人生の教科書



ダイエット
ウォーキングをしてかく汗は、その人を芯から輝かせる。
暮らし
私たちは、太陽への感謝を、すっかり忘れている。
暮らし
時計をまったく見ない。
そんな1日があってもいい。
自分磨き
朝日を浴びながら、怠ける人はいない。
睡眠
太陽は、地球共通の目覚まし時計。
睡眠
夜はマイナス思考になりやすい。
朝はプラス思考になりやすい。
睡眠

早寝早起きの生活で人生を変える
30の方法

お気に入り8 読んだ
11

太陽は、
人にとってなくてはならない存在である。

太陽は、人にとってなくてはならない存在である。 | 早寝早起きの生活で人生を変える30の方法

寂しくなるのは、決まって夜です。

喧嘩をするのも、決まって夜です。

くよくよ悩むのも、決まって夜。

その昔から、夜には魔性の力が宿っているといわれていました。

太陽は神とあがめられ、夜は魔物が宿ると恐れられていました。

夜になると自然と人間の心がおかしくなり、夜には魔物がひそんでいるからだと思われていた時期があります。

夜は正常な判断を狂わせてしまい、思考をおかしくさせてしまいます。

暗い印象としては「黒」ですが、夜を象徴した色でもあります。

夜に近い色ほど、人間には暗くてマイナスなイメージとして認識されています。

 

一方、明るい印象として知られる「赤」「オレンジ」「黄色」「ピンク」は、太陽を象徴する色です。

太陽に近い色ほど、人間にとって明るい印象となり、心に対してプラスに働きかけます。

太陽は、昔から人間にはなくてはならない存在です。

太陽から、人が生まれたからです。

人間の生みの親は、太陽です。

太陽があるから、地球が生まれ、植物や人が誕生しました。

人間も、元はといえば、太陽があってできた生き物です。

人間が先にできて、太陽ができたわけではありません。

太陽ができて、人間が生まれたという順番です。

この順番をひっくり返すことはできません。

まさに、人間は太陽があってのおかげなのです。

地球や、火星や木星が太陽を中心として回っているように、人間も太陽を中心に回っています。

そうすることが、人間にとって最も健全なのです。

太陽がない生活は、人間にとってもマイナスです。

夜は、太陽がありません。

人間は元気がなくなり、判断、思考がおかしくなり、寂しくなり、悩み始め、くよくよ精神的な部分にまで影響をするのです。

夜に寂しくなったり、悩んだり、くよくよしてしまえば、とりあえず寝てしまいましょう。

朝になるまで待つのです。

どんな夜も、必ず朝がやってきますし、太陽が顔を出します。

どんなにくよくよしたことも、朝になればけろりとしています。

夜に寂しい気持ちになっても、朝になればすっかり忘れています。

それは太陽のおかげであり、日光があなたに正気に戻してくれているのです。

まとめ

早寝早起きの生活で人生を変える方法 その11
  • 太陽に、
    感謝をする。
夜はマイナス思考になりやすい。
朝はプラス思考になりやすい。

もくじ
(早寝早起きの生活で人生を変える30の方法)

同じカテゴリーの作品