自分磨き

自分を高める
30の方法

2
3

「口喧嘩」と呼ぶから印象が悪い。
「本音のぶつけ合い」と呼べば、
印象がよくなる。

「口喧嘩」と呼ぶから印象が悪い。「本音のぶつけ合い」と呼べば、印象がよくなる。 | 自分を高める30の方法

口喧嘩は悪いことなのか

 

「口喧嘩」には悪い印象があります。

激しい言葉で言い争い、ぴりぴりしていた雰囲気に包まれます。

今にも暴力に発展しそうな雰囲気があって、一触即発の様子があります。

口喧嘩に悪い印象があって、普段から避けたり我慢したりしている人も多いでしょう。

「口喧嘩は悪いこと」「口喧嘩をしてはいけない」と思っている人もいるでしょう。

しかし、ここに誤解があります。

たしかに口喧嘩は、よいことではありません。

だからといって、悪いことというわけでもありません。

 

「口喧嘩」という呼び方がよくない

 

「口喧嘩」という呼び方がよくありません。

悪いことをしているような響きがあって、ネガティブな印象が伴います。

口喧嘩は、本格的な喧嘩ではありません。

言葉による軽い言い争いにすぎません。

口喧嘩の表現を変えましょう。

「口喧嘩」を「本音のぶつけ合い」と言い換えてください。

同じことですが、印象が大きく変わるはずです。

 

口喧嘩とは、本音のぶつけ合い

 

結局のところ口喧嘩とは、本音のぶつけ合いです。

今まで言いたかったことを、ストレートに言うだけです。

口喧嘩もコミュニケーションです。

自分が思っているだけでは、きちんと伝わりません。

言葉ではっきり表現しないと伝わらないこともあります。

口喧嘩を通して相手の本音を知ることができ、あなたの本音も相手に伝わります。

 

人間関係を深めたければ、たまには口喧嘩も悪くありません。

友人ともっと親しくなりたいなら、口喧嘩は悪くありません。

お互いが本音をぶつけ合うことで、2人の関係を深めるきっかけになります。

口喧嘩によって本音をさらけ出し、きちんと仲直りさえできれば、以前より親しい関係に発展できます。

 

夫婦間でも、口喧嘩はあっていいことです。

普段から口喧嘩をしている夫婦は、意外と離婚しません。

口喧嘩のたびに、お互いの本音がわかって軌道修正ができるため、喧嘩をしつつも仲はいいのです。

 

 

本当に注意したいのは、口喧嘩を我慢している人間関係

 

本当に注意したいのは、口喧嘩を我慢している人間関係です。

「口喧嘩を絶対してはいけない」と我慢を続けていると、なかなか本音を伝えることができません。

我慢に我慢を重ねることになり、大きなストレスがたまります。

あるとき限界に達して大爆発を起こすのです。

 

大爆発を起こすくらいなら、普段から少しずつ吐き出しておくほうがいい。

口喧嘩ができるのは、仲のいい証拠です。

普段から本音のぶつけ合いができていれば、最悪の事態は避けられます。

 

口喧嘩がヒートアップしても、暴力だけは禁止

 

口喧嘩をするなら、大切な約束事があります。

「暴力は振るわない」というルールです。

どれだけ口喧嘩がヒートアップしても、暴力だけは禁止です。

暴力は、どんな状況でも許されません。

暴力を振るったら、傷害事件に発展します。

取り返しの付かないことになる可能性もゼロではありません。

口喧嘩をするのはいいですが「暴力を振るわない」というルールだけは、必ず守るようにしてください。

自分を高める方法(3)
  • 口喧嘩は「本音のぶつけ合い」と言い換える。
  • たまには口喧嘩をして、本音をぶつけ合っておく。
「前から思っていたんだけど」と前置きしてから褒めれば、感動が倍増する。

もくじ
自分を高める30の方法
「口喧嘩」と呼ぶから印象が悪い。「本音のぶつけ合い」と呼べば、印象がよくなる。 | 自分を高める30の方法

  1. 向上心を持つことも、向上の1つ。
    向上心を持つことも、向上の1つ。
  2. 「間に合うかな」と焦る時点でアウト。
    「間に合うかな」と焦る時点でアウト。
  3. 「口喧嘩」と呼ぶから印象が悪い。<br>「本音のぶつけ合い」と呼べば、印象がよくなる。
    「口喧嘩」と呼ぶから印象が悪い。
    「本音のぶつけ合い」と呼べば、印象がよくなる。
  4. 「前から思っていたんだけど」と前置きしてから褒めれば、感動が倍増する。
    「前から思っていたんだけど」と前置きしてから褒めれば、感動が倍増する。
  5. 「なんだか品がある」という人は、背筋が伸びている。
    「なんだか品がある」という人は、背筋が伸びている。
  6. 見えないところは、どうやって褒めていけばいいのか。
    見えないところは、どうやって褒めていけばいいのか。
  7. くよくよする暇があるなら、仕事をしよう。<br>仕事をすることが、くよくよから抜け出す近道。
    くよくよする暇があるなら、仕事をしよう。
    仕事をすることが、くよくよから抜け出す近道。
  8. 応援されないとできないことは、好きなことではない、才能は、応援されなくてもできるところにある。
    応援されないとできないことは、好きなことではない、才能は、応援されなくてもできるところにある。
  9. 何をやっても気持ちが切り替わらないときは、そのままでいい。
    何をやっても気持ちが切り替わらないときは、そのままでいい。
  10. 決断力を鍛えたいなら、まず判断力を鍛えなければいけない。
    決断力を鍛えたいなら、まず判断力を鍛えなければいけない。
  11. 眉間には、いらいらを鎮めるスイッチがある。
    眉間には、いらいらを鎮めるスイッチがある。
  12. 譲る習慣は、トラブルを減らす習慣。
    譲る習慣は、トラブルを減らす習慣。
  13. 心の状態を体温に例えると、わかりやすくなる。
    心の状態を体温に例えると、わかりやすくなる。
  14. 人の悪口を言うのはNG。<br>自分の悪口を言うのもNG。
    人の悪口を言うのはNG。
    自分の悪口を言うのもNG。
  15. 体調の良しあしと健康の良しあしは別問題。
    体調の良しあしと健康の良しあしは別問題。
  16. 遅刻してきた人に「来るのが遅い!」と怒るのではない。<br>「大丈夫でしたか」と優しく接する。
    遅刻してきた人に「来るのが遅い!」と怒るのではない。
    「大丈夫でしたか」と優しく接する。
  17. 同じ靴を2日続けて履かない。<br>昨日と同じ靴を履くと、昨日の倦怠感を引きずることになる。
    同じ靴を2日続けて履かない。
    昨日と同じ靴を履くと、昨日の倦怠感を引きずることになる。
  18. 不仲の改善は、ぎくしゃくする段階で対処するのがベター。
    不仲の改善は、ぎくしゃくする段階で対処するのがベター。
  19. 負けてもいい。<br>損をしてもいい。<br>トータルで勝って、得をすればいい。
    負けてもいい。
    損をしてもいい。
    トータルで勝って、得をすればいい。
  20. 落ち込んでいるときは、元気の出る本を読もう。<br>元気の出る考え方を吸収できるベストタイミング。
    落ち込んでいるときは、元気の出る本を読もう。
    元気の出る考え方を吸収できるベストタイミング。
  21. 準備が間に合わなくても、うまくいくと信じる。
    準備が間に合わなくても、うまくいくと信じる。
  22. 本番に弱くても「本番に強い」と思うことが大切。
    本番に弱くても「本番に強い」と思うことが大切。
  23. 初対面から深い話をしてもいい。
    初対面から深い話をしてもいい。
  24. 小さな差を積み重ねていくことが、圧倒的な差につながる。
    小さな差を積み重ねていくことが、圧倒的な差につながる。
  25. どん底ではない。<br>どん底にいると思い込んでいるだけだ。
    どん底ではない。
    どん底にいると思い込んでいるだけだ。
  26. いつも無難な服ばかりになっていませんか。<br>たまには「挑戦的な服」を着てみよう。
    いつも無難な服ばかりになっていませんか。
    たまには「挑戦的な服」を着てみよう。
  27. 抗菌グッズより免疫力を高めるほうが大事。
    抗菌グッズより免疫力を高めるほうが大事。
  28. 嫌なことがあったら「いいことがあった」と考えよう。<br>理由は後から考える。
    嫌なことがあったら「いいことがあった」と考えよう。
    理由は後から考える。
  29. 相手の話を遮る人は、信頼関係を築けない。<br>相手の話を最後まで聞ける人が、信頼関係を築ける。
    相手の話を遮る人は、信頼関係を築けない。
    相手の話を最後まで聞ける人が、信頼関係を築ける。
  30. 残り時間は少なくてもいい。<br>時間が限られているほうが、たくさんのことができる。
    残り時間は少なくてもいい。
    時間が限られているほうが、たくさんのことができる。

同じカテゴリーの作品