ストレス対策

気持ちを整理する
30の方法

14
19

態度は変えてもいい。
しかし、
性格までは変えないこと。

態度は変えてもいい。しかし、性格までは変えないこと。 | 気持ちを整理する30の方法

人によって態度がころころ変わることがあります。

自分の家族にはだらだらした態度を取ってしまいますが、初めて話す人にはぴんとした緊張気味な態度になります。

家族とは長い付き合いなのでその分お互いのことがわかり、特に気にすることもありません。

 

しかし、初めて話す人にはできるだけ気を使って言葉を選んだり、失礼のない態度を取ったりします。

よく態度がころころ変わる人がいますが、どちらが本物の人というのではなく、どちらも本当の自分なのです。

「慣れた人と接するときの自分」と「初めての人と話すときの自分」と言えば、わかりやすいことでしょう。

時と場合に応じて臨機応変に対応しているということであり、どちらも本当の自分であることには変わりないのです。

時と場合が変わればいくつもの自分が出てきます。

私はアメリカに留学したことがあるのですが、アメリカ人と話すときの自分は日本では出てこないキャラクターになります。

言葉にあたふたする自分になり、自分で自分のキャラクターに驚くほどです。

シチュエーションの数だけいろいろな自分があり、またどれも本当の自分であることを知っておきましょう。

仕事上で出会う人で、上司にはぺこぺこするのに、部下には突然偉そうな態度を取る人がいます。

どちらが本当のキャラクターなのかと思いますが、どちらもその人なのです。

 

ただし、ここで1つ知っておかないといけないポイントは「性格までは変わらない」ということです。

人によっては、それ相応の態度がありますが、性格までは変えないことです。

友達と話すときの態度や親と接するときの態度は、それぞれあっていいのですが、性格まで変わっていれば、赤信号です。

よく偉そうにしている上司には、態度だけでなく、性格まで変わってしまう人がいます。

自分より地位が高い人にはこびへつらう一方、部下には偉そうな態度になります。

これは態度だけでなく、性格まで変わっているということです。

こんな上司がなぜ嫌われてしまうのかというと、人によって態度だけでなく、性格まで変わるために嫌われてしまうのです。

親や友達と話すときだけでなく、上司や部下と話すときの態度は「性格」という軸を中心に態度を変えることです。

性格という軸がしっかりあって、それを中心とした態度が存在すると言うことなのです。

中心軸である性格までころころ変わる人は、自分を持っていない人です。

つまり人に流され、人からの評価や、人の顔色ばかりを気にする人なのです。

気持ちを整理する方法(19)
  • 態度を変えても、性格まで変えないようにする。
「してはいけないこと」ばかりを考えていると、何もできなくなってしまう。

もくじ
気持ちを整理する30の方法
態度は変えてもいい。しかし、性格までは変えないこと。 | 気持ちを整理する30の方法

  1. 難しい、気持ちの整理。
    難しい、気持ちの整理。
  2. 体は動いても、気持ちがないと動けない。
    体は動いても、気持ちがないと動けない。
  3. 他人の言葉はコントロールできないが、話題なら、コントロールできる。
    他人の言葉はコントロールできないが、話題なら、コントロールできる。
  4. 人間関係は結婚と同じ。<br>好きな人と一緒でなければ、ハッピーになれない。
    人間関係は結婚と同じ。
    好きな人と一緒でなければ、ハッピーになれない。
  5. 人間関係は、損得で選ばない。<br>一緒にいて楽しいかどうかで決めること。
    人間関係は、損得で選ばない。
    一緒にいて楽しいかどうかで決めること。
  6. 元気になれるお金の使い方なら、それでいい。
    元気になれるお金の使い方なら、それでいい。
  7. 自分で自分を振り返ると「発見」や「気づき」がある。
    自分で自分を振り返ると「発見」や「気づき」がある。
  8. 気持ちは抑えたら吐き出さないと、ストレスになる。
    気持ちは抑えたら吐き出さないと、ストレスになる。
  9. 「絶対」と考えると、気持ちががちがちになる。<br>「適当に」と考えたほうが、リラックスできる。
    「絶対」と考えると、気持ちががちがちになる。
    「適当に」と考えたほうが、リラックスできる。
  10. 「不安」があるなら、なくなるまで練習をすればいい。
    「不安」があるなら、なくなるまで練習をすればいい。
  11. 体を動かさない時間と動かす時間を、交互に作ろう。
    体を動かさない時間と動かす時間を、交互に作ろう。
  12. 評価はあって、ないようなもの。
    評価はあって、ないようなもの。
  13. 「迷い」が生じたときは、前に出ればいいだけ。
    「迷い」が生じたときは、前に出ればいいだけ。
  14. 動けば動くほど、気持ちに整理がつく。
    動けば動くほど、気持ちに整理がつく。
  15. 買い物をするときには、1人で行こう。
    買い物をするときには、1人で行こう。
  16. 元気の出る生き方が、一番幸せな生き方。
    元気の出る生き方が、一番幸せな生き方。
  17. 大事な場面には、歯を食いしばるのではなく、息を吐く。
    大事な場面には、歯を食いしばるのではなく、息を吐く。
  18. 自制心を失っている興奮状態は、時間を置けば元通りになる。
    自制心を失っている興奮状態は、時間を置けば元通りになる。
  19. 態度は変えてもいい。<br>しかし、性格までは変えないこと。
    態度は変えてもいい。
    しかし、性格までは変えないこと。
  20. 「してはいけないこと」ばかりを考えていると、何もできなくなってしまう。
    「してはいけないこと」ばかりを考えていると、何もできなくなってしまう。
  21. 忘れるほうがいい。<br>忘れないと、気持ちの整理ができなくなる。
    忘れるほうがいい。
    忘れないと、気持ちの整理ができなくなる。
  22. 好きだからうまくなれる。<br>好きだという気持ちこそが「才能」である。
    好きだからうまくなれる。
    好きだという気持ちこそが「才能」である。
  23. 「期待に応える」という束縛から、解放されよう。
    「期待に応える」という束縛から、解放されよう。
  24. 悪いことより、良いことを先に考えよう。
    悪いことより、良いことを先に考えよう。
  25. 面白くないことを、どうすれば楽しめるかと考えよう。
    面白くないことを、どうすれば楽しめるかと考えよう。
  26. 好きなことをやっていたほうがいい。
    好きなことをやっていたほうがいい。
  27. 問題をクリアにするだけで、気持ちも一緒に整理される。
    問題をクリアにするだけで、気持ちも一緒に整理される。
  28. 時にはきちんと涙を流す。
    時にはきちんと涙を流す。
  29. 気持ちの整理は、1人にならないとできない。
    気持ちの整理は、1人にならないとできない。
  30. わからないことは「わからない」という答えが一番正しい。
    わからないことは「わからない」という答えが一番正しい。

同じカテゴリーの作品