人生の教科書



読み上げ動画・音声
睡眠
朝は、音楽から元気をもらおう。
ストレス対策
スローテンポの癒しのミュージックを聴く。
睡眠
朝の時間は、夜の時間より濃い。
暮らし
挨拶は、テンションを上げるための準備体操。

早寝早起きの生活人生える
30方法

お気に入り12 読んだ
16

「朝
夜」テンポが、
テンションげる

い出しましょう。

お昼くらいまで寝ていると、決まってその日1日は、だらだらになっていませんか。

不規則な生活には、テンポもなく、目の下にクマができたり、顔がやつれてしまったりします。

 

しかし、朝早くに起きると、不思議としゃきっとします。

早起きは眠気との戦いのはずですが、起きれば、1日の調子がよくなります。

不思議な違いです。

これは、リズムがよくなっているかどうかの違いなのです。

1日にはリズムがあります。

皆さんもご存知「朝、昼、夜」の3テンポです。

お昼から起きる人は「昼、夜」しかありません。

そのためテンポが悪くなり、元気もなくなってしまうのです。

早起きをする人は「朝、昼、夜」のテンポができています。

「朝にはこれをしよう。お昼にはあれをしよう。夜はこれをしよう」と、1日を3回に分けて考え、行動できます。

1日の調子がよくなるのです。

リズムを大切にしないと、体の調子まで悪くなります。

ミュージックでも、リズムのよい曲は、聞いているだけで自然と元気になります。

テンポのよい曲は、人の心に働きかけます。

 

しかし、リズムが悪く不安定な曲を聴いていると、元気がなくなります。

気分が悪くなって、船酔いをしてしまいそうです。

リズムのよさは、音楽だけの話ではなく、1日の生活リズムにも当てはまる法則なのです。

朝に早起きするだけで「朝・昼・夜」のリズムが自然にでき、体の調子がよくなります。

生活を、振り返ってみましょう。

あなたの生活には「朝、昼、夜」のテンポができていますか。

早寝早起きの生活で人生を変える方法 その16

  • 「朝
    夜」テンポ
朝は最も吸収力が高い。

もくじ
(早寝早起きの生活で人生を変える30の方法)

同じカテゴリーの作品