気持ちを整理する
30の方法

30
13

わからないことは
「わからない」という答えが一番正しい。

わからないことは「わからない」という答えが一番正しい。 | 気持ちを整理する30の方法

私は「あの世」へ行ったことがありません。

本やテレビで話を聞いたことはありますが、私は行ったことがないので「わからない」と答えるようにしています。

私の本の中でも「この世」の話はしても「あの世」の話はしないようにしています。

たくさん本を読んだり人の話を聞いたりして、一定のイメージはあり、話すこともできます。

それなりの本も書くことができるでしょう。

 

しかし、それはあえて触れないように気をつけています。

私の触れるところではありません。

行ったこともなければ、見たこともないからです。

私は死んだことがないので、わからないことは正直に「わからない」と答えますし、そうした話も堂々としないようにしています。

今、テレビや宗教家たちが、あの世について堂々と話しているところを見かけます。

あの世についていったことがあるかのように堂々と話して、説得力のある話し方をします。

私もその話を聞いていると、本当の話のように聞こえ、話に吸い込まれそうなときがあります。

 

しかし、1つ残念なことがあるため、最後で信じきれないのです。

それは「あの世の話をする人に限って、あの世へ行ったことのない人ばかり」という事実です。

この1つがあるために、せっかくのいい話も「本当だろうか」で終わり、信じきれない。

それらは本当かもしれませんが、嘘かもしれません。

私にはわかりません。

行ったことも見たこともないからです。

せめて話をしている人があの世へ行ったことがあり証拠があるなら、多少なりとも信じることができるでしょう。

 

しかし、あの世の話をする人にかぎって「あの世の未経験者」です。

もし私があの世について聞かれたら「わかりません」と正直に答えます。

それが結局今のところ、一番近い答えになるからです。

私の祖母は、今はもう亡くなりましたが、生前に一度こんな質問をしたことがあります。

「祖母、死んだらどこに行くの?」

祖母は、笑いながらこう言いました。

「さあ、どこに行くのかな」

私はこの言葉に、ほっとした安心感を覚えています。

この言葉のほうが、正直で説得力があります。

正直に当たり前で、当然の言葉です。

変な話ですが、こんなときに祖母があの世の話を堂々としてくれなくてよかったと思っています。

わからないことを「さあ、わかりません」と正直に答えてくれた祖母は、やはり正直者だと信じることができます。

私が23歳のときに亡くなりました。

あの世に逝った祖母は、今ごろ真実を知っていることでしょう。

 

しかし、そんな「本当のこと」を知っている人に限って、もうこの世にはいない人なのです。

あの世の話は、わからないのです。

気持ちを整理する方法(30)
  • わかるはずもないことを、堂々と話している人には気をつける。
まとめ

気持ちを整理する30の方法
気持ちを整理する30の方法

  1. 難しい、気持ちの整理。
    難しい、気持ちの整理。
  2. 体は動いても、気持ちがないと動けない。
    体は動いても、気持ちがないと動けない。
  3. 他人の言葉はコントロールできないが、話題なら、コントロールできる。
    他人の言葉はコントロールできないが、話題なら、コントロールできる。
  4. 人間関係は結婚と同じ。<br>好きな人と一緒でなければ、ハッピーになれない。
    人間関係は結婚と同じ。
    好きな人と一緒でなければ、ハッピーになれない。
  5. 人間関係は、損得で選ばない。<br>一緒にいて楽しいかどうかで決めること。
    人間関係は、損得で選ばない。
    一緒にいて楽しいかどうかで決めること。
  6. 元気になれるお金の使い方なら、それでいい。
    元気になれるお金の使い方なら、それでいい。
  7. 自分で自分を振り返ると「発見」や「気づき」がある。
    自分で自分を振り返ると「発見」や「気づき」がある。
  8. 気持ちは抑えたら吐き出さないと、ストレスになる。
    気持ちは抑えたら吐き出さないと、ストレスになる。
  9. 「絶対」と考えると、気持ちががちがちになる。<br>「適当に」と考えたほうが、リラックスできる。
    「絶対」と考えると、気持ちががちがちになる。
    「適当に」と考えたほうが、リラックスできる。
  10. 「不安」があるなら、なくなるまで練習をすればいい。
    「不安」があるなら、なくなるまで練習をすればいい。
  11. 体を動かさない時間と動かす時間を、交互に作ろう。
    体を動かさない時間と動かす時間を、交互に作ろう。
  12. 評価はあって、ないようなもの。
    評価はあって、ないようなもの。
  13. 「迷い」が生じたときは、前に出ればいいだけ。
    「迷い」が生じたときは、前に出ればいいだけ。
  14. 動けば動くほど、気持ちに整理がつく。
    動けば動くほど、気持ちに整理がつく。
  15. 買い物をするときには、1人で行こう。
    買い物をするときには、1人で行こう。
  16. 元気の出る生き方が、一番幸せな生き方。
    元気の出る生き方が、一番幸せな生き方。
  17. 大事な場面には、歯を食いしばるのではなく、息を吐く。
    大事な場面には、歯を食いしばるのではなく、息を吐く。
  18. 自制心を失っている興奮状態は、時間を置けば元通りになる。
    自制心を失っている興奮状態は、時間を置けば元通りになる。
  19. 態度は変えてもいい。<br>しかし、性格までは変えないこと。
    態度は変えてもいい。
    しかし、性格までは変えないこと。
  20. 「してはいけないこと」ばかりを考えていると、何もできなくなってしまう。
    「してはいけないこと」ばかりを考えていると、何もできなくなってしまう。
  21. 忘れるほうがいい。<br>忘れないと、気持ちの整理ができなくなる。
    忘れるほうがいい。
    忘れないと、気持ちの整理ができなくなる。
  22. 好きだからうまくなれる。<br>好きだという気持ちこそが「才能」である。
    好きだからうまくなれる。
    好きだという気持ちこそが「才能」である。
  23. 「期待に応える」という束縛から、解放されよう。
    「期待に応える」という束縛から、解放されよう。
  24. 悪いことより、良いことを先に考えよう。
    悪いことより、良いことを先に考えよう。
  25. 面白くないことを、どうすれば楽しめるかと考えよう。
    面白くないことを、どうすれば楽しめるかと考えよう。
  26. 好きなことをやっていたほうがいい。
    好きなことをやっていたほうがいい。
  27. 問題をクリアにするだけで、気持ちも一緒に整理される。
    問題をクリアにするだけで、気持ちも一緒に整理される。
  28. 時にはきちんと涙を流す。
    時にはきちんと涙を流す。
  29. 気持ちの整理は、1人にならないとできない。
    気持ちの整理は、1人にならないとできない。
  30. わからないことは「わからない」という答えが一番正しい。
    わからないことは「わからない」という答えが一番正しい。

同じカテゴリーの作品

3:41

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION