ストレス対策

気持ちを整理する
30の方法

16
21

忘れるほうがいい。
忘れないと、
気持ちの整理ができなくなる。

忘れるほうがいい。忘れないと、気持ちの整理ができなくなる。 | 気持ちを整理する30の方法

気持ちの整理整頓は、本棚の整理整頓とそっくりです。

本棚を整理するコツがわかっていれば、気持ちの整理も同じ要領ですればいいだけです。

この2つの存在は全然違うものなのですが、気持ちの動かし方や余裕の大切さは、そっくりなのです。

気持ちを整理する上で、本棚を想像してみましょう。

本棚が見苦しいときは、本棚がいっぱいになりキチキチになった状態です。

もう入りきらないというのに、また新しい本を買ってきたため、読み終わればもう1冊本棚に本を押し込むことになります。

これでは本を入れる前に、本棚そのものが壊れてしまいそうです。

本棚がきれいに整えられているときは、適度なスペースがあるときです。

スペースが大きければ大きいほど、本も整理しやすく、また並べ替えやすいのです。

気持ちも整理も同じです。

たくさんのことを考えて、余裕のない状態だと気持ちの整理が追いつかず、頭が混乱してしまいます。

こんな状態は、あなたの頭が悪いのではなく、整理整頓の仕方が悪いだけです。

本棚を整理する上では、読まなくなった本は誰かほかの人にあげるか、あるいはいっそのこと捨ててしまいましょう。

ため込んでいては、いずれいっぱいになる日は目に見えています。

それと同じように、気持ちを整理する上で大切なことは「忘れてしまう」ということなのです。

隙間を作ることが本棚のスペースを作るように、忘れることが気持ちの余裕を作り出します。

気持ちや考えに余裕ができればできるほど整理がしやすくなり、また新しい情報を受け入れやすくなります。

忘れる能力は、失うことではなく、再び力を得ることです。

忘れることができるから、人はまた新しい情報を受け入れることができ、成長ができます。

今までのことを顕在意識としてすべて覚えてしまったままだと、気持ちが混乱しおかしくなります。

過去の喜怒哀楽が共存していれば「怒りながら、悲しみ、楽しみながら、喜ぶ」というわけのわからない状態になるでしょう。

入ってきては捨ててという繰り返しによって、常に頭の中はスペースを確保し、気持ちがいっぱいになることを防いでいるのです。

気持ちを整理しコントロールするためには「忘れること」が必要なのです。

気持ちを整理する方法(21)
  • 忘れることで、頭に余白を作っておく。
好きだからうまくなれる。
好きだという気持ちこそが「才能」である。

もくじ
気持ちを整理する30の方法
忘れるほうがいい。忘れないと、気持ちの整理ができなくなる。 | 気持ちを整理する30の方法

  1. 難しい、気持ちの整理。
    難しい、気持ちの整理。
  2. 体は動いても、気持ちがないと動けない。
    体は動いても、気持ちがないと動けない。
  3. 他人の言葉はコントロールできないが、話題なら、コントロールできる。
    他人の言葉はコントロールできないが、話題なら、コントロールできる。
  4. 人間関係は結婚と同じ。<br>好きな人と一緒でなければ、ハッピーになれない。
    人間関係は結婚と同じ。
    好きな人と一緒でなければ、ハッピーになれない。
  5. 人間関係は、損得で選ばない。<br>一緒にいて楽しいかどうかで決めること。
    人間関係は、損得で選ばない。
    一緒にいて楽しいかどうかで決めること。
  6. 元気になれるお金の使い方なら、それでいい。
    元気になれるお金の使い方なら、それでいい。
  7. 自分で自分を振り返ると「発見」や「気づき」がある。
    自分で自分を振り返ると「発見」や「気づき」がある。
  8. 気持ちは抑えたら吐き出さないと、ストレスになる。
    気持ちは抑えたら吐き出さないと、ストレスになる。
  9. 「絶対」と考えると、気持ちががちがちになる。<br>「適当に」と考えたほうが、リラックスできる。
    「絶対」と考えると、気持ちががちがちになる。
    「適当に」と考えたほうが、リラックスできる。
  10. 「不安」があるなら、なくなるまで練習をすればいい。
    「不安」があるなら、なくなるまで練習をすればいい。
  11. 体を動かさない時間と動かす時間を、交互に作ろう。
    体を動かさない時間と動かす時間を、交互に作ろう。
  12. 評価はあって、ないようなもの。
    評価はあって、ないようなもの。
  13. 「迷い」が生じたときは、前に出ればいいだけ。
    「迷い」が生じたときは、前に出ればいいだけ。
  14. 動けば動くほど、気持ちに整理がつく。
    動けば動くほど、気持ちに整理がつく。
  15. 買い物をするときには、1人で行こう。
    買い物をするときには、1人で行こう。
  16. 元気の出る生き方が、一番幸せな生き方。
    元気の出る生き方が、一番幸せな生き方。
  17. 大事な場面には、歯を食いしばるのではなく、息を吐く。
    大事な場面には、歯を食いしばるのではなく、息を吐く。
  18. 自制心を失っている興奮状態は、時間を置けば元通りになる。
    自制心を失っている興奮状態は、時間を置けば元通りになる。
  19. 態度は変えてもいい。<br>しかし、性格までは変えないこと。
    態度は変えてもいい。
    しかし、性格までは変えないこと。
  20. 「してはいけないこと」ばかりを考えていると、何もできなくなってしまう。
    「してはいけないこと」ばかりを考えていると、何もできなくなってしまう。
  21. 忘れるほうがいい。<br>忘れないと、気持ちの整理ができなくなる。
    忘れるほうがいい。
    忘れないと、気持ちの整理ができなくなる。
  22. 好きだからうまくなれる。<br>好きだという気持ちこそが「才能」である。
    好きだからうまくなれる。
    好きだという気持ちこそが「才能」である。
  23. 「期待に応える」という束縛から、解放されよう。
    「期待に応える」という束縛から、解放されよう。
  24. 悪いことより、良いことを先に考えよう。
    悪いことより、良いことを先に考えよう。
  25. 面白くないことを、どうすれば楽しめるかと考えよう。
    面白くないことを、どうすれば楽しめるかと考えよう。
  26. 好きなことをやっていたほうがいい。
    好きなことをやっていたほうがいい。
  27. 問題をクリアにするだけで、気持ちも一緒に整理される。
    問題をクリアにするだけで、気持ちも一緒に整理される。
  28. 時にはきちんと涙を流す。
    時にはきちんと涙を流す。
  29. 気持ちの整理は、1人にならないとできない。
    気持ちの整理は、1人にならないとできない。
  30. わからないことは「わからない」という答えが一番正しい。
    わからないことは「わからない」という答えが一番正しい。

同じカテゴリーの作品