人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声
ファッション
トリートメントで髪が落ち着くと、小顔になれる。
プラス思考
好きなことをしていると、自然とプラス思考になる。
スキル
嫌いなことをしていると失敗する。
好きなことをしていると成功する。
ストレス対策
相手と話す前に、まず自分と話をしよう。

早寝早起きの生活人生える
30方法

お気に入り33 読んだ
15

いのは、
いなことをしているから
大事にはきちんときられる

朝が弱いのは、嫌いなことをしているから。大事な日にはきちんと早く起きられる。 | 早寝早起きの生活で人生を変える30の方法

  • 、弱いんです」

  • 「夜型人間なんです」

朝、なかなか起きられない人に共通する口癖です。

低血圧の人は、朝に弱い傾向があります。

 

しかし、本当に朝に弱い理由は、低血圧でも体質のせいでもありません。

朝に嫌いなことをしているから、朝に弱くなっているのです。

朝から嫌いなことをしていると、朝に弱い体質になります。

「今日も学校か……」とため息をついて起きられない人は「朝から嫌いな勉強をしないといけない」と思っているからです。

「今日も会社か……」と朝に苦しむ人は「つらくしんどい仕事をしないといけない」と思っているからです。

そもそも嫌いなことをしていることが、朝に弱い体質を作り上げているのです。

どんなに健康な人でも、朝に嫌いなことをしていると、朝に弱くなります。

「やりたくない。逃げ出したい」という気持ちは、なにより人間からエネルギーを奪っていく感情です。

私も、次の日、嫌いなことをすることが分かっていれば、朝に弱くなります。

逃げ出したい気持ちになります。

 

一方、朝に好きなことをしている人は、朝に自然と強くなります。

思い出しましょう。

小学生のころ、遠足の日には、不思議と朝早くに起きることができたはずです。

旅行のときには、ぱっと目覚めることができたはずです。

恋人とのデートのときには、眠くてもさっと起きることができます。

朝に好きなことをしていると、すぐ起きることができてしまいます。

「早く楽しみたい」という気持ちがやる気に変わり、低血圧の人でも朝起きられるようになるのです。

朝に好きなことをしているか、嫌いなことをしているかの違いによって、朝に強い人と弱い人との違いができてしまっているのです。

早寝早起きの生活で人生を変える方法 その15

  • から、
    きなことをしむ
「朝、昼、夜」のテンポが、テンションを上げる。

もくじ
(早寝早起きの生活で人生を変える30の方法)

同じカテゴリーの作品