気持ちを整理する
30の方法

12
36

評価はあって、
ないようなもの。

評価はあって、ないようなもの。 | 気持ちを整理する30の方法

「評価」とは、面白いものです。

ある人が「よい」ということは、また違うある人には「悪い」と感じます。

私は先日面白い経験をしました。

まったく同じ文章に対して、正反対の意見をお客様からいただきました。

「とってもいいことを書いている」という絶賛のお手紙と「つまらない文章を書くな」という批判のお手紙です。

まったく同じ文章なのです。

 

しかし、人によってその受け取り方や感じ方が、まったく違うのです。

私はいろいろな意見を受けますが、あまり気にしないようにしています。

もちろんまったく気にしないわけではありません。

よいと言われた文章からはどこがよかったのかを発見して、ここが悪いと言われた文章からはこれからは気をつけようと思います。

 

しかし、正直なところを言ってしまうと、他人の評価よりまずは自分がいいなと思う文章を第一に意識するようにしています。

先ほども言いましたが、評価というのは面白いことに、人が違えばがらりと変わってくるのです。

もう全然違うと言ってもよいほどです。

同じ人でさえも、そのときのどんな気持ちでいるかで、文章から受ける印象も変わってきます。

周りの人からの評価を気にしすぎていると、自分の文章や主張を見失ってしまいます。

「気にしない」というのが一番なのです。

よい文章も悪い文章も、あってないようなものなのです。

評価も、あってないようなものなのです。

私は他人の評価は必要以上に気にせず、自分がいいなと思う文章をなにより大切にしています。

「わかりやすく」「面白く」その上「体験の混ざった」文章が、自分にとってなによりわくわくし面白く感じられます。

自分で自分の文章を読んでみて、わかりやすくて面白く、体験が混ざっていないと、よいとは感じられないのです。

あなたが今意識している「評価」というのも、同じことが言えます。

今の性格で本当にいいのか。

今の人生で本当にいいのか。

こうした悩みを持ったことはありませんか。

他人が「悪い性格」「つまらない人生だね」と評価してきたりしますが、そんな評価は気にしなくてもかまいません。

人によってあなたがどう映るかは、まったく変わってくるのです。

それより、まずあなたは自分をどうしたいかを考えるほうがいい。

周りを気にしながら生きるより、自分の好き勝手に生きるほうが自分らしい生き方をしていると言えるのです。

私が書いている文章も、ある人からは「何て偉そうなことを書くんだ」「つまらないことを書くな」と批判を受けることでしょう。

その一方で「この言葉を待っていました」「実は私もうすうす考えていました」という言葉をもらうでしょう。

 

しかし、私は気にしません。

評価は他人が好きにすればいい。

それより私は自分が面白く好きなことを、やり続けていきたいのです。

それが自分には、一番有意義に楽しく感じられるからです。

気持ちを整理する方法(12)
  • 自分で自分を、評価する。
「迷い」が生じたときは、前に出ればいいだけ。

気持ちを整理する30の方法
気持ちを整理する30の方法

  1. 難しい、気持ちの整理。
    難しい、気持ちの整理。
  2. 体は動いても、気持ちがないと動けない。
    体は動いても、気持ちがないと動けない。
  3. 他人の言葉はコントロールできないが、話題なら、コントロールできる。
    他人の言葉はコントロールできないが、話題なら、コントロールできる。
  4. 人間関係は結婚と同じ。<br>好きな人と一緒でなければ、ハッピーになれない。
    人間関係は結婚と同じ。
    好きな人と一緒でなければ、ハッピーになれない。
  5. 人間関係は、損得で選ばない。<br>一緒にいて楽しいかどうかで決めること。
    人間関係は、損得で選ばない。
    一緒にいて楽しいかどうかで決めること。
  6. 元気になれるお金の使い方なら、それでいい。
    元気になれるお金の使い方なら、それでいい。
  7. 自分で自分を振り返ると「発見」や「気づき」がある。
    自分で自分を振り返ると「発見」や「気づき」がある。
  8. 気持ちは抑えたら吐き出さないと、ストレスになる。
    気持ちは抑えたら吐き出さないと、ストレスになる。
  9. 「絶対」と考えると、気持ちががちがちになる。<br>「適当に」と考えたほうが、リラックスできる。
    「絶対」と考えると、気持ちががちがちになる。
    「適当に」と考えたほうが、リラックスできる。
  10. 「不安」があるなら、なくなるまで練習をすればいい。
    「不安」があるなら、なくなるまで練習をすればいい。
  11. 体を動かさない時間と動かす時間を、交互に作ろう。
    体を動かさない時間と動かす時間を、交互に作ろう。
  12. 評価はあって、ないようなもの。
    評価はあって、ないようなもの。
  13. 「迷い」が生じたときは、前に出ればいいだけ。
    「迷い」が生じたときは、前に出ればいいだけ。
  14. 動けば動くほど、気持ちに整理がつく。
    動けば動くほど、気持ちに整理がつく。
  15. 買い物をするときには、1人で行こう。
    買い物をするときには、1人で行こう。
  16. 元気の出る生き方が、一番幸せな生き方。
    元気の出る生き方が、一番幸せな生き方。
  17. 大事な場面には、歯を食いしばるのではなく、息を吐く。
    大事な場面には、歯を食いしばるのではなく、息を吐く。
  18. 自制心を失っている興奮状態は、時間を置けば元通りになる。
    自制心を失っている興奮状態は、時間を置けば元通りになる。
  19. 態度は変えてもいい。<br>しかし、性格までは変えないこと。
    態度は変えてもいい。
    しかし、性格までは変えないこと。
  20. 「してはいけないこと」ばかりを考えていると、何もできなくなってしまう。
    「してはいけないこと」ばかりを考えていると、何もできなくなってしまう。
  21. 忘れるほうがいい。<br>忘れないと、気持ちの整理ができなくなる。
    忘れるほうがいい。
    忘れないと、気持ちの整理ができなくなる。
  22. 好きだからうまくなれる。<br>好きだという気持ちこそが「才能」である。
    好きだからうまくなれる。
    好きだという気持ちこそが「才能」である。
  23. 「期待に応える」という束縛から、解放されよう。
    「期待に応える」という束縛から、解放されよう。
  24. 悪いことより、良いことを先に考えよう。
    悪いことより、良いことを先に考えよう。
  25. 面白くないことを、どうすれば楽しめるかと考えよう。
    面白くないことを、どうすれば楽しめるかと考えよう。
  26. 好きなことをやっていたほうがいい。
    好きなことをやっていたほうがいい。
  27. 問題をクリアにするだけで、気持ちも一緒に整理される。
    問題をクリアにするだけで、気持ちも一緒に整理される。
  28. 時にはきちんと涙を流す。
    時にはきちんと涙を流す。
  29. 気持ちの整理は、1人にならないとできない。
    気持ちの整理は、1人にならないとできない。
  30. わからないことは「わからない」という答えが一番正しい。
    わからないことは「わからない」という答えが一番正しい。

同じカテゴリーの作品

3:49

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION