睡眠

早寝早起きの生活で人生を変える
30の方法

  • 朝の過ごし方によって、
    未来が決まる。
早寝早起きの生活で人生を変える30の方法

もくじ
  1. 朝の過ごし方によって、未来が決まる。

    あなたの未来を決めている要因は何でしょうか。
    お金でしょうか。
    才能でしょうか。

  2. 朝食を抜く人は、試験に失敗する。

    私が学生のころに、こんなジンクスがありました。
    あなたも一度は、聞いたことがあるのではないでしょうか。
    「朝食を抜く人は、試験に失敗する」

  3. 朝の時間は、夜の時間より濃い。

    朝の時間は、夜の時間より濃い時間になります。
    朝の1時間は、夜の4時間にも5時間にも匹敵します。
    夜は、誘惑が多い時間帯です。

  4. 朝日に当たると、すべてが美しくなる。

    太陽の光は、時間帯によって変わります。
    朝の日光と昼前の日光。
    同じ光でも、違います。

  5. 夜は、自制心を失う時間帯。
    朝の判断は、常に正しい。

    夜は、ごまかしの時間帯です。
    まやかしの時間帯です。
    薄暗く、誘惑が多く、疲れもたまっているために、正しい判断がしにくくなる時間帯です。

  6. 早起きすると、いいことがある。

    あなたは早起きをして、得をしていますか。
    日本のことわざに「早起きは三文の得」という言葉があります。
    朝早くに起きることは、3つの得があるといわれています。

  7. 「早寝早起き」をすると、生活サイクルが安定する。

    「早寝早起き」という言葉は、すでにあなたもご存知の言葉でしょう。
    その言葉のとおり「早くに寝て、早くに起きる」という意味ですが、ポイントがあります。
    この2つは、必ずセットになっていなければならないということです。

  8. 人間は寝ている間に、200mlもの水分が失われている。

    朝起きた後、水を飲んでいますか。
    人間は寝ている間に、体温調整のため、およそ200mlの水分が失われています。
    200mlといえば、コップ1杯分です。

  9. 朝は友情が芽生えやすい。

    私が高校3年のころ、受験勉強のため、朝早くに登校していました。
    授業が始まる2時間くらい前に登校して、教室で勉強していました。
    たいてい私が一番早く登校するのですが、しばらくして「矢野君」と「田中君」という男子学生も早くやってきました。

  10. パジャマほどだらだらできる服はない。
    すぐパジャマから着替えよう。

    あなたは、朝、だらだらしてしまうタイプの人ですか。
    もしそうなら、一度、パジャマに原因があるのではないかと疑ってみましょう。
    朝にだらだらしてしまうのは、パジャマが原因となっていることがあります。

  11. 太陽は、人にとってなくてはならない存在である。

    寂しくなるのは、決まって夜です。
    喧嘩をするのも、決まって夜です。
    くよくよ悩むのも、決まって夜。

  12. 夜はマイナス思考になりやすい。
    朝はプラス思考になりやすい。

    夜は自然とマイナス思考になりやすい時間です。
    考え事は、前向きな心になっていないと、話が進んでいきません。
    夜は寂しく、悪いことばかりを優先して考えがちです。

  13. 朝は、音楽から元気をもらおう。

    あなたは朝、音楽から元気をもらっていますか。
    朝の音楽は、元気が出る特効薬です。
    朝にテンションの高い音楽を聴くと、テンポがあがります。

  14. 夜に会った人とは、短いお付き合いになる。
    朝に会った人ほど、長いお付き合いになる。

    夜の出会いと、朝の出会いがあります。
    夜にある出会いとは、合コン、飲み会、コンパなどです。
    男女が入り乱れて、みんな、恋人探しを本当の目的としていながら、そんな表情を隠して参加しています。

  15. 朝が弱いのは、嫌いなことをしているから。
    大事な日にはきちんと早く起きられる。

    「朝、弱いんです」
    「夜型人間なんです」
    朝、なかなか起きられない人に共通する口癖です。

  16. 「朝、昼、夜」のテンポが、テンションを上げる。

    思い出しましょう。
    お昼くらいまで寝ていると、決まってその日1日は、だらだらになっていませんか。
    不規則な生活には、テンポもなく、目の下にクマができたり、顔がやつれてしまったりします。

  17. 朝は最も吸収力が高い。

    朝ほど、吸収力の高い時間帯はありません。
    脳は刺激を求める性質があります。
    人間は、睡眠中何もしていませんから、朝起きた瞬間は「吸収したい」という意欲が強くなっています。

  18. 体内時計のずれは、朝日によって修正されている。

    人間の体内時計は、24時間ではないことをご存知ですか。
    正しくは「およそ24時間10分」と言われています。
    以前は「25時間」という説が多く聞かれましたが、現代の最新研究によると「およそ24時間10分」が有力です。

  19. 太陽は、地球共通の目覚まし時計。

    私は、平日は会社があるため、やむなく目覚まし時計に頼ってはいますが、週末はそれを使わずに起きています。
    朝の日光によって、少しずつ部屋の中が明るくなり、自然と起きられるようにしています。
    朝日が目覚まし時計の代わり、といったところです。

  20. 模様替えでは、ベッドの位置が一番重要。

    太陽は、地球共通の目覚まし時計です。
    たとえイタリアへ旅行にいって、目覚まし時計を忘れても、しっかりそこには自然の目覚まし時計があります。
    太陽です。

  21. 楽しいことは積極的に考える。
    つらいことは積極的に考えない。

    次の日、好きなことが待ち受けていると分かっているだけで、自然と朝起きられるようになります。
    遠足の日、ピクニックの日、デートの日、旅行の日には、朝は難なく起きられるはずです。
    いえ、時には目覚まし時計より早く起きてしまうほどです。

  22. お化粧は、女性だけではない。
    観光地も、お化粧をする。

    女性にとって朝は、お化粧をする時間です。
    寝起きはスッピンで、その人本来の素顔になっています。
    これは、観光地でも同じことなのです。

  23. 朝は、チャンスに満ちている。

    朝はチャンスに満ちています。
    どのようなチャンスかといえば、あらゆるチャンスです。
    朝のジョギングは、ダイエットのチャンスです。

  24. 起きたらすぐ、窓を開けよう。
    気持ちのいい朝は、新鮮な酸素が必要。

    あなたの部屋は、ずっと閉めきったままの部屋になっていませんか。
    もしかして、朝起きても、窓を閉めたままの状態ですか。
    窓を閉めきっていると、だんだん新鮮な空気が失われます。

  25. 喧嘩は、夕方から夜にかけて起こりやすい。
    朝は、最も仲直りに適した時間。

    朝は最も仲直りがしやすい時間です。
    夜は疲れといらいらがたまり、話しかけてもなかなか真剣に聞いてくれません。
    喧嘩は決まって、いつも夕方から夜にかけて起こります。

  26. 朝に行動できれば、その日1日は楽になる。

    やらなければならないこと、面倒なことを、朝のうちに済ませておくと、その日1日が楽になります。
    朝に起きてすぐできないと、その日1日は自然とだらだらになります。
    起きてすぐはちょっと眠いからと「後でいいか」と後回しにしていると、どんどん後回しになります。

  27. 朝のペースが、その日1日のペースを作る。

    朝のペースが、その日1日のペースを作るといっても過言ではありません。
    朝にでたスピードは、その日のスピードの基本形です。
    早起きをした日は、その日はいつもより長く感じられます。

  28. 早起きしてできることは、あなたが本当に好きなこと。

    早起きをしようとすることは、少なからずエネルギーを必要とします。
    そんな早起きをしてまでしようと思うことは、あなたが本当に好きなことです。
    好きなことでないと「早く楽しみたい」と思うはずもなく、朝からしようとさえ思いません。

  29. 早起きは、いわばフライングスタート。

    あなたは、早起きをして快感を味わったことはありませんか。
    「ほかの人より早くスタートできている!」
    「みんながまだ寝ている時間に、私はもう勉強をしている」

  30. 早起きをすればするほど、早く道が開ける。

    ・大学受験の合格
    ・スポーツ試合での勝利
    ・事業の成功

同じカテゴリーの作品