人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声
勉強法
今日勉強していることが、未来のあなたを形作る。
勉強法
人に説明したことは、忘れなくなる。
勉強法
勉強をして一番変わるのは「雰囲気」である。
勉強法
試験日は、最初に決めてしまう。
勉強法
暗記は、すぐ忘れる。
理解は、一生忘れない。
勉強法
勉強は、夜より、朝する。

成功するための
30勉強力

お気に入り11 読んだ
11

スピードしているうちは、
れをじない

スピードを出しているうちは、疲れを感じない。 | 成功するための30の勉強力

画で迫力のあるシーンは、スピード感があります。

 

たとえば、敵と戦っているシーンです。

次々と移り変わる場面に集中してしまい、呼吸の暇がありません。

その瞬間は、ときの流れを忘れます。

戦いの決着がついた直後、ほっとして、集中してスクリーンを見続けていたことに疲れを感じ、ため息が出ます。

映画館で映画を見ていると、スピード感のあるシーンが終わった直後に、会場全体が大きなため息をつきます。

打ち合わせをしたわけでもないのに、芝居のようにみなが一斉にため息をつくのは、面白い光景です。

ここで私たちは、人間のある特性に気づきます。

「人間は、スピードがあるうちは、疲れがあっても感じない」という特性です。

人間は進化の過程で、スピードのある場面は非常事態と感じ、疲れを感じにくいようにできています。

スピードのある場面と言えば、戦っている最中です。

戦っている最中は命に関わる出来事なので、疲れていても、疲れを感じにくくなります。

その特性を、勉強でも生かします。

スピードを出して勉強しましょう。

スピードを出して勉強をしている間は、疲れを感じにくくなるはずです。

勉強中に疲れを感じると言う人は、ゆっくりしているからです。

「勉強をしても、すぐ疲れて続きません」という人の勉強法を聞くと、必ずのろのろゆっくり勉強をしています。

疲れを感じます。

勉強は、疲れを感じないために、スピードを持って進めることがコツです。

勉強をしている間は疲れを感じなくなり、勉強そのものもはかどります。

勉強に区切りがついたとき、疲れが出ることでしょう。

そのときは、素直に昼寝や仮眠を取ればいい。

「スピードを出しているうちは、疲れを感じない」という人間の特性を、勉強に生かしましょう。

成功するための勉強力 その11

  • スピードして、
    勉強する
権威のある辞書があると、自信がつく。

もくじ
(成功するための30の勉強力)

同じカテゴリーの作品