は、1ページ目から読まない。<br>目次から読み始める。
    読書の達人は、1ページ目から読まない。
    目次から読み始める。
  27. 忙しいときほど、読書をする絶好のチャンス。
    忙しいときほど、読書をする絶好のチャンス。
  28. 気に入ったキーワード・キーフレーズが1つでもあれば、買う価値はある。
    気に入ったキーワード・キーフレーズが1つでもあれば、買う価値はある。
  29. 下克上を実現する一番の近道は、読書。
    下克上を実現する一番の近道は、読書。
  30. 読書(インプット)→経験(消化)→教える(アウトプット)。
    読書(インプット)→経験(消化)→教える(アウトプット)。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION