スキル

大事な場面でチャンスをつかむ
30の方法

読んだ お気に入り12
1

チャンスは、
流れ星。

チャンスは、流れ星。 | 大事な場面でチャンスをつかむ30の方法

チャンスとは、流れ星です。

ふとした瞬間に突然現れ、さっと目の前を横切ります。

あっと思った瞬間には、もう夜空に消えてしまっている。

一般的に、流れ星が流れている間に願いをすれば、願いが叶うといういわれがあります。

 

しかし、流れ星は一瞬です。

カメラを用意する時間もなければ、願いを考えている時間もありません。

お願いをする前に消えます。

ほんの一瞬の出来事を生かすためには、どうすればいいのでしょうか。

流れ星が現れてから、願いを考えているからいけないのです。

願いは、流れ星を見る前に考えて、準備しておかなければなりません。

日頃から準備がきちんとできている人だけが、流れ星が現れた一瞬にきちんとお願いができます。

これは、チャンスをつかむことと同じなのです。

チャンスとは、一瞬の好機です。

流れ星です。

チャンスが来てから「さあ、どうしようか」なんて考えているようではいけない。

考えているうちに、チャンスはすぐ消えてなくなります。

チャンスを生かすためには、日頃から自分を磨き、いざというときにもすぐ対応できるような下準備が必要なのです。

日頃からの自分磨きが必要であり、継続した努力が必要です。

すてきな人が現れてから、自分磨きをしていては、そうしているうちにほかの人に取られます。

もしかしたら、二度と自分の目の前に現れることすらないかもしれません。

一瞬のチャンスを生かすためには、日頃から欠かさず自分磨きをしている努力と、すぐ対応できる下準備が必要なのです。

流れ星が現れてすぐ願いができるような姿勢を日頃から作っている人が、チャンスをものにできる人なのです。

まとめ

大事な場面でチャンスをつかむ方法 その1
  • 流れ星が現れる前に、願いを準備しておく。
チャンスを求めていないと、チャンスに出会えない。

もくじ
大事な場面でチャンスをつかむ30の方法
チャンスは、流れ星。 | 大事な場面でチャンスをつかむ30の方法

  1. チャンスは、流れ星。
  2. チャンスを求めていないと、チャンスに出会えない。
  3. チャンスが現れる前から努力をしている人が報われる。
  4. チャンスをつかめる人は、つかめる習慣がある。
  5. チャンスが来るまで待たない。
    チャンスは自分で作り出す。
  6. チャンスは日常にあふれている。
    気づけない自分がいるだけ。
  7. 話しかけようか迷っているうちに、チャンスは消えてしまう。
  8. タクシーの運転手さんに話しかければ、思わぬ情報が手に入る。
  9. 心に突き刺さる言葉を言ってくれる人は、神様。
  10. メモを取る習慣は、チャンスをつかむ習慣。
  11. まずお気に入りを1つ見つける。
    すると全体が輝き始める。
  12. 「できません」と言って断らない。
    「難しい」という言葉を使おう。
  13. 感謝の言葉の後に、もう一言加えよう。
  14. お世話になっていない人にも「ありがとう」と言っていますか。
  15. 長いところにチャンスはない。
    短いところにチャンスがある。
  16. 長い行列で、不機嫌な表情をしない。
  17. 質問を交えて話しかければ、すてきな出会いが生まれる。
  18. 「今すぐ行動」の習慣で、チャンスがつかみやすくなる。
  19. 本を読んでも、行動しなければ意味がない。
  20. 約束時間の10分の違いで、印象はまったく異なる。
  21. お金のかからない表情は、笑顔が一番。
  22. 「want」を大切にすれば、自然とチャンスは巡ってくる。
  23. 相手が口にしていない声を聞くと、人間関係が向上する。
  24. 「無理です」と即答する人は、実は真剣に考えていない。
  25. 挨拶されるより、挨拶しよう。
  26. 「許せない」と憎んでいるとき、自分が一番疲れてしまう。
  27. すぐ謝る人は、チャンスを大切にしている人。
  28. 「でも」から話し始めると、チャンスが逃げていく。
  29. 本代は、チャンス代も含まれている。
  30. 誰もがやりたくないことに、チャンスがある。

同じカテゴリーの作品