人生の教科書



ストレス対策

気持ちを整理する
30の方法

お気に入り10 読んだ
19

態度は変えてもいい。
しかし、
性格までは変えないこと。

態度は変えてもいい。しかし、性格までは変えないこと。 | 気持ちを整理する30の方法

人によって態度がころころ変わることがあります。

自分の家族にはだらだらした態度を取ってしまいますが、初めて話す人にはぴんとした緊張気味な態度になります。

家族とは長い付き合いなのでその分お互いのことが分かり、特に気にすることもありません。

 

しかし、初めて話す人にはできるだけ気を使って言葉を選んだり、失礼のない態度を取ったりします。

よく態度がころころ変わる人がいますが、どちらが本物の人というのではなく、どちらも本当の自分なのです。

「慣れた人と接するときの自分」と「初めての人と話すときの自分」と言えば、分かりやすいことでしょう。

時と場合に応じて臨機応変に対応しているということであり、どちらも本当の自分であることには変わりないのです。

時と場合が変わればいくつもの自分が出てきます。

私はアメリカに留学したことがあるのですが、アメリカ人と話すときの自分は日本では出てこないキャラクターになります。

言葉にあたふたする自分になり、自分で自分のキャラクターに驚くほどです。

シチュエーションの数だけいろいろな自分があり、またどれも本当の自分であることを知っておきましょう。

仕事上で出会う人で、上司にはぺこぺこするのに、部下には突然偉そうな態度を取る人がいます。

どちらが本当のキャラクターなのかと思いますが、どちらもその人なのです。

 

ただし、ここで1つ知っておかないといけないポイントは「性格までは変わらない」ということです。

人によっては、それ相応の態度がありますが、性格までは変えないことです。

友達と話すときの態度や親と接するときの態度は、それぞれあっていいのですが、性格まで変わっていれば、赤信号です。

よく偉そうにしている上司には、態度だけでなく、性格まで変わってしまう人がいます。

自分より地位が高い人にはこびへつらう一方、部下には偉そうな態度になります。

これは態度だけでなく、性格まで変わっているということです。

こんな上司がなぜ嫌われてしまうのかというと、人によって態度だけでなく、性格まで変わるために嫌われてしまうのです。

親や友達と話すときだけでなく、上司や部下と話すときの態度は「性格」という軸を中心に態度を変えることです。

性格という軸がしっかりあって、それを中心とした態度が存在すると言うことなのです。

中心軸である性格までころころ変わる人は、自分を持っていない人です。

つまり人に流され、人からの評価や、人の顔色ばかりを気にする人なのです。

まとめ

気持ちを整理する方法 その19
  • 態度を変えても、
    性格まで変えないようにする。
「してはいけないこと」ばかりを考えていると、何もできなくなってしまう。

もくじ
(気持ちを整理する30の方法)

同じカテゴリーの作品