「また会いたい」と言われる人になる
30の方法

12
0

話を盛り上げるなら、
実体験の話がもってこい。
身をもって経験したことこそ、
最高の話ネタ。

話を盛り上げるなら、実体験の話がもってこい。身をもって経験したことこそ、最高の話ネタ。 | 「また会いたい」と言われる人になる30の方法

「人づての話」に要注意

「また会いたい」と思われる人になるなら「人づての話」に注意しましょう。

もちろん人づての話が悪いわけではありません。

人から聞いた面白い話を披露するのは、日常会話でよくあること。

珍しいことでもなければ、マナー違反でもありません。

自分の体験を補完する情報として役立ちます。

しかし、人づての話が多くなると、曖昧な表現が目立つようになります。

「○○らしいです」

「○○だそうです」

「○○とのことです」

人づての話は、あくまで人から聞いた話にすぎません。

自分が直接経験したことではないため、曖昧な表現が増えます。

正しいかもしれませんが、間違っているかもしれません。

真実味が薄いと、いまいち話に入り込めません。

人づての話は、質問にも弱くなります。

自分が直接経験していないことなので、相手から突っ込んだ質問をされたとき、うまく返事ができません。

「わかりません」「知りません」「どうでしょうね」「詳しいことは不明です」とぼかすことになります。

表面的な会話しかできず、話が盛り上がりにくい。

会話が消化不良になって、会話にもやもやした感覚が残ってしまうのです。

「実体験の話」が面白い

「また会いたい」と思われるために大切なのは「実体験の話」です。

話す内容は、できるだけ実体験のネタを紹介しましょう。

実体験の話は、自信を持って言い切れます。

「タージマハルは、思ったより大きかった」

「ロサンゼルスは、からっとした天気で過ごしやすかった」

「10代のとき、好きな人にラブレターを書いたことがある」

実体験の話は、具体的に話すこともできます。

「写真で見るときれい建物だけど、現地は意外と野良犬が多くて目立っていた」

「昼間は暑くて汗をかいたけど、夜は意外と寒くて長袖が必要だった」

「失恋したときは、何もする気が起きなかった。仕事に集中できなくて大変だった」

相手から突っ込んだ質問をされても、自分の経験をもとに細かく説明ができます。

具体的な話ができると「へえ、そうなのか」と感動させることができる。

苦労話・失敗談であっても、実際に自分が経験したことなら、面白く話ができる上、具体的に話せます。

面白く具体的に話せるから、どんどん盛り上がるのです。

身をもって経験したことこそ、最高の話ネタ

話を盛り上げるなら、実体験の話がベストです。

身をもって経験したことこそ、最高の話ネタです。

たくさん実体験を話せるということは、たくさん行動しているということです。

行動力が感じられると、その人からエネルギーが感じられ、魅力に変わります。

実際に体験した話があると「続きが気になる」と思われます。

「もっと話が聞きたい」と期待されるので「また会いたい」と思われるのです。

「また会いたい」と言われる人になる方法(12)
  • 人づての話より、実体験の話をする。
「また会いたい」と思われる人は、ポジティブ思考。

「また会いたい」と言われる人になる30の方法
「また会いたい」と言われる人になる30の方法

  1. 「また会いたい」と思われる人になるための大原則。<br>「楽しませるより、まず不快にさせないこと」
    「また会いたい」と思われる人になるための大原則。
    「楽しませるより、まず不快にさせないこと」
  2. 「また会いたい」と思われるのは難しくない。<br>高度な話術も特別なテクニックも必要ない。
    「また会いたい」と思われるのは難しくない。
    高度な話術も特別なテクニックも必要ない。
  3. 「また会いたい」と思われるかは「会ったときの総合的な印象」で決まる。
    「また会いたい」と思われるかは「会ったときの総合的な印象」で決まる。
  4. 名前の確認をするなら、名刺交換をした直後がベストタイミング。
    名前の確認をするなら、名刺交換をした直後がベストタイミング。
  5. しわも汚れも、時間がたつと見慣れてくる。<br>しわや汚れが気にならなくなるのは、感性が鈍くなっている証拠。
    しわも汚れも、時間がたつと見慣れてくる。
    しわや汚れが気にならなくなるのは、感性が鈍くなっている証拠。
  6. 笑顔を振りまくことは、魅力を振りまくこと。<br>にこにこしているだけで、相手を魅了できる。
    笑顔を振りまくことは、魅力を振りまくこと。
    にこにこしているだけで、相手を魅了できる。
  7. 共通点が多ければ多いほど、また会いたくなる。
    共通点が多ければ多いほど、また会いたくなる。
  8. 相手の話を途中で折ると、出会いも途切れる。<br>相手の話を最後まで聞けば、出会いは続く。
    相手の話を途中で折ると、出会いも途切れる。
    相手の話を最後まで聞けば、出会いは続く。
  9. 悪天候を明るく話す人がモテる。
    悪天候を明るく話す人がモテる。
  10. 相手の見えない努力に気づく人が、愛される。
    相手の見えない努力に気づく人が、愛される。
  11. 世の中には1つだけ、開けたままにしてもいいドアがある。
    世の中には1つだけ、開けたままにしてもいいドアがある。
  12. 話を盛り上げるなら、実体験の話がもってこい。<br>身をもって経験したことこそ、最高の話ネタ。
    話を盛り上げるなら、実体験の話がもってこい。
    身をもって経験したことこそ、最高の話ネタ。
  13. 「また会いたい」と思われる人は、ポジティブ思考。
    「また会いたい」と思われる人は、ポジティブ思考。
  14. 話すことより聞くことに集中しよう。<br>初対面は、インタビュアーになるくらいでちょうどいい。
    話すことより聞くことに集中しよう。
    初対面は、インタビュアーになるくらいでちょうどいい。
  15. 「また会いたい」と思われる人は、否定的な言い方より、肯定的な言い方をする。
    「また会いたい」と思われる人は、否定的な言い方より、肯定的な言い方をする。
  16. 「共感してくれる人には再び会いたくなる」と思う法則がある。
    「共感してくれる人には再び会いたくなる」と思う法則がある。
  17. 人のためにお金を使えば、運となって跳ね返ってくる。
    人のためにお金を使えば、運となって跳ね返ってくる。
  18. 忙しい人には、もう会いたくない。<br>充実している人には、また会いたい。
    忙しい人には、もう会いたくない。
    充実している人には、また会いたい。
  19. 好きなことを聞いてくれる人は、なぜか好きになってしまう。
    好きなことを聞いてくれる人は、なぜか好きになってしまう。
  20. 自分の名前を呼んでくれる人には、また会いたくなる。
    自分の名前を呼んでくれる人には、また会いたくなる。
  21. 謙遜も「ほどほど」が大切。<br>過度の謙遜は、悪印象につながる。
    謙遜も「ほどほど」が大切。
    過度の謙遜は、悪印象につながる。
  22. 悪口と無縁の人が「また会いたい」と思われる。
    悪口と無縁の人が「また会いたい」と思われる。
  23. 「興味がない」は、初対面で禁句にしたい一言。
    「興味がない」は、初対面で禁句にしたい一言。
  24. 次に会う口実をうまく作れば、また会いたくなる。
    次に会う口実をうまく作れば、また会いたくなる。
  25. 夢を持っている人には「また会いたい」と思わせる力がある。
    夢を持っている人には「また会いたい」と思わせる力がある。
  26. また会いたいと思われる人は、話を切り上げるタイミングが絶妙。
    また会いたいと思われる人は、話を切り上げるタイミングが絶妙。
  27. 出されたお茶を飲み干して帰る人が、愛される。
    出されたお茶を飲み干して帰る人が、愛される。
  28. 「また会いたい」と言うから、また会う機会に恵まれる。
    「また会いたい」と言うから、また会う機会に恵まれる。
  29. 「また会いましょう」と誘われたときは、ゼロ秒で快諾しよう。
    「また会いましょう」と誘われたときは、ゼロ秒で快諾しよう。
  30. 「また会いたい」と思われる人は、気持ちのいい別れ方をして、心地よい余韻を残す。
    「また会いたい」と思われる人は、気持ちのいい別れ方をして、心地よい余韻を残す。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION