読み上げ動画・音声
スキル
好きなことを通して、力をつけよう。
スキル
まずは好きなことに手をつける。
これが一番の成長法。
金銭感覚
成功している人は、好きなことを仕事にしている。
気力
自分の好き嫌いを基準にして、決める。

気持ちを整理する
30方法

お気に入り30 読んだ
その26

きなことをやっていたほうがいい

好きなことをやっていたほうがいい。 | 気持ちを整理する30の方法

いなことをするくらいなら、好きなことをすることです。

嫌いなことを避けられるなら避けてしまいましょう。

好きなことに時間とお金と努力をつぎ込むほうが「自分のためになる人生」となります。

気の進まないことは、やっても楽しくなくて、元気もだんだんなくなります。

しかし、不思議なことに、好きなことはやっていて疲れるどころか元気になります。

好きなことだから面白くて元気になり長続きします。

そのうえ、自分の気が進むことに関しては、ワンパターンには見えないものであり、いろいろな形に見えてくるものなのです。

すればするほど奥深さが分かり、さらに楽しめるようになるのです。

結果として好きなことをやっていたほうが楽しい気分でいられ、その上高度な技術を身につけることができます。

私も今、好きなことばかりをするようにしています。

このように書くことが好きなので、長い間続けることができています。

長く続けているために、だんだん技術や知恵も身につきます。

それでいて、まだ私は疲れていません。

面白いことばかりやっているので不思議とすればするほど元気になり、好循環になっています。

これがもし嫌いなことなら、そうもいきません。

やる気も起こらず、元気も出ず、長続きしないことは、うまくなれず、未熟で中途半端なままで挫折していたことでしょう。

私は「好きなこと」を選んで、本当によかったと思っています。

仕事も同じです。

一生の大半を占める仕事は、必ず「好きなこと」を選ぶほうがいい。

「稼げる仕事」や「尊敬される仕事」を選ぶ人は、好きでもない仕事のため、熱い情熱を傾けられず、途中で投げ出してしまいます。

あなたはどんな仕事を選びますか。

お金の稼げる仕事ですか。

尊敬されるような仕事ですか。

簡単に就職できるような仕事ですか。

疲れない仕事ですか。

いえいえ、違います。

「好きな仕事」を選ぶのです。

嫌いな仕事をするなどとはもってのほかです。

表情が悪く、毎日愚痴をこぼす日々が目に見えています。

単純でシンプルな法則ですが、たったこの選択を誤るだけで人生が大きく変わるのです。

気持ちを整理する方法 その26

  • きなことを中心に、
    きる

【→次の記事】

問題をクリアにするだけで、気持ちも一緒に整理される。

もくじ
(気持ちを整理する30の方法)

同じカテゴリーの作品