本を読む力が強くなる
30の方法

29
40

下克上を実現する一番の近道は、
読書。

下克上を実現する一番の近道は、読書。 | 本を読む力が強くなる30の方法

昔は、封建制度で身分や階級の違いがありました。

下級から上級へい上がるのは、制度が邪魔をして、難しいことでした。

ましてや、上下が逆転する事態は、歴史の教科書に出てくるほどまれでした。

いわゆる、下克上です。

下克上とは、下の者が、上の者をしのぎ倒すことです。

下克上の代表例は、豊臣秀吉やナポレオンが有名です。

豊臣秀吉は、農民という低い身分であるにもかかわらず、日本の天下を勝ち取りました。

ナポレオンは、一般人という身分であるにもかかわらず、将軍になります。

下克上は、今の時代のほうが、実現しやすい環境が整っています。

昔は、身分の違いにより、誰でも自由に勉強できる状態ではありませんでした。

図書館はありませんでした。

本があっても、階級の高い人間しか手にする機会がありませんでした。

しかし、明治維新後、学問の自由が広がりました。

「勉強すれば、人生は豊かになる。権力や階級は関係ないんだ。誰にでも豊かになれるチャンスがある。本を読んで勉強しよう」

これは、福沢諭吉の著書『学問のススメ』のお話です。

私たちは今、誰でも自由に本を読めます。

古本屋では格安で本が売られ、図書館へ行けば、無料で本を読めます。

身分、性別、国籍、お金は関係ありません。

個人が、どれだけやる気になっているかどうかの問題です。

これほど下克上ができる時代はありません。

知識、知恵、賢さを身につければ、小から大を生むことができます。

私たちは、今、誰でも大金持ちになるチャンスがあります。

チャンスは、まず読書することで、つかむのです。

下克上のチャンスが目の前にあるにもかかわらず「本はいつでも読めるから」という理由で、後回しにしていませんか。

自分が豊かになるチャンスを、どこか遠くへ求めていないでしょうか。

本当は、もっと近くにあるのです。

本を読む力が強くなる方法(29)
  • 本を読んで、お金持ちになる。
読書(インプット)→経験(消化)→教える(アウトプット)。

本を読む力が強くなる30の方法
本を読む力が強くなる30の方法

  1. 興味のある本から読まないと、眠くなる。
    興味のある本から読まないと、眠くなる。
  2. 買ってきた日に読み始めるのが、読書のマナー。
    買ってきた日に読み始めるのが、読書のマナー。
  3. あなたが読みたい本だけ買えばいい。
    あなたが読みたい本だけ買えばいい。
  4. 気になる部分は、蛍光ペンでラインを引く。
    気になる部分は、蛍光ペンでラインを引く。
  5. 蛍光ペンで線を引くときは、3種類の色を活用しよう。
    蛍光ペンで線を引くときは、3種類の色を活用しよう。
  6. ラインが引くのが面倒なときは、ページを破って抜き出そう。
    ラインが引くのが面倒なときは、ページを破って抜き出そう。
  7. 初めから読み始める必要はない。<br>気になるところから読み始めていい。
    初めから読み始める必要はない。
    気になるところから読み始めていい。
  8. 初めから読まないと理解できない本は、内容も大したことがない。
    初めから読まないと理解できない本は、内容も大したことがない。
  9. 自分のお金で本を買うから、自分のためになる。
    自分のお金で本を買うから、自分のためになる。
  10. 社会的に弱い人は、お金も時間もない。<br>そういう人のために、無料にしている。
    社会的に弱い人は、お金も時間もない。
    そういう人のために、無料にしている。
  11. 無理をして、本を最後まで読み切る必要はない。
    無理をして、本を最後まで読み切る必要はない。
  12. 読書をして共感できたとき、潜在的思考が表面化する。
    読書をして共感できたとき、潜在的思考が表面化する。
  13. 読書とは、言葉探しだ。
    読書とは、言葉探しだ。
  14. 待ち時間に本を読む習慣があれば、待つことが嬉しくなる。
    待ち時間に本を読む習慣があれば、待つことが嬉しくなる。
  15. 気に入った著者の全作品を読もう。
    気に入った著者の全作品を読もう。
  16. 文字が大きな本ほど、得るものは大きい。
    文字が大きな本ほど、得るものは大きい。
  17. 本を読むのは、知識を得るためではない。<br>意識を変えること。
    本を読むのは、知識を得るためではない。
    意識を変えること。
  18. 本を買って読むのは「消費」ではなく「自己投資」だ。
    本を買って読むのは「消費」ではなく「自己投資」だ。
  19. 海外旅行ほど、待ち時間の多い旅はない。
    海外旅行ほど、待ち時間の多い旅はない。
  20. 本は、借りるより買うほうが、身につきやすい。
    本は、借りるより買うほうが、身につきやすい。
  21. 本で読んだことを現実で活用して、初めて「わかった」と言える。
    本で読んだことを現実で活用して、初めて「わかった」と言える。
  22. 読書は、座ってするものとは限らない。<br>読書は、歩きながらできる。
    読書は、座ってするものとは限らない。
    読書は、歩きながらできる。
  23. 古典には「普遍的内容」が含まれている。
    古典には「普遍的内容」が含まれている。
  24. 読書はすべて、一期一会。
    読書はすべて、一期一会。
  25. 読書の魅力は、連鎖させていくこと。
    読書の魅力は、連鎖させていくこと。
  26. 読書の達人は、1ページ目から読まない。<br>目次から読み始める。
    読書の達人は、1ページ目から読まない。
    目次から読み始める。
  27. 忙しいときほど、読書をする絶好のチャンス。
    忙しいときほど、読書をする絶好のチャンス。
  28. 気に入ったキーワード・キーフレーズが1つでもあれば、買う価値はある。
    気に入ったキーワード・キーフレーズが1つでもあれば、買う価値はある。
  29. 下克上を実現する一番の近道は、読書。
    下克上を実現する一番の近道は、読書。
  30. 読書(インプット)→経験(消化)→教える(アウトプット)。
    読書(インプット)→経験(消化)→教える(アウトプット)。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION