睡眠

早寝早起きの生活で人生を変える
30の方法

お気に入り15 読んだ
7

「早寝早起き」をすると、
生活サイクルが安定する。

「早寝早起き」をすると、生活サイクルが安定する。 | 早寝早起きの生活で人生を変える30の方法

「早寝早起き」という言葉は、すでにあなたもご存知の言葉でしょう。

その言葉のとおり「早くに寝て、早くに起きる」という意味ですが、ポイントがあります。

この2つは、必ずセットになっていなければならないということです。

バランスが崩れてしまうからです。

「遅寝早起き」ではいけません。

「早寝遅起き」でもいけません。

早く寝て、早く起きるという「早寝早起き」が最もリズムがよく、生活サイクルが一番安定します。

早く起きるためには、早く寝なければなりません。

睡眠時間を削っては、せっかくの早起きも気持ち悪くなり、台無しです。

人間には、疲れを回復させ、気持ちよく起きられるための、最低限必要な睡眠時間があります。

私には7時間くらいです。

人によってさまざまでしょう。

この睡眠時間を下回ってしまっては、脳の回転が鈍くなり、調子がなかなかでません。

睡眠不足で起きるときには「なぜ自分はこんなつらい人生を歩んでいるのだろう」と、ついマイナス思考になります。

元気が出ないだけでなく、考え方までマイナスになってしまうのが、睡眠不足の悪影響です。

また睡眠時間が長すぎることも、体調に悪い影響を及ぼすようです。

8時間を越えたくらいから、再び疲れがたまり始めるという説があり、ただ長く寝ればいいわけではないようです。

「遅寝早起き」では睡眠時間が短くなりすぎ「早寝遅起き」では睡眠時間が長くなりすぎてしまいます。

「早寝早起き」は、ありふれた言葉ではありますが、このリズムが人間の生活サイクルには最も適しているのです。

まとめ

早寝早起きの生活で人生を変える方法 その7
  • 早く寝て、早く起きる。
人間は寝ている間に、200mlもの水分が失われている。

もくじ
早寝早起きの生活で人生を変える30の方法
「早寝早起き」をすると、生活サイクルが安定する。 | 早寝早起きの生活で人生を変える30の方法

  1. 朝の過ごし方によって、未来が決まる。
  2. 朝食を抜く人は、試験に失敗する。
  3. 朝の時間は、夜の時間より濃い。
  4. 朝日に当たると、すべてが美しくなる。
  5. 夜は、自制心を失う時間帯。
    朝の判断は、常に正しい。
  6. 早起きすると、いいことがある。
  7. 「早寝早起き」をすると、生活サイクルが安定する。
  8. 人間は寝ている間に、200mlもの水分が失われている。
  9. 朝は友情が芽生えやすい。
  10. パジャマほどだらだらできる服はない。
    すぐパジャマから着替えよう。
  11. 太陽は、人にとってなくてはならない存在である。
  12. 夜はマイナス思考になりやすい。
    朝はプラス思考になりやすい。
  13. 朝は、音楽から元気をもらおう。
  14. 夜に会った人とは、短いお付き合いになる。
    朝に会った人ほど、長いお付き合いになる。
  15. 朝が弱いのは、嫌いなことをしているから。
    大事な日にはきちんと早く起きられる。
  16. 「朝、昼、夜」のテンポが、テンションを上げる。
  17. 朝は最も吸収力が高い。
  18. 体内時計のずれは、朝日によって修正されている。
  19. 太陽は、地球共通の目覚まし時計。
  20. 模様替えでは、ベッドの位置が一番重要。
  21. 楽しいことは積極的に考える。
    つらいことは積極的に考えない。
  22. お化粧は、女性だけではない。
    観光地も、お化粧をする。
  23. 朝は、チャンスに満ちている。
  24. 起きたらすぐ、窓を開けよう。
    気持ちのいい朝は、新鮮な酸素が必要。
  25. 喧嘩は、夕方から夜にかけて起こりやすい。
    朝は、最も仲直りに適した時間。
  26. 朝に行動できれば、その日1日は楽になる。
  27. 朝のペースが、その日1日のペースを作る。
  28. 早起きしてできることは、あなたが本当に好きなこと。
  29. 早起きは、いわばフライングスタート。
  30. 早起きをすればするほど、早く道が開ける。

同じカテゴリーの作品