人生の教科書



情報力

本を読む力が強くなる
30の方法

お気に入り15 読んだ
8

初めから読まないと理解できない本は、
内容も大したことがない。

初めから読まないと理解できない本は、内容も大したことがない。 | 本を読む力が強くなる30の方法

私は本を書くときには、いきなり途中から読み始めても分かる内容であるよう心がけています。

一つ一つの項目で始まり、簡潔にまとめています。

最初から順番に読み進める必要のない内容にしています。

自分のためであり、読者のためです。

読者が必ずしも、1ページ目から読むとは限りません。

どこから読み始めるか分かりません。

1ページごとに、内容は完結させるようにしています。

それは文章を読みやすく分かりやすくするためです。

1ページごとに内容は完結させるように心がけることで、私も文章をシンプルにまとめることができるようになります。

そういう切り口のほうが読みやすく、読んだという達成感があり、読後感がよくなります。

総じて、読者のためにつながります。

途中から読み始めると分からなくなる内容でしたら、著者の配慮不足です。

「初めから読め」と強制している著者の内容は、それまでです。

物語系の内容でしたら仕方ないのですが、一般的な著書はどこから読み始めても分かる内容にしておくことが大切です。

本当に読者のことを考えている著者は、そこまで配慮するものです。

読者のために本を書いているのですから、読者がどこから読み始めても内容が分かるようにしておくことが最低限のマナーです。

それが配慮できない作家なら、それまでです。

読者を配慮できない作家ですから、書いている内容も大したことがないに違いありません。

読者のことを配慮せず書いているのですから、内容も難解であり、複雑で、分かりにくいことでしょう。

本当に素晴らしい著者は、読者のために書いており、どこから読み始めても分かる内容にしています。

1つの項目ごとに完結されています。

読み始めやすく、読みやすく、読後感がよくなります。

私は自分が書く側になったとき、読書をする際も、そういう本を選ぶようになりました。

書く側になると、書く側の心理がよく感じられます。

どこから読み始めても分かるような本は、著者が一生懸命に読者のことを考えているからだと分かったのです。

自分が読む本も、そういう本を選んで読むようになりました。

まとめ

本を読む力が強くなる方法 その8
  • どこから読み始めても、
    分かる本を選ぶ。
自分のお金で本を買うから、自分のためになる。

もくじ
(本を読む力が強くなる30の方法)

同じカテゴリーの作品